ゲームの習い事という新しい文化を作る挑戦。ゲムトレの累計トレーニング回数が5000回を突破。

ゲームの習い事が広がってきました。

野球や将棋のように、ゲームにも習い事があっていいのではないか。そんな思いでスタートした挑戦が少しずつ形になってきた。
ゲームのオンライン家庭教師を提供するゲムトレはこれまで抵抗したゲームトレーニングが5000回を突破したことをお知らせする。(2019年10月よりサービス提供)
 


https://gametrainer.jp/

ゲームで教育を、ゲームで学べる力とは


多くの研究でも証明されているように、ゲームには脳の力を鍛える効果があり、情報処理、集中力などが身に付く。また、ゲームではチームプレイが重要になるため、コミュニケーション能力を高めることもできる。

ゲムトレはプロゲーマーを目指すことだけが目的ではなく、ゲームの教育価値に注目し、教育プログラムとしてゲームを提供している。

担当する講師は全国大会などで活躍するゲームスキルを持ち、面接を経て採用されるため、採用率は10%以下の厳選されたトレーナーとなっている。

コロナ禍で注目されているオンライン授業

ゲムトレはビデオ電話とオンラインゲームのシステムを使うため、オンラインで全て完結する習い事で、コロナ禍でより注目されるようになった。

これまでの習い事が中止や縮小になっている中で、子どもたちの新しい選択肢として選ばれ始めている。

代表コメント

僕にとってのゲームは、誰かとのコミュニケーションツールでした。
僕は学校に行けない時間が長く、約10年間の不登校を経験しました。

不登校になってからゲームのおかげでたくさんの友達ができました。
多くの大会に出場し、勝利を重ねる中で、自己肯定感も高まっていきました。

ゲームを人生を豊かにするツールとして使ってほしい。
そんな想いで『ゲムトレ』を立ち上げました。

5000回という数字はまだまだ通過点。

ゲームが習い事になる。それが当たり前の社会を目指して、引き続き挑戦を続けていきます。

ゲムトレ 代表 小幡和輝

ゲムトレHP (体験会は随時受付中)

https://gametrainer.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ゲムトレ >
  3. ゲームの習い事という新しい文化を作る挑戦。ゲムトレの累計トレーニング回数が5000回を突破。