東京に行けない。奈良県内の13の作り手。東京・新橋に13の商品を「半リアル」で展示。

東京・新橋「奈良まほろば館」にて新型展示会「ならいち」開催。1/25~27

「村ではまだコロナが発生していない。高齢の方も多い。東京に行って商談をしたいが、行くわけにはいかない」
奈良県内の作り手である宇都宮さんは、このようにお話しています。
東京・新橋にある奈良県のアンテナショップ、「奈良まほろば館」。この2階にあるイベントホールで1月25日から27日まで、「ならいち」という奈良県の作り手による13種の商品を展示、商談会を実施いたします。今回は、オミクロン株の影響でリアルによる商談を中止。商品のみ設置し、出展者はオンラインで参加する「半リアル」形式により商品展示を行います。来場者の皆様には、一方向的に商品を見ていただき、必要に応じてZOOM/電話等で商談を行っていただきます。
展示会のブースをデザインし、日本全国の自治体に対して展示会出展支援を行う、SUPER PENGUIN株式会社(東京都品川区、代表取締役竹村尚久)は、本イベントの全体プロデュースを行いました。

 

 

共創型展示会-ならいち-は125~127まで東京・新橋の「奈良まほろば館」で開催共創型展示会-ならいち-は125~127まで東京・新橋の「奈良まほろば館」で開催


■「画面越しでは伝わらない」。商品だけは東京の会場に設置。
今回展示する奈良県の作り手による13の商品は、墨の香りを活かした商品や草木染による商品など、実際に匂って見たり、手に取って見たりしなければ伝わらない商品ばかり。展示会の全てをオンラインに切り替えても、画面上の商談だけでは、お客さん(来場者)には伝わらないことから、東京の会場には商品だけを設置し、来場者には実物の商品を見ていただくようにしました。

東京の会場における商品の陳列は今回のイベントをプロデュースしたスーパーペンギンが担当しています。今回のために、出展社とスーパーペンギンは事前に1社1時間の個別ミーティング(昨年12月)を行い、スーパーペンギンが商品の特徴を把握した上で、会場での商品陳列を代行します。

■リアルだからこそ伝わる。13の作り手が提案する13の商品とは?
今回イベント会場に設置される商品の多くは、これから世の中に公開されるもの。奈良県内でのみ展開されていたものなどを、今回新たに東京・新橋にて公開いたします。それらの商品は、実際に目の前で見てみないと本当の価値が分からないものばかり。例えば、「染織工房・空蝉」さんの商品は、奈良県東吉野村の山の中で1つ1つ丁寧に草木染によって染められた商品たち。手に取り香りをかぐとそれぞれに染める元となった草木の香りを楽しめます。また、「香り墨」を扱う錦光園さんの商品は、商品の箱を開けると、懐かしい墨汁の匂いが。墨汁の匂いは多くの人が懐かしい印象を抱くのではないでしょうか。その他にも実際に見て手に触れることで伝わる、作り手たちがこだわりを知ることができます。

奈良県吉野の草木染による商品。染料の香りは会場でないと味わえない魅力奈良県吉野の草木染による商品。染料の香りは会場でないと味わえない魅力

墨の香りは誰にでも覚えのある懐かしい匂い。これもリアルだからこそ。墨の香りは誰にでも覚えのある懐かしい匂い。これもリアルだからこそ。

オーガニックコットン100%の商品。手に取るからこそ伝わる手触り感。オーガニックコットン100%の商品。手に取るからこそ伝わる手触り感。



■商品は東京に。商談はオンライン形式で。商談の手法は事前にセミナーで講習済み。
今回のイベント形式では、商品のみ東京・新橋の会場に設置し、出展者自身は奈良県の各地にある自社にて対応を行います。その方式にオンラインを採用。モニターを縦型にし、その上にWEBカメラを設置した形式は、東京の会場にいる来場者の目線と出展者の目線を同じにし、会話をしやすくしています。この手法は、これまでスーパーペンギンが様々な展示会でこのような形式を試した結果辿り着いた商談の手法。画面越しでもなるべく自然な形で会話ができるようなシステムの工夫を行っています。また、奈良県の各所にいる出展社にも、事前に行ったセミナー(昨年12月開催)にて、待機方法や話しかけ方を解説。待機する時は、画面に向かって待ち構え過ぎず、さりげなく作業を行いながら待つこと。また、話しかける時には「録画ではなくリアルであること」が来場者に分かるよう、「相手の服装を褒めて気を引く」ことなど、声の掛け方のポイントを事前にお伝えしています。

会場にいる来場者と気軽に話せるオンライン商談形式を採用。会場にいる来場者と気軽に話せるオンライン商談形式を採用。

カメラと画面の高さを調整することで、自然な形で会話ができるように。カメラと画面の高さを調整することで、自然な形で会話ができるように。

事前に講習会を行い、オンラインでの待機方法やお声がけの方法を学ぶ。事前に講習会を行い、オンラインでの待機方法やお声がけの方法を学ぶ。



■「大型展示会」を見据えた「共創型展示会」として
今回の展示には、まだ店頭に並ぶような商品になっていない「試作品」も設置されています。それは、本イベントが東京ビッグサイトなどで行われる大型展示会へのステップアップを見据えたイベントでもあるから。完璧な商品であることが求められ、出展に多額の費用を必要とする大型展示会への出展の前に、このような簡易なイベントに参加してバイヤーや一般消費者の意見を聞きブラッシュアップする場所。今回のような「半オンライン」のこの出展形式は、そのような参加者にとっても敷居の低い、気軽に参加できる形式と言えます。本イベントにはこのように「共創型」とも言える展示会の意味も持たせています。まだ世の中に出ていない商品や技術による商品。このことは、作り手だけでなく、新しいものを探すバイヤーや各種デザイナー、マーケティング関係者にとっても、出会いたい存在でしょう。このような場を創出することで、埋もれてしまいがちな全国の作り手にチャンスを創出し、ブラッシュアップを図ることは、結果的に社会に出ていく商品の質も上げていくことに繋がる、と言えます。


■現在の社会情勢だからこそ、全国の作り手をサポートする仕組みづくりを
コロナにより、リアルが制限され、経済的に厳しい環境の中で、日本全国のつくり手は、行動の制限に反比例するように、商品の販促の場を必要としています。それは、一般的には認知されにくいですが、「百貨店や各種商業施設へと届く前段階でのシステム」の問題なのです。日本中でどんなに素晴らしい商品が作られても、百貨店等の商業施設に届かなければ意味がありません。本リアルイベントは、街中で開催される小さなイベントに過ぎませんが、今回のようなイベントの在り方は、今の経済状況下において、より多くの作り手にチャンスを設け、バイヤーとの接点を増やし、大型展示会への出展の機会を増やす重要な施策だと考えています。今だからこそ、このような「半リアル」形式ででも、作り手を広める工夫をしなければいけない、当社はそう考えイベントのプロデュースを行っています。

■展示会概要
展示イベント名:「ならいち」
会  期:2022年1月25日(火)~27日(木)
開催時間:11:00~18:00
会場:奈良まほろば館 2Fイベントスペース
   〒105-0004 東京都港区新橋1-8-4 SMBC新橋ビル2F
出展社数:13社/ 13製品
参加費:無料
主催:奈良県
公式HP: http://naraichi.jp

※入場に関して状況により一時入場制限を行う場合があります。予めご了承ください。
※会場にお越しの際はマスク着用必須、体調の悪い方の入場はお断りいたします。

今回出品する商品。草木染によるストール今回出品する商品。草木染によるストール

織りの構造の工夫により開発された「疲れにくい靴下」織りの構造の工夫により開発された「疲れにくい靴下」

オーガニックコットンを100%しようした商品オーガニックコットンを100%しようした商品


■SUPER PENGUIN(スーパーペンギン)会社概要
スーパーペンギンは、日本の各産地の展示会出展をサポートする空間デザイン会社です。今回の展示会の他、石川県や奈良県など様々な行政とタイアップし、集客や商品陳列を解説するセミナーを開催、独自ノウハウにより、展示場内でもっと集客のできるブースをデザインするなど成果を出す展示会支援手法で、現地の産業のサポートを行っています。
商号 : SUPER PENGUIN 株式会社
代表者 : 代表取締役 竹村 尚久
設立 : 2005 年 6 月 2 日
所在地 : 〒141-0021 東京都品川区上大崎 3-10-50 SEED 花房山 405
TEL:03-6417-4497
事業内容: 展示会ブースデザイン、展示会集客セミナーの企画・開催
WEB: https://www.superpenguin.jp/
twitter:  https://twitter.com/naohisatakemura
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スーパーペンギン >
  3. 東京に行けない。奈良県内の13の作り手。東京・新橋に13の商品を「半リアル」で展示。