<イベントレポート>厚生労働省 令和3年度「スマート・ライフ・プロジェクト」第一弾 「世界禁煙デー記念イベント2021」開催

・波瑠さんが禁煙成功を応援して巨大禁煙マークを完成させるペイントパフォーマンスを披露!
・SOMPOひまわり生命保険株式会社と東急株式会社が禁煙や受動喫煙対策における成果を発表
・国立がん研究センター「新型コロナウイルス感染症とたばこに関する世論調査」結果発表
厚生労働省は、本年5月31日(月)にWHO(世界保健機関)が定める世界禁煙デーを記念して、禁煙及び受動喫煙防止の普及啓発を目的とした「世界禁煙デー記念イベント2021」を開催しました。本イベントは、国民の生活習慣を改善し健康寿命を延ばすために、2011年より実施しているプロジェクト「スマート・ライフ・プロジェクト」の取組の一環として実施されました。

厚生労働省では、世界禁煙デーに始まる1週間(5月31日~6月6日)を「禁煙週間」と定め、たばこ対策に取組んでいます。この「禁煙週間」初日に開催するイベントを通じて、全国で禁煙や受動喫煙に対する意識が醸成される1週間となることを目指します。

禁煙マークを完成させた波瑠さん禁煙マークを完成させた波瑠さん

 当日は、まずイベントの主催者として田村 憲久厚生労働大臣がビデオメッセージで挨拶いたしました。続いて禁煙の取組紹介では、禁煙や受動喫煙防止に積極的に取組む企業として、SOMPOひまわり生命保険株式会社 取締役執行役員 菅野 文雄氏と、東急株式会社 人材戦略室 労務企画グループ 統括部長 山下 有一氏をお招きし、その取組や経営における成果についてお話しいただきました。SOMPOひまわり生命保険株式会社は、社員に対する禁煙の取組実施に向けて、数年かけて周知を行い、アンケート等で社員の意見を聞きながら丁寧に取組を推進。2019年4月から全社員を対象に、就業時間内の禁煙を導入する健康経営の取組を行った結果、全社員の喫煙率の推移は、2019年度に15.3%と大きく減少し、2020年末に12%を達成したことなどを発表いただきました。また東急株式会社は、社員に対し、期間限定の禁煙費用の補助やきめ細かな個別フォローを行い喫煙率の低減を目指す独自の「禁煙サポートキャンペーン」を実施した結果、実際にキャンペーンに参加したうちの約8割が禁煙に成功したことを発表いただきました。同キャンペーンでは、自発的な取組として禁煙を目指す社員に誓約書を書いてもらい、さらにその誓約書にご家族あるいは上司がコメントを記述するようにしたこと、また医師や保健師が面談を行うことで、周囲を巻き込む取組となったことが成功に繋がったことなどを具体的に紹介いただきました。

(左) 禁煙の取組紹介/(右) 国立がん研究センターによる発表(左) 禁煙の取組紹介/(右) 国立がん研究センターによる発表

 また、国立研究開発法人国立がん研究センターが本年3月に実施した「新型コロナウイルス感染症とたばこに関する世論調査」(対象:全国20歳以上2,000名 うち、喫煙者1,000名、非喫煙者1,000名)の結果について、同法人がん対策情報センター センター長の若尾文彦氏に発表いただきました。喫煙で新型コロナウイルス感染症の重症化あるいは死亡リスクが増えるとWHOの研究でも明らかになっていますが、喫煙者は、新型コロナウイルス感染時に重症化しやすいと思うか、についての質問に対して、全体の回答として「重症化しやすいと思う」は55%しかいない結果となったほか、非喫煙者のみの回答では58.7%、喫煙者のみの回答では36.7%と認識に差があることが示されました。一方で、新型コロナウイルス感染時の重症化リスク低減に向け、「禁煙に取組みたい」と思っている喫煙者は25.3%に止まるものの、そのうち40.3%が「いますぐ禁煙に取組みたい」と思っていることも分かりました。また、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うステイホームや在宅勤務などによって、喫煙本数や量が変化したかを尋ねたところ、18%の方が「増えている」と回答し、さらに喫煙量が増えた方に原因を尋ねたところ、49.4%が感染リスクの増大あるいは日常生活や社会環境の変化による「ストレスの増加」、33.9%が職場は禁煙でも自宅は制約がないという「環境要因」が原因であることが判明しました。これとあわせ、在宅時間の増加に伴い同居人からの受動喫煙が「増えている」と回答した非喫煙者(喫煙をする同居人がいない非喫煙者含む)は10.6%(喫煙をする同居人がいる人の中では34%)となる実情などが説明されました。

「世界禁煙デー記念イベント」 登壇者「世界禁煙デー記念イベント」 登壇者

 イベントの後半では、今年度の「スマート・ライフ・プロジェクト」のアンバサダーに就任した女優の波瑠さんによるトークショーが行われ、はじめに波瑠さんより「日本全体の活力に直結する重要な役割だと思いますので、とても気が引き締まります」と就任における想いが述べられました。波瑠さんは普段の食生活で意識していることを聞かれると「バランスよく食べるようにしていますが、ストレスもよくないので食べたいものを食べるように心がけています」と答え、また運動については「忙しいとどうしても少なくなってしまいストレッチするくらいになりますが、時間があるときはパーソナルトレーニングを取り入れるようにしています」と、毎日の積み重ねを意識した健康管理の方法を紹介しました。さらに6月に誕生日を迎えるにあたり波瑠さんは「体の健康ももちろん大事ですけど、心の健康にも意識を向けたいと思っています。たくさん笑ったなと思える1年にしたいです」と笑顔で今年の抱負を明かしました。

 最後に「禁煙をしている方やこれから取組もうと思っている方は、ご自身の健康のためにもそして周りの方のためにもぜひ頑張っていただきたいです」とエールを送りました。そして、その想いと禁煙の大切さを全国へ伝えるべく、波瑠さんが未完の禁煙マークにペイントを施して、見事巨大な禁煙マークを完成させました。

巨大禁煙マークを完成させるペイントパフォーマンスに挑戦する波瑠さん巨大禁煙マークを完成させるペイントパフォーマンスに挑戦する波瑠さん

 

(左) 全国の皆さんに禁煙を訴える波瑠さん/(右) 波瑠さん・厚生労働省 健康局 健康課長 鷲見 学(左) 全国の皆さんに禁煙を訴える波瑠さん/(右) 波瑠さん・厚生労働省 健康局 健康課長 鷲見 学


 本イベントを皮切りとして「スマート・ライフ・プロジェクト」では、今年10年目を迎える「健康寿命をのばそう!アワード」を実施し、健康づくりの好事例の普及に取り組んでいくほか、年間を通して健康増進のための様々な活動を行う予定です。 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 「スマート・ライフ・プロジェクト」事務局 >
  3. <イベントレポート>厚生労働省 令和3年度「スマート・ライフ・プロジェクト」第一弾 「世界禁煙デー記念イベント2021」開催