【更に進化】価格はそのまま、容量は2000Whに!コスパ抜群のポータブル電源Bluetti AC200予約受付中

2000Wh/2000Wの最強ポータブル電源Bluetti AC200絶賛予約中

Bluetti AC200は一見、高性能のわりに価格も他社より高いですが、サイクル回数と実用性を考えると実にコスパがよい逸品です。
 パワーオーク株式会社(代表取締役社長:川村 卓正)が開発した最新型ポータブル電源Bluetti AC200は更に進化しました。
 日本での予約品は海外グラファンのバージョンアップとなり、1700Whから2000Whにアップグレードしました。ですが、予定販売価格(税込)は239,880円そのままとなります。
 そして、只今オフィシャルサイトで予約すると20%OFFでゲットできます。つまり、Bluetti AC200が日本上陸の前に予約すると、191,904円で2000Wh/2000Wのスーパーポータブル電源を手に入れます。
 予約ページ:https://bit.ly/2Gk5Pau


【Bluetti AC200と従来のポータブル電源との違い】
  1. 大容量だけではなく、定格出力も抜群 ー Bluetti EB240のような2400Whのポータブル電源は前からありますが、2000Whの大容量なのに、定格出力は2000Wのポータブル電源は前例のないスーパーポータブル電源とも言えます。
  2. 瞬間最大出力は4800W ー 定格出力は電気製品を使えるかどうかの基準の一つですが、電気製品によっては、電源立ち上げ時に瞬間的に消費電力の数倍の電力を消費する場合があります。つまり、ポータブル電源は電気製品の起動電力に満足できないといけません。ちなみに、家庭用電の場合、30Aで契約していると、通常は3000Wまで電力を使うことができます。
  3. 最大17台のデバイスへ同時給電可能 ー キャンプ用の場合、そこまでのデバイスに給電する必要がありませんが、家庭防災用の場合、非常に役に立つ特徴です。
  4. ソーラーパネル入力は700Wまで ー 防災用の場合も、サバイバルの場合も、大容量だけで心細いかもしれません。ソーラーパネルで充電できると安心できます。ただ、現在で販売される超大容量のポータブル電源のソーラーパネル入力は200Wまでのが少なくないですが、容量は1,000Whの場合、やっぱり物足りないと感じます。Bluetii AC200は700Wまで入力可能ですから、安心できます。
  5. サイクルライフは2,500回以上 ー Bluetti AC200は上述の特徴以外、サイクルライフはおよそ2,500回のポータブル電源です。
  • Bluetti AC200は一見、高性能のわりに価格も他社より高いですが、サイクル回数と実用性を考えると実にコスパがよい逸品です。
  • 只今予約すると、20%OFFの価格(191,904円)で手に入れるチャンスがあります↓↓↓
  • https://bit.ly/2Gk5Pau

 


【パワーオーク株式会社】 
パワーオークは新エネルギー分野、特にリチウムイオン電池の製品開発における世界のトップ企業として世界中の大手有名企業とパートナーシップを結び、共同で製品開発やOEM製品供給などを行なっています。
また、ポータブル電源システムの生産においては世界一の供給実績を持っています。日本市場における本格的な市場参入は2019年にスタートし、「GOOD DESIGN」製品に選定されるなどの実績を残すとともに、一般消費者向けブランドであるBLUETTI(ブルーィ)を立ち上げ、より消費者の皆様へ寄り添う販売展開を行っています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パワーオーク株式会社 >
  3. 【更に進化】価格はそのまま、容量は2000Whに!コスパ抜群のポータブル電源Bluetti AC200予約受付中