【マンダリン オリエンタル 東京】『フォーブス・トラベルガイド』2021年度格付けにおいて日本で唯一、7年連続で「ホテル」「スパ」両部門にて最高評価「5つ星」獲得

「マンダリン オリエンタル 東京(http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/)」(東京都中央区日本橋室町、運営:マンダリン・オリエンタル東京株式会社、総支配人:ポール ジョーンズ)は、米国の格付け会社『フォーブス・トラベルガイド』が発表した2021年の格付けにおいて、日本のホテルで唯一7年連続で「ホテル」と「スパ」の両部門にて最高評価の5つ星を獲得したことをお知らせいたします。

『フォーブス・トラベルガイド』は、1958年の創設以来、世界における優れたホスピタリティの基準を確立し、権威ある5つ星の格付けシステムを発表しています。日本においては、2015年に東京、2016年に大阪と京都、2017年に北海道と沖縄が加わり、5都市を対象にホテルとスパの2部門の評価が行われています。2021年は世界において283のホテル、73のレストラン、90のスパが5つ星を獲得しています。

今回の格付けについて、マンダリン オリエンタル 東京の総支配人 ポール ジョーンズは、次のように述べています。「フォーブス・トラベルガイドより、最高の格付け評価を7年連続でいただきましたことは、非常に名誉なことです。私たちは、マンダリン オリエンタル グループの『レジェンダリー・サービス』をご提供し、日々お客さまに感動と満足をお届けできるよう努力を続けて参ります。」


フォーブス・トラベルガイドとは:
フォーブス・トラベルガイドは、世界の高級ホテル、レストラン、スパの格付けを行う唯一のグローバル評価システムです。フォーブス・トラベルガイドの匿名調査員は、最高のサービスに重点を置き、900 もの客観的な基準を基に施設を評価し、目の肥えた旅行者が世界で最もラグジュアリーな体験を選択するお手伝いをしています。フォーブス・トラベルガイドにて5つ星、4つ星、または推奨評価を取得する唯一の方法は、独立した検査プロセスを通じてそれを獲得することです。フォーブス・トラベルガイドの詳細につきましては、ForbesTravelGuide.com(英語)をご覧ください。

「マンダリン オリエンタル 東京」 とは mandarinoriental.co.jp/tokyo
マンダリン オリエンタル日本初のホテルとして、2005年12月2日、東京日本橋に開業しました。グループの理念「センス・オブ・プレイス=立地する土地柄と文化に敬意を表するホテルづくり」をハード面はもちろんソフト面でも実現。館内デザインには「森と水=日本の自然」をモチーフに和の趣を取り入れ、スタイリッシュな中にも安らぎに満ちたラグジュアリーな空間を作り出しています。38階建の日本橋三井タワー高層階に位置するゲストルームは全179 室。50㎡以上のゆとりあるスペースに最先端のITを取り入れ、すべてのゲストルームから東京を眼下に見渡す眺望をお楽しみいただけます。館内には、充実した施設と数々の受賞歴を誇る直営スパ、12の料飲施設、グランドボールルーム(1)、バンケットルーム(4)、ミーティングルーム(6)、チャペルなどを完備しています。開業以来数々の世界的な賞やランキングに輝いていますが、主なものとして以下があげられます。

FACEBOOK: Mandarin Oriental, Tokyo
INSTAGRAM: mo_tokyo

マンダリン オリエンタル 東京の主な受賞歴
2020年、『ミシュランガイド東京 2021』にて創刊より14年連続一つ星評価 (フレンチファインダイニング「シグネチャー」)。
2020年、『ミシュランガイド東京 2021』にて8年連続一つ星評価 (広東料理「センス」)。
2020年、『ミシュランガイド東京 2021』にて7年連続一つ星評価 (タパス モラキュラーバー)。
2020年、『ミシュランガイド東京 2021』にて4年連続ビブグルマン評価 (ピッツァバー on 38th)。
2020年、『ミシュランガイド東京 2021』にて創刊より14年連続「5レッドパビリオン(ホテル格付最高ランク)」評価。
2020年、『トリップアドバイザー』による「2020年トラベラーズチョイスアワード」ベスト・オブ・ザ・ベストにて、日本の「ベストホテル」1位評価。
2020年、『トリップアドバイザー』による「2020年トラベラーズチョイスアワード」ベスト・オブ・ザ・ベストにて、日本の「高級レストラン」2位評価 (タパス モラキュラーバー)。
2020年、『ゴ・エ・ミヨ 2020』にて3年連続で「素晴らしいレストラン」を評価する3トック獲得 (フレンチファインダイニング 「シグネチャー」)。
2020年、『ゴ・エ・ミヨ 2020』にて初めて「素晴らしいレストラン」を評価する3トック獲得 (タパス モラキュラーバー)。
2020年、6年連続で米国の格付け会社『フォーブス・トラベルガイド』より、「ホテル部門」・「スパ部門」共に最高評価の5つ星を獲得。
2019年、『ガンベロロッソ』による『世界のトップ・イタリアンレストラン』東京版の2020年版にて、ピッツェリア部門の3スライスを受賞 (ピッツァバー on 38th)。
2019年、『フォーブス・トラベルガイド ヴェリファイド リスト』にて「2019 World’s Best Hotel Bars」に選定 (オリエンタルラウンジ)。
2018年、『フォーブス・トラベルガイド ヴェリファイド リスト』にて「2018 World's Most Luxurious Spas」に選定。

「マンダリン オリエンタル ホテル グループ」 とは mandarinoriental.com
数々の権威ある賞に輝くマンダリン オリエンタル ホテル グループは、世界で最もラグジュアリーなホテル、リゾート、レジデンスを展開しています。アジアをルーツにグローバルブランドへと成長を続け、現在23カ国・地域において、オリエンタルヘリテージと「センス・オブ・プレイス=立地する土地柄と文化に敬意を表するホテルづくり」を表現する33のホテルと7のレジデンスを運営しています。マンダリン オリエンタルは、今後もホテルやレジデンスの開発を計画しています。マンダリン オリエンタルは、ジャーディン・マセソン・グループの傘下に属します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マンダリン・オリエンタル東京株式会社 >
  3. 【マンダリン オリエンタル 東京】『フォーブス・トラベルガイド』2021年度格付けにおいて日本で唯一、7年連続で「ホテル」「スパ」両部門にて最高評価「5つ星」獲得