次世代のイノベーターを育むために開発された教材を使用する、STAPO!!公認ファシリテーター1期生(最年少高校1年生)が誕生

地域での起業家教育を促進

起業家教育事業を手がけるスタートアップポップコーン株式会社(本社:福岡県飯塚市、代表取締役CEO:澤田 聖士)は、2021年4月より、オリジナル開発した起業家教育を目的としたボードゲームの公認ファシリテーター制度を開始し、1期生の募集を終了しました。


スタートアップポップコーンが独自開発した小中高生の起業家教育(イノベーター教育)を目的とした教材を活用して他方面へ起業家教育を展開する「公認ファシリテーター(1期生)」10名の定員に達しましたので募集を終了致しました。(次回募集は未定)

ファシリテーター養成講座を受講し、公認ファシリテーターになることで、本教材を用いた研修を主催・開催することが出来ます。今回の10名の募集では、最年少高校1年生(愛媛県立松山東高等学校 在学中)のファシリテーターが誕生しました。

高校1年生「ファシリテーターに応募したキッカケ」
学生起業をする、口で言うのは簡単だけど、今、私はなにをすればいいのか、誰に相談するべきかなど悩んでいました。そんなときに読んだ学生社長である椎木里佳の本の中に、「起業したいと決意してすぐ、放課後税務署に行きました」といった言葉に感銘を受け、片っ端から今起業のためにできることをしていきました。そこで、スタートアップポップコーンさんのボードゲームを知り、すぐに応募しました。参加して、とっても楽しかったのと、塾の先生に「資格とって、塾でイベントやって」と言っていただいたので、講座を受けました。

高校1年生ファシリテーターの「主な活動」の紹介
愛媛県松山市の高校生です!今は、男女平等教育を学ぶために、フィンランドに短期留学したいと考えています!また、次世代リーダー育成などにも興味があります!将来、起業するため、自分のコミュニティーを広げたくてとにかく色々な場所に飛び込んでいます!


【公認ファシリテーター 紹介サイト】
https://mentors.startuppopcorn.jp/
 


【スタートアップポップコーンとは】
スタートアップポップコーン株式会社は子ども達の「スタートアップ(起業家精神)」を様々な研修プログラムを通して、「温めて弾けさせる(ポップコーン)」という由来のもと、2020年に設立しました。

独自で開発した教材をもとに行う小中高生の起業家教育を目的とした研修会に参加した子ども達が「自分にも出来る」「チャレンジしてみたい」そんな気持ちを育むことを目的として活動を行っています。研修会参加後に社会の動きに興味を持ち出したり、今まで考えた事がなかった、自分で何かを起こすという具体的な行動として顕在化するように日々研究開発を行っております。


【どうして起業家教育が必要なのか】
今後の労働人口の低下が予想される日本では、これまでの雇用体制の崩壊から、生き抜く力を養うことが必要とされます。また、昨今では新型コロナウイルス感染拡大など、何が起こるかわからない現代においては、起業家精神、起業家的資質・能力は社会人基礎力の根幹をなすものであり、全ての人材にとって必要な資質・能力・精神であると考えております。

▶︎▶︎起業家精神、起業家的資質・能力とは
起業家精神(チャレンジ精神、創造性、探究心等)
起業家的資質・能力(情報収集・分析力、判断力、実 行力、リーダーシップ、コミュニケーション力等)

スタートアップポップコーン株式会社
詳細はこちら(公式HP)▶︎▶︎
https://startuppopcorn.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スタートアップポップコーン株式会社 >
  3. 次世代のイノベーターを育むために開発された教材を使用する、STAPO!!公認ファシリテーター1期生(最年少高校1年生)が誕生