C&HがノンアルコールCBDドリンク【YOICHA(ヨイチャ)】を11月29日(月)に発売!”あえて飲まない”人へ、新しい癒やしの時間を提供。

”お酒を飲む人”・”飲めない人”・”あえて飲まない人”全員へ向けた、Newノンアルドリンク

ヘンプ・CBDの研究及び製品開発をするC&H株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 坪井稜真:、以下 C&H)は2021年11月29日(月)に、CBDと厳選した和紅茶そしてダマスクローズを配合した高級ボトリングティー『YOICHA - Rose -』を発売し、新しいノンアルコールのジャンルを提案いたします。

 

YOICHA_メインビジュアルYOICHA_メインビジュアル

 
  • YOICHAについて
YOICHAは『あえて飲まない時間をYOICHAといっしょに』をコンセプトに、頑張る大切な人へ、自分へのご褒美アイテムとして生まれたCBDボトリングティーです。

今回発売する【YOICHA - Rose -】は、麻由来の天然成分CBDと京都産かなやみどり(和紅茶)、滋賀県産ダマスクローズを使用し、茶葉の香りと旨みを最大限に抽出しボトルに詰め込みました。

ギフトやお祝いの贈り物、自分へのご褒美として、ぜひ【YOICHA - Rose -】と新しい癒やしの時間をお過ごしください。

YOICHAのご購入については商品概要をご覧ください。
 
  • 今後のYOICHAについて
「Sober Curious(ソーバーキュリアス)」という”あえて飲まない”文化が広がり、お酒を飲む人・飲めない人に加え”あえて飲まない人”など飲酒に対しての価値観が多様する中で、今年は飲料メーカーよりたくさんのノンアルや微アルドリンクの新商品が発売されました。また飲食店でもノンアルドリンクの種類を増やす店舗が多く見られます。

今後、YOICHAはECサイトでの販売に加え、バーやブティックホテルへの卸しを予定しており、多様性のある場を増やし、自分にあったドリンクや飲み方の選択ができるよう取り組んでまいります。


 

 

【YOICHA - Rose -】【YOICHA - Rose -】

  • 【商品概要】
商品名:YOICHA - Rose -
内容量:500ml
価格:10,000円(税込)
開封前保存方法:常温
※ 高温、直射日光を避け涼しい場所に保管してください。
※ 開封後は冷蔵庫に保管し、お早めにお召し上がりください。
販売開始:11月29日(月)

■YOICHA 公式サイト
URL:https://yoicha.life/?utm_source=prtimes&utm_medium=social&utm_campaign=prtimes  

■YOICHA 公式SNS
Instagram:https://www.instagram.com/yoicha_official/
Twitter:https://twitter.com/yoicha_official

 

YOICHAの楽しみ方YOICHAの楽しみ方

  • YOICHAはあなたとペアリングする
When
−自宅でのリラックスタイム−

休日の昼間、平日の夜、自宅でゆっくりくつろぎたいあなたにYOICHAは寄り添います。

−恋人、親友との夜更かしタイム−
週末の夜、大切な人とお互いの話をしながら、いつもよりちょっと夜更かしするお供に。

How
−いつものグラスで生活に溶かす−

お好きなグラスに80-100mlほどそそぎ、氷を2-3個入れてお召し上がりください。 甘さがほしい場合は、お好みではちみつを加えることもおすすめです。

−ワイングラスで茶葉のアロマを楽しむ−
グラスの大きさは空気の大きさ。ワイングラスに程よく注ぎ、たっぷりと香りを楽しみながらお召し上がりください。

With
−ビターチョコレートと、−
カカオ40%ぐらいのほろ苦さの残るビターチョコレートがおすすめです。

-ナッツと、-
ナッツの香ばしさと和紅茶の柔らかい甘さが相性抜群です。

 

【YOICHA - Rose -】の原料【YOICHA - Rose -】の原料

  • 【YOICHA - Rose -】の原料について
YOICHAで使用している茶葉は、日本および世界各地の茶葉を集めお茶の楽しさを届ける専門店「7T+」さんにサポートいただいています。今回の【YOICHA - Rose -】では、国産和紅茶とローズを使用。

かなやみどり(和紅茶)
産地:京都府南山城村童仙房
緑茶用品種から紅茶への転用に新たな可能性を感じさせる品種。流通量の少ない希少品種で紅茶らしい風味の奥に、ほのかにバニラ、ミルク、アーモンドの気配を感じます。柔らかく落ち着きのあるニュートラルな風味が持ち味で、新しい日本産茶葉の楽しみ方の可能性を感じさせてくれる茶葉。

ダマスクローズ
産地:滋賀県守山市
全世界20000種以上あると言われる薔薇の中で、「薔薇の女王」と呼ばれている品種。その香りは合成香料での再現が非常に困難で、見た目の美しさよりもその際立った香りのために天然香料原料として栽培されることが多い品種です。YOICHA - Rose −では無農薬エディブルフラワーを独自の真空乾燥製法で風味をできるだけ損なうことなく水分を抜いた滋賀県守山市産のダマスクローズ花弁を使用。


 
  • YOICHAに込められた技術と想い
YOICHA プロダクトマネージャー
黒木梨菜 / Rina Kurogi

−YOICHAが生まれた背景−
YOICHAにご興味を持っていただきありがとうございます。”自分自身を大切にしてほしい、癒やしてほしい”という思いから【YOICHA】は生まれました。

皆さんもコロナを機に生活スタイルが変化し、以前なら感じなかったストレスに悩む瞬間も増えたのではないでしょうか?例えば、友人との楽しい食事が、フードデリバリーでお決まりのメニューを家に届けてもらう週末に変わったり。趣味だった年数回の海外旅行が、スマホの写真フォルダで過去の旅行を辿るおうち時間に変わったり。今も少しずつ生活は戻ったようで、以前のようには過ごせない。自分達で変化させ、楽しむ術を見つける必要があると思っています。

また社会人生活の中で仕事中心になってしまい”お酒=癒やし”と感じ、ストレス解消の策として過度な飲酒をしてしまう人は多いのではないでしょうか。私自身もお酒が大好きでよくお酒を飲みに行きます。お酒の場は人と会ったり繋がったり、その場を楽しむツールのひとつ。そこに「Sober Curious(ソーバーキュリアス)」という”お酒をあえて飲まない”スタイルを少しずつ取り入れ、場を楽しみつつ自分自身で健康管理をする文化が広がることで、飲む人・飲まない人・あえて飲まない人全員が楽しめる多様性のある空間が生まれると思っています。

【YOICHA】はいつも頑張るあなたへのご褒美。新しい癒やしの時間です。いつも頑張る自分へ、あるいは大切な誰かからのプレゼントとして受け取った”あなた”に気に入ってもらえたら大変嬉しいです。

 

7T+代表 ナカノケンジ氏7T+代表 ナカノケンジ氏

7T+代表/日本茶インストラクター/中国評茶員
ナカノケンジ氏

-茶葉への拘りとYOICHAの茶葉選定-
数多くあるお茶の魅力の中で最も注目しているのがその多様性です。同じ植物から生み出される様々な個性には驚かされます。私たちは品種の個性が表れ産地のテロワールを映し出した茶葉に拘り、常に新しい個性との出合いを心待ちにしております。

諸説あるものの実質的にはここ京都から日本のお茶の歴史は始まったと言えるでしょう。日本茶の製法の多くはこの地で生まれ、現在でも京都が日本のお茶文化の中心である事は多くの人の認めるところです。

日本を代表するCBDのリーディングカンパニーを目指すC&Hさんのボトリングティー【YOICHA】。その最初の一本にはぜひとも京都産茶葉を使用していただきたいと思い、またCBD配合である事を念頭に「Relux」をキーワードに味わいと香りを選びました。

お茶を飲む行為には渇きを癒すと言うより心を満たす意味合いが強いかと思います。お茶を愛する人はもちろん、あまり関心のない方々も、現代のテクノロジーがあったからこそ実現できた新しいお茶飲料を手に取り心を満たしていただけたらと思います。

日本から世界へ、新たなCBDボトリングティーの歴史を切り拓いてもらいたいと願っております。

 

The Tea Company 取締役 田島 庸喜氏The Tea Company 取締役 田島 庸喜氏

The Tea Company 取締役/茶師・薬膳師
田島 庸喜氏

-YOICHAのためのボトリングティー製法-
お茶は乾きを潤すためのものが一般的ですが、ボトリングティーは嗜むためのもの。お茶一杯で感動していただきたいという想いから格別なひとときをお過ごしいただくため、私達は国産無農薬茶葉の研究開発からボトリングティーの製造を行っています。

ボトリングティーの特徴として、素材の本性、先天的な素材感を損なわないように製法されるため 香りや味わい、そして飲んだ後の余韻を大事に、ゆっくりと味わえます。また作り手の想いやストーリーを投影したラベルとボトルへと、1本1本丁寧に手詰めをするため、ワインに似た楽しさがあると言えるでしょう。

今回、お茶本来の美味さに「Relux」要素を足したいと、プロダクトマネージャーの黒木さんよりご依頼がありました。その想いを込めて、【YOICHA】は製法に拘りお作りしました。黒木さんから茶葉の旨味やCBDの風味がより感じられる、とお言葉をいただけて私達も嬉しく思っています。

今後の【YOICHA】が次世代に繋がるお茶のひとつとなることを期待しております。


 

 

 

  • YOICHAのCBDについて
CBD(カンナビジオール)は、ヘンプに含まれる主要な天然成分の一種です。

一般的なCBDは脂溶性であるために水に溶けませんが、YOICHAで使用しているCBDは水溶性です。また通常のCBDに比べて粒子を1/100以下に極小化(ナノ化)させているため、高い体内吸収率を実現しています。

※ 薬を服用中あるいは通院中の方、妊娠・授乳中の方は医師とご相談の上お飲みください。 ※ 体質や体調等によりからだに合わない場合は、飲用をおやめください。




今後もC&Hは人と地球のストレスを軽減するため、そして日本のヘンプ領域におけるリーディングカンパニーとなるべく、ヘンプ・CBD製品の研究開発を進めてまいります。


■7T+概要
会社名:7T+(セブンティープラス)
店舗所在地:京都府京都市下京区綾小路富小路東入塩屋町73-1
代表者:中野賢二
事業内容:茶葉の卸・小売り、茶飲料・茶菓子の製造・販売・研究開発
https://7teaplus.com/

■The Tea Company概要
会社名:The Tea Company株式会社(ザ ティー カンパニー)
店舗所在地:東京都新宿区西早稲田2-20-9
代表者:岡崎 恵
事業内容:ボトルドティー製造と販売、リーフの販売、お茶の企画開発、耕作放棄茶園の再生と発酵茶の製造 http://the-teacompany.jp/


 

C&H logoC&H logo

■C&H株式会社について
C&H株式会社は「人と地球のストレスを軽減する」をミッションに掲げ、CBDの研究・製品開発を行うヘンプクリーンテック企業です。2019年の創業よりCBD製品およびヘンプ製品の製造と販売をスタートし、2021年6月には自社製品「RICHILL(リッチル)」の安心安全への取り組み強化等を目的としたCBDの研究所を京都府京田辺市に設置しました。今年秋にはヘンプの天然成分CBDを使用した「むにゃグミ」の販売を開始しさらなる国内のヘンプ・CBD製品の開発に取り組んでいます。また2021年6月にカナダ支社を設立しており、ヘンプ加工工場の運営とCBD製品の研究開発を予定しています。

【C&H株式会社概要】
会社名:C&H株式会社
所在地:東京都渋谷区宇田川町36-22 1001
代表者:坪井稜真
設立:2019年7月
事業内容:CBD製品およびヘンプ製品の製造・販売・研究

C&H Inc.:https://c-h.inc/
RICHILL:https://richill.life/
むにゃグミ:https://munyagumi.richill.life/




【本件に関するお問い合わせ先】
C&H株式会社 PR
https://c-h.inc/3
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. C&H株式会社 >
  3. C&HがノンアルコールCBDドリンク【YOICHA(ヨイチャ)】を11月29日(月)に発売!”あえて飲まない”人へ、新しい癒やしの時間を提供。