新経済連盟10周年記念イベントにHyperithm代表のロイド・リーが登壇しました

株式会社HYPERITHM(本社:東京都千代田区、代表取締役:ロイド・リー、以下「当社」)の代表 ロイド・リーが、​2022年6月1日に開催された新経済連盟の10周年記念イベント「Japan Transformation~アントレプレナーが日本を変える!~」に登壇しました。

■新経済連盟について
新経済連盟は、楽天グループ株式会社 代表取締役会長兼社長の三木谷氏が代表理事を務める日本で最も新しい経済団体で、デジタルを軸とした経済と社会の改革に向けて、個人や民間企業の力が最大限に発揮される環境の整備に取り組んでいます。2012年6月1日に活動を開始、現在スタートアップから大企業まで551社(2022年1月時点)が加盟しており、「イノベーション」、「アントレプレナーシップ」、「グローバリゼーション」を旗印に、将来を担っていく若い経営者も参加しながら、常に一歩先の未来を見据えた活動を行っています。

新経済連盟公式HP:https://jane.or.jp/

■登壇概要
イベント名:新経済連盟10周年記念イベント
      Japan Transformation〜アントレプレナーが日本を変える!~
日時:2022年6月1日 14:00-18:00
登壇演目:記念セッション「アントレプレナーが未来を変える!」
     学生起業家から新経連理事への提言

【モデレーター】
・佐々木紀彦 様(元NewsPicks編集長、PIVOT株式会社 代表取締役社長)

【学生起業家登壇者】
・下山 明彦 氏(株式会社Senjin Holdings)
・栗本 拓幸 氏(株式会社Liquitous)
・ロイド・リー (Hyperithm Group)
・田中 あゆみ 氏 (一般社団法人 lightful)

提言概要
ロイド・リーより以下の提言を行いました。

提言:Web3の人材が【流出する国】から【流入する国】へ

以下のような理由で日本からより良い条件の国に人材が流出している。
  1. 暗号資産に関して、税金が高すぎる上に計算も複雑である
  2. 金商法や資金決済法がWeb3に対応できていない​
  3. 海外と比べて検討が後手になっている
しかし、日本には以下のように人材が流入する要因もある。
  1. 資金力・購買力
  2. IP(知的財産)
  3. ディテールに強い文化

「日本からシンガポールやドバイへ移住している起業家や移住を検討している起業家が多い現状は非常に勿体無い」とし、新経済連盟の理事の方々に対して、Web3の人材が【流出する国】から【流入する国】となるよう、「税制改革に対するより強い働きかけ」と「Web3へのさらなる資金投下」を提言しました。

上記の提言に対し、新経済連盟の理事の方々と議論を行った後に、三木谷代表理事から新経済連盟として提言を採用いただきました。

イベント公式HP:https://nest.jane.or.jp/jxportal/

■Hyperithm Groupについて
当社は、2018年1月の創業以来、日本と韓国を拠点に機関投資家などを対象とした暗号資産のウェルスマネジメント事業を展開しています。日本においては、適格機関投資家等特例業務で届出を、韓国においては日本の暗号資産交換業に相当する暗号資産事業者の届出を完了しています。2022年5月からは適格機関投資家等特例業務に基づく国内初のビットコイン建てのファンドを運用開始しました。また、2021年に実施したシリーズBラウンドでは、NASDAQ上場会社である米国最大の暗号資産取引所のCoinbaseを含む機関投資家より12億円規模の資金調達を行い、続く2022年3月のブリッジラウンドにて、Coinbaseより追加の資金調達を完了しました。
 
【会社概要】
会社名:株式会社HYPERITHM
代表者:代表取締役 Lloyd Lee(李 沅俊)
本社所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4階 FINOLAB内
設立:2018年1月
役職員数:25人(関係会社を含む)
海外拠点:韓国
会社HP:https://hyperithm.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社HYPERITHM 広報担当
pr@hyperithm.com
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社HYPERITHM >
  3. 新経済連盟10周年記念イベントにHyperithm代表のロイド・リーが登壇しました