全国学生コミュニティ「舞空キャンパス」及び地域活性化⽀援企業による「地域魅⼒発掘型若年層旅⾏最先端モデル事業」が始動!観光産業再生を支援!

全国600超え自治体の首長が参加する万博首長連合も全国自治体へ広報支援!

地域活性と次世代のリーダー⼈材育成をテーマにする全国の学⽣コミュニティ 舞空キャンパス、株式会社RelyonTrip、ジェイ・ライン株式会社ならびにSDGs products株式会社は、『地域魅⼒発掘型若年層旅⾏最先端モデル事業』を実施することを決定しました。2025年⼤阪・関西万博を前に⾼まる旅⾏需要をチャンスと捉え、検索エンジン化されたSNSの中で蓄積されるビッグデータから、今から若年層に確実に訴求できるSNS運⽤法を基に、若年層を全国各地域へ誘客し、持続的に地域活性化を⽬指す事業です。
     

右から、ジェイ・ライン株式会社の開発するブログポータルサイト「Areaers(エリアーズ)」、舞空キャンパス×SDGs products株式会社の開発したアプリ「KATALVA(カタルバ)」、株式会社RelyonTripが開発したアプリ「sassy(サッシ―)」



同モデル事業では、2025年に開催される⼤阪・関西万博に向けて消費者の旅⾏機運を取り込むため、市町村単位でのデジタルプロモーションを推進します。

特に、若年層の間では、SNSで旅⾏先の写真や動画などをフォロワーに共有することがライフスタイルとして定着しており、その世代に向けたプロモーションは、観光資源のPRや販売機会の拡⼤において、⾃治体にとって⾮常に有効と考えられます。
特に短期旅⾏では、若年層の購買消費力が⼀番高いことが分かっており、観光資源の掘り起こしや若年層の誘客に関⼼のある地⽅にこの事業を全国自治体にご提案します。
 

(出典:「じゃらん 日帰り旅行に関する調査」リクルート/じゃらんリサーチセンター2022年03月28日発表)


舞空キャンパスの学生たちは、インフルエンサーとsassyアプリ(株式会社RelyonTripが開発)の提供するビッグデータからSNSの運⽤法、若年層に訴求する写真や動画の撮り⽅を学んでいることから、普段何も気に留めず購⼊している飲⻝店の商品でさえ、観光資源に変える⼒を持っています。
全国の観光資源に伸び悩む⾃治体は舞空キャンパスの学生たちと連携することで、まだ眠っている地域の魅⼒を発掘できる可能性を掴めます。

観光はモノ(商品)からコト(体験)へ、さらに時代の潮流は、⾃⾝がプロジェクトに参加し、時間に付加価値をプラスするトキ(価値)の旅⾏へ動いており、若年層にとっては、地域活性事業に参加することで⾃⾝のキャリア形成にも繋がる旅が経験できる、旅行をしながら地域の魅力を発掘し、SNSで発信することが地域活性に資するのがこの事業の最⼤の特徴です。
①課題・ニーズのヒアリング⇒解決策の企画提案
②SNS(Instagram、Youtube、Tiktok)など観光PR素材の作成発信
③地域学生への①②のノウハウの提供

※下記はYoutubeで制作した実例の一部になります

 

 

 

                 (ご当地観光PR動画 東串良町)

  

 

                   (ご当地観光PR動画 鹿児島県)



さらに当該モデル事業では、旅行をする若年層と地域店舗を舞空キャンパスの学⽣が作った ICT 学習アプリ KATALVA(カタルバ)内にて「地域クーポン」を発番することで地域店舗との導線を創出、ジェイ・ライン社の全国に展開する、 ⽉間2億PV&会員25万⼈のブログポータルより選抜された、各地域の魅⼒を語れる⼈物を介して、全国の学⽣と地域住⺠との交流⼈⼝も増やすことができるのが魅⼒です。
すでに、全国600自治体の首長が参加する万博首長連合より広報周知され、これから下記スキームは2022年夏より順次運⽤を開始し、秋までの本格運⽤を⽬指します。

 

             (地域魅⼒発掘型若年層旅⾏最先端モデル事業俯瞰図)


全国学⽣のコミュニティ 舞空キャンパスでは全国約3000⼈の学⽣が連動し、⾃⼰成⻑について考えています。
まちづくりを⽬的にしている学⽣団体も全国に多くあり、舞空キャンパスも⼤阪・関西万博会場になる夢洲の隣にある舞洲を学⽣の街に発展させるという、まちづくりをテーマにしていますが、代表の岡本優⽒(現⾼校1年⽣)は「何事も基礎ができないのに応⽤はできない、まちづくりも⼀緒だ」と、1年間の間、所属する中⾼⼤学⽣のメンバーと共に各分野のプロフェッショナルに師事し、企画⼒や発信⼒を磨いてきて、現在はSNS運⽤のノウハウを知りたいという企業の研修まで⾏えるように成⻑しました。 「私達にできて、全国の学⽣にできないことはない。このノウハウを全国の学⽣や、⾃治体の産学官連携モデルとして役⽴ててほしい」という想いを、これからさらにカタチにしていきます。これを次世代リーダーの育成事業の第⼀弾としながら、今後⾃分たちの⽬標でもある舞洲の発展に、全国のまちづくりに臨みます、と話す。

 

舞空キャンパスは現在クラウドファンディングにも挑戦中です。
https://camp-fire.jp/projects/view/598427



舞空キャンパス、株式会社RelyonTrip、ジェイ・ライン株式会社、ならびにSDGs products株式会社の『地域魅⼒発掘型若年層旅⾏最先端モデル事業』との連携をご検討いただける⾃治体におかれましては、是⾮、下記へご連絡いただけますようお願いいたします。 


【事業主催】 全国の学⽣コミュニティ 舞空キャンパス(⼤阪)、 株式会社RelyonTrip(東京)、ジェイ・ライン株式会社(⼤阪)、SDGs products株式会社(⿅児島)


【各社WEBサイトはこちら】
舞空キャンパス (https://www.sdgs-products.com/maisora/
株式会社RelyonTrip (https://relyontrip.com/
ジェイ・ライン株式会社 (https://www.j-line.co.jp/) 
SDGs products株式会社 (https://www.sdgs-products.com/


当該事業連携についての問い合わせ連絡先はこちら
舞空キャンパス 事務局:中島
TEL:090-9589-2204
MAIL:info@sdgs-p.com

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDGs products株式会社 >
  3. 全国学生コミュニティ「舞空キャンパス」及び地域活性化⽀援企業による「地域魅⼒発掘型若年層旅⾏最先端モデル事業」が始動!観光産業再生を支援!