AIによる広告運用により39%のCPA値改善を実現

「Scibids/Square/Media.Monks ディスプレイ&ビデオ 360™(DV360)運用効率化施策」ケーススタディ

〜 AIを活用した広告運用が広告投資効果を引き上げる可能性を実証〜
AIによるデジタル広告運用サポートを行うScibids(サイビッツ)(本社:フランス パリ、プレジデント:Remi Lemonnier)は、AIを活用した広告運用における広告効果向上についての効果を調査いたしました。その結果、CPA(成果獲得金額)において39%の改善が見られ、AIによる広告運用が旧来型の運用実績を上回ることを確認いたしました。

【URL】 https://scibids.com
 


調査背景

Media.Monks(メディアモンクス)社が運用をサポートするSquare株式会社の日本におけるデジタル広告キャンペーンにおいて、より投資効率の高い運用を目指し、ScibidsのAI機能を活用した広告配信運用を実施、約2ヶ月間の広告運用を行い、AIを用いない通常の運用時とAIにより運用を行う場合の運用成績の差分を検証しました。

従来は人の手を介し手作業で管理をされていた、広告運用業務をAIによって自動化し、マーケティング投資効率の最大化を目指した調査プロジェクトとなります。

<調査における主たる結果>

1.デジタル広告運用(Google 「ディスプレイ&ビデオ  360™(DV360)」)におけるCPAが39%低減

2.同CPM(買付単価)が73%低減


CPA低減効果

DV360 (Google ディスプレイ&ビデオ  360™)を活用したディスプレイ広告においてシーズナリティを考慮し同シーズンの広告キャンペーン(10-12月)においてサイビッツのAIによる運用による運用成績の優劣を検証。Scibidsを活用した2021年のキャンペーンにおいて計5商品の獲得単価(CPA)が全て改善し、平均改善レートは39%となった。(最大改善レートは58%). *資料①


CPM低減効果

同キャンペーンにおける買付け単価(CPM)は2020年10-12月における平均CPM実績に対し、ScibidsによるAI運用を活用した2021年10-12月実績平均は73%の改善が見られた。 *資料②



【調査概要】

調査対象: DV360 (Google ディスプレイ&ビデオ  360™)を利用したディスプレイ広告配信

調査期間: 2021年10-12月

調査方法: 同条件設定下における広告運用実績をScibids AI機能を利用した2021年と利用しない昨年の実績を比較


日本・カントリーマネージャー 犬塚 洋二のコメント
                         

 

『最新のAI技術に広告運用を任せることでマーケティング投資の効果を最大化していく』
  という今回の革新的な取り組みをSquare株式会社、Media.Monks社という先進的な企業    と取り組めたこと、そして従来の殻を打ち破る素晴らしい結果を得たことを大変嬉しく思 
  います。革新的な技術の活用にオープンで’ありきたりの成功に甘んじない’という両社チー
 ムの姿勢はさらなる革新と成功をもたらすと確信しています。

 





Scibidsについて
2016年にパリで設立され、世界に11の拠点を持つScibidsは、マーケティングをより効果的にするためのカスタマイズ可能なAIを開発しています。AIは全産業を変革し、グローバルブランドへの期待を高めています。ScibidsのAIは、ステップチェンジのパフォーマンスとスケールを独立して駆動し、プライバシーファーストのアプローチで作成されており、成長と成功したビジネス成果を促進するために、サードパーティのクッキー、PII、その他のデジタル識別子に依存しません。Scibidsは、デジタルマーケティングのエコシステム全体で機能し、主要なデマンドサイドプラットフォームで実現され、グローバルなメディアエージェンシーに受け入れられ、国際的なブランドに信頼されています。Scibids AIの詳細については、「AI, Privacy and the Future of Digital Marketing」(https://go.scibids.com/ai-privacy-and-the-future-of-digital-marketing )をダウンロードするか、www.scibids.com をご覧ください。

Squareについて
Squareは、幅広いコマースソリューションを統合したエコシステムによって、事業者がビジネスをよりかんたんに運営し、成長させられるよう支援しています。飲食業や小売業などにおける複雑な運営をサポートする専用のソフトウェア、汎用性の高いeコマースツール、組み込み型金融サービスや銀行商品、Afterpayの後払い決済(BNPL)機能、予約管理機能、従業員管理や給与計算ツールなどのSquareが提供するすべてのツールが連携して機能することで、事業者は時間と労力を節約できます。あらゆるビジネスを活性化させ、事業者の経済的な成功を支えるSquareは、世界中にいる多くの事業者から信頼されています。Squareの事業を含むBlock, Inc.(NYSE: SQ) は、金融サービスに焦点を当てたグローバルなテクノロジー企業です。詳細についてはwww.squareup.co.jpをご覧ください。


Media.Monksについて
Media.Monks は、2018年にエキュゼクティブチェアマンのマーティンソレル卿によって設立された、ロンドン拠点の S4Capital(SFOR.L)傘下の新世代のマーケティングサービスグループ会社です。MediaMonks社 と MightyHive社 を統合して創設され、コンテンツ、データ、デジタルメディア、テクノロジーにおけるサービスをグローバルチーム全体で連携させたデジタルファーストのマーケティング会社として、 Adweek の急成長リスト(2019、2020、2021)、AdExchanger のプログラマティックパワープレーヤー(2020、2021)、また数々のBest Place to Workリストや多数の企業に選ばれ、世界トップクラスの起業家精神にあふれた革新的企業の集合体です。


【本リリースに関する報道お問い合わせ先】

Scibids 犬塚 洋二

e-mail:yoji@scibids.com


 
  1. プレスリリース >
  2. Scibids Asia Pte Ltd. >
  3. AIによる広告運用により39%のCPA値改善を実現