自家消費型の太陽光発電設備を稼働

工場使用電力の25%を発電

岩崎電気株式会社は、中期経営計画の重点施策として「環境への取り組み」を掲げ、「2030年に再生可能エネルギー使用率50%を目指す」ことを目標としております。

その一環として、グループ会社である株式会社アイ・ライティング・システム 本社・桜川工場(茨城県桜川市、以下「桜川工場」)で、自家消費型の太陽光発電設備を8月より稼働させました。
今回、主にLED照明機器を製造する桜川工場内の遊休スペース約5,700m2を利用して太陽光発電設備を導入。桜川工場の年間使用電力の約25%に相当する約510MWhを太陽光発電でまかない、約225tのCO2排出量を削減できる見込みです。

桜川工場敷地内に設置した太陽光発電設備桜川工場敷地内に設置した太陽光発電設備

岩崎電気では、今回の太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーを積極的に活用することで、「2030年に再生可能エネルギー使用率50%」の目標達成への取り組みを推進してまいります。

また今後も、高効率で環境負荷の低減に寄与できるLED照明機器の開発、商品やソリューション提供の拡大に努め、持続可能な豊かな社会の実現に貢献いたします。


アイ・ライティング・システム 本社・桜川工場 太陽光発電設備概要
  • 所在地:〒309-1296 茨城県桜川市高森1121-11
  • 設置場所:(株)アイ・ライティング・システム 本社・桜川工場内
  • 設置面積:5,668m2
  • 発電能力:約654MWh/年(パネル1,314枚)
  • 自家消費電力量:約510MWh/年
  • 想定CO2削減量:約225t/年
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 岩崎電気株式会社 >
  3. 自家消費型の太陽光発電設備を稼働