アリババクラウド、デロイト中国と自動車産業センターを開設

アリババグループのデジタルテクノロジーとインテリジェンスの中枢であるアリババクラウドは、デロイト中国と共同で「デロイト-アリババクラウド自動車産業センター」を設立したことを発表しました。同センターは、自動車業界のお客様に対して、自動運転、インテリジェントな製造、デジタルマーケティングなどのエンドツーエンドのソリューションを提供することに重点を置いています。

同センターは、自動運転、インテリジェントクラウドネットワーク接続、デジタルサプライチェーン、インテリジェント製造、デジタルマーケティング、サイバーセキュリティなどの専門家を擁するデロイト中国自動車セクターのクラウドサービスチームによる支援のもと、より深いインサイトと知見を生かし、お客様の課題解決に貢献することを目指します。アリババクラウドは、ネットワーク、人工知能、エラスティック・コンピュートをはじめとする同社の優れたクラウド技術を同センターに提供し、デロイト中国とともに自動車業界のデジタルトランスフォーメーションをサポートします。クラウド技術の強みを活用し、自動車業界のお客様が大きなビジネス機会を得られるよう支援します。

デロイト中国自動車セクター・リーダーであるアンディ ツォウ氏は次のように述べています。
「自動運転車は2030年までに世界で約8250万台に上り、2035年には中国が570万台以上を占める最大の自動運転車市場になるとデロイトは予測しています。中国の自動運転車産業は、技術競争、エコロジー、消費者の意識、政策の後押しによって新しい時代を切り開いています。」

アリババクラウドの自動車産業担当のゼネラルマネージャであるLi Qiang(李強)は次のように述べています。
「アリババクラウドは、中国国内において70%以上の自動車関連企業に信頼性の高い安定したクラウドサービスを提供してきました。ソフトウェア定義型自動車(SDV:software-defined vehicles)の普及に伴って、自動車産業のクラウドネイティブ化が期待されます。当社はより多くの顧客企業のデジタルトランスフォーメーションを支援し、バリューチェーン全体でデジタル化がもたらす可能性を最大化できるよう努めてまいります。」


【Deloitte China(デロイト中国)について】
Deloitte China(デロイト中国)は、中国の改革開放と経済発展に貢献するリーディングカンパニーとなることを長期的なコミットメントとし、統合的なプロフェッショナルサービスを提供しています。当社は、中国のパートナーによって所有され、グローバルにつながりながら、ローカルに深く根ざした現地会社です。中国の30都市において2万人以上のプロフェッショナルを擁し、世界トップレベルの監査・保証、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、リスクアドバイザリー、ビジネスアドバイザリー、税務サービスをワンストップでお客様に提供しています。
当社は、誠実さをもってサービスを提供し、品質を維持し、革新に努めています。プロフェッショナルとしての卓越性、業界を超えた洞察力、インテリジェントなテクノロジーソリューションにより、様々な分野のクライアントやパートナーが機会を捉え、課題に取り組み、世界レベルの高品質な開発目標達成を支援します。
Deloitte(デロイト)ブランドは1845年に誕生し、その中国語名「德勤」は誠実さ、勤勉さ、卓越性を表しています。デロイトのメンバーファームのプロフェッショナルネットワークは、現在150以上の国や地域に広がっています。Deloitte(デロイト)は、「To make an impact that matters」という企業ミッションのもと、資本市場に対する社会の信頼を高め、顧客の変革と成功を支援し、より強い経済、より公平な社会、持続可能な世界の実現に向けた道を切り拓いていきます。

【Deloitte(デロイト)について】
Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。
デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、それぞれ法的に独立した別個の組織体であり、アジア パシフィックにおける100を超える都市にてサービスを提供しています。
詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。


【アリババクラウドについて】
2009年に設立されたアリババクラウドは (www.alibabacloud.com)、アリババグループのデジタルテクノロジーとインテリジェンスの中枢です。アリババクラウドは、エラスティックコンピューティング、データベース、ストレージ、ネットワーク仮想化サービス、大規模コンピューティング、セキュリティ、管理およびアプリケーションサービス、ビッグデータ分析、機械学習プラットフォーム、IoTサービスなど、あらゆるクラウドサービスを世界中のお客様に提供しています。IDCの調査でアリババクラウドは2018年以降、Infrastructure as a Service(IaaS)分野で世界3位のサービスプロバイダーに認定されています。また、ガートナーには、アリババクラウドは2018年以降、売上高で世界3位、アジア太平洋地域で1位のIaaSプロバイダーとして認定されています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アリババグループ >
  3. アリババクラウド、デロイト中国と自動車産業センターを開設