3×3の9マスではじめる将棋ゲーム 日本将棋連盟監修・推薦/青野照市九段考案 「9マス将棋」8月発売!

シンプルだけど奥が深い! たった9マスに将棋の面白さが凝縮!

株式会社幻冬舎(代表取締役社長:見城徹/東京都渋谷区)は、日本将棋連盟監修・推薦、青野照市九段考案の「9マス将棋」を2016年8月に発売いたします。

「9マス将棋」は、3×3の9マスの盤と8種類の駒を使って対戦するミニ将棋です。初期配置は40通りあり、全くの初心者でも無理なく始められる入門から、中級・上級パターンまで、レベルに合わせて自由に楽しめます。

 

また、基本的に将棋と同じルールを使い、勝つために大切な「詰み」と「王手」を覚えることができるので、確実に将棋が上達していきます。

 

考案は、青野照市九段。これから将棋を始めたい人や駒の動かし方を覚えたばかりの人に、将棋の基本や面白さを知ってもらいたいという思いから考案されました。

しかしながら、 初期配置の中には、プロ棋士もしばらく考えこんでしまうような配置図もあり、初心者から棋力の高い人まで楽しむことができます。

たった9マスで繰り広げられる「将棋の面白さ」「将棋の奥深さ」を体験してみてください。

 

【あそびかた】 
初期配置のパターンを選んで、盤に駒を並べます。交互に一手ずつ駒を動かして、先に相手の「王」を取ったほうが勝ちです。駒の動かし方や基本ルールは通常の将棋と同じですが、駒を「成る」ことができるマスだけ異なります(相手陣の一段目が成れる場所です)。

【セット内容】

駒(木製)16枚(王×1、玉×1、金×2、銀×2、飛×2、角×2、桂×2、香×2、歩×2)
盤1枚(木製)
遊び方ガイド1冊(32P)

 



【商品名】        9マス将棋 
【考案】          青野照市(将棋棋士)
【監修・推薦】 公益社団法人日本将棋連盟
【価格】          1,600円+税    
【発売日】       2016年8月25日(木)予定   
【販売場所】    全国の書店及び玩具店
【サイズ】       パッケージ: 207×158×34mm
【対象】          6歳から大人まで

●商品紹介動画を下記URLからご覧いただけます
https://youtu.be/w6EyoVY9M7Y

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社幻冬舎 >
  3. 3×3の9マスではじめる将棋ゲーム 日本将棋連盟監修・推薦/青野照市九段考案 「9マス将棋」8月発売!