勃起不全治療剤「バイアグラⓇ」の新剤形「バイアグラⓇODフィルム」 10月21日に新発売~ED治療剤として“国内初”のODフィルム製剤~

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:梅田一郎)は、10月21日に勃起不全治療剤「バイアグラⓇ」(一般名:シルデナフィルクエン酸塩)の新剤形である「バイアグラODフィルム25mg・同50mg」を新発売いたしました。
バイアグラは世界初の勃起不全治療剤として世界130か国で承認されており、日本においては1999年から「バイアグラ錠25mg・同50mg」の販売を開始しております。

この度発売いたしました「バイアグラODフィルム」は、勃起不全治療剤としては国内では初めてのODフィルム製剤で、口腔内で速やかに溶け、水なしでも服用が可能という特長を有しており、よりスムーズな服用が期待されます。

また、本剤は薄いアルミ包装に封入された製剤で、従来の錠剤と比べ、携帯性の向上が見込まれます。ファイザーで実施したED患者さんへの意識調査※においては、約6割の患者さんがED治療薬を、普段使っているかばんなどに入れて持ち歩いているという実態が明らかになりました。従って本剤が、このような患者さんにもお役に立てるものと考えております。

以上のように、服薬性と携帯性の向上した本剤により、患者さんのクオリティ・オブ・ライフの向上に一層貢献して参ります。

以上
 


【上段=外函写真    左:25mg 20シート入り  中:50mg 20シート入り  右:50mg 50シート入り】
【下段=シート写真     左:25mg          中:50mg                 右:50mgシート開封後】

※ED治療における患者とパートナー・医師とのコミュニケーションに関する調査
 http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_09_14_02.html


【バイアグラODフィルム 製品概要】
製品名    バイアグラⓇODフィルム25mg・同50mg
一般名    シルデナフィルクエン酸塩
効能・効果  勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)
用法・用量  通常、成人には 1 日 1 回シルデナフィルとして25 mg~50 mgを性行為の約 1 時間前に
       経口投与する。
       高齢者(65歳以上)、肝障害のある患者及び重度の腎障害(Ccr<30 mL/min)のある患者
       については、本剤の血漿中濃度が増加することが認められているので、25 mgを開始用量と
       すること。
       1 日の投与は 1 回とし、投与間隔は24時間以上とすること。

 
【バイアグラODフィルム 各剤形についての詳細情報】
剤形                                    外観の寸法(縦×横)    フィルムの寸法(縦×横) フィルムの厚さ
バイアグラODフィルム25mg  64mm×32mm    24mm×16mm      約0.2mm
バイアグラODフィルム50mg  64mm×40mm    24mm×32mm      約0.2mm 

バイアグラODフィルム 50mg製剤写真①バイアグラODフィルム 50mg製剤写真①

バイアグラODフィルム 50mg製剤写真②バイアグラODフィルム 50mg製剤写真②

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ファイザー株式会社 >
  3. 勃起不全治療剤「バイアグラⓇ」の新剤形「バイアグラⓇODフィルム」 10月21日に新発売~ED治療剤として“国内初”のODフィルム製剤~