「墓じまい」不要! 関西エリア最大級・樹木葬墓地「追憶の森」 誕生。

購入後の維持費は一切不要。はびきの中央霊園(大阪府羽曳野市)の永代供養付き【樹木葬墓地】のご提案。

株式会社加登(本社:大阪市淀川区 代表取締役会長:加登 隆三)は大阪府羽曳野市の「はびきの中央霊園」にて永代供養付きの樹木葬(じゅもくそう)墓地「追憶の森」の申し込み受付を開始しました。「自然に還る」イメージが人気の樹木葬に管理料不要の永代供養システムを追加した、現代のニーズに応えるお墓です。
「墓じまい」不要。永代供養の選択肢に【樹木葬】が加わりました。

「樹木葬(じゅもくそう)墓地」とは、「自然に還ること」を象徴する樹木のもとにつくられたお墓です。

株式会社加登は、単なる自然回帰ブームに乗った埋葬方法として「樹木葬墓地」をご提案するのではなく、増加する永代供養のニーズにお応えすることに重点を置いています。
充実した永代供養システムの一環として、これまで手掛けてきた永代供養墓および樹木葬墓地のノウハウを活かし、一歩進んだ「樹木葬」をご提案しています。

はびきの中央霊園 樹木葬墓地「追憶の森」 5つの特長
はびきの中央霊園(大阪府羽曳野市)では、既存の墓地内に樹木葬墓地の区画を造るのではなく、この「追憶の森」のために新たに専用墓域を確保しました。
素晴らしい眺望と豊かな四季の自然に恵まれた、まったく新しい公園墓地のオープンと言っても過言ではありません。
>>「追憶の森」URL  http://www.forever-kato.co.jp/reien/042/tsuiokunomori/

主な特長は5つ。


1.全区画永代供養付きだから、跡継ぎがなくても安心
はびきの中央霊園の樹木葬「追憶の森」なら、全区画に「永代供養」が付いています。
最後の方がお亡くなりになって10年(延長10年可)を経過した時点で、「追憶の森」内の永代供養塔に無料
でご遺骨を移し、永代にわたりご供養いたします。石碑は当霊園が無料で撤去いたします。
永代供養塔にお納めしたご遺骨のために、年に一回僧侶による合同供養を執り行う点も安心です。

2.購入後の維持費が不要
購入後は、毎年の管理料などは一切不要です。
 


3.個別納骨なので安心してお参りいただけます。
最後の方がお亡くなりになった後、10年(10年の延長可)を経過した時点で、ご遺骨を「追憶の森」内の
永代供養塔に移します。お参りをする方がいらっしゃる間はお墓をそのままご利用いた
だきたいとの気持ちから、その間は当霊園が責任をもって管理いたします。もちろん、期間中の維持費は一
切いただきません。期間終了後の石碑の撤去も一切無料です。合祀墓ではなく、ご家族ごとにお墓と納骨室がありますので、最後の方がご逝去されてから10年間(10年の延長可)は他の一般的なお墓同様にお墓参りが出来ます。
 

4.生前のお申込みも可能
使用可能な期間は、購入してからの年数ではなく、最後の方がご逝去されてからの年数です。
管理料も発生しませんので、生前のお申込みにも適したお墓であると言えます。

5.選べる5つのバリエーション
お客様の好みや予算に合わせ、5種類の区画をご用意しました。
おふたりまでご納骨いただけるタイプA(納骨期限なし)と、4名様までお入りいただけるタイプB、C、D、E(納骨期限あり)の中からお選びいただけます。

株式会社加登とはびきの中央霊園について
株式会社加登は大阪に拠点を置き、関西を中心に東京、神奈川など関東エリアにも店舗、専属・提携霊園を展開。関西エリアに拠店を置く石材店の中において、墓石販売No.1(2015年「月刊石材」調べ)の実績を誇ります。
 

はびきの中央霊園(大阪府羽曳野市)は昭和60年、株式会社加登が初めてプロデュースした「川西中央霊園(兵庫県川西市)」の成功を受け、大阪府羽曳野市 に満を持して開園した超大型公園墓地です。開園以来5,000件を超える成約をいただき、関西圏随一の眺望の素晴らしさから、墓地を所有されている方やご 見学のお客様はもちろんのこと、屈指のビューポイントを求めて一般の方々のご来園も後を絶ちません。無料送迎バスや2棟の休憩所、美しい田園風景を楽しめ る遊歩道などの園内設備に加え、充実の一途を辿る「永代供養システム」の整備により、南河内エリアはもとより大阪市内からのご契約も多数。今後も関西を リードする霊園としての地位を揺るぎないものとしています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社加登 >
  3. 「墓じまい」不要! 関西エリア最大級・樹木葬墓地「追憶の森」 誕生。