富士ソフト、テレワーク支援システム(moreNOTE)を新型コロナウイルス対策用として無償提供

 

富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:坂下 智保)は、新型コロナウイルス の感染拡大を受け、テレワーク支援システム(moreNOTE)を新型コロナウイルス対策の業務支援ツールとして、テ レワークや在宅勤務、遠隔会議の実施を必要としている企業に無償提供いたします。
メールアドレスの登録等で、テレワーク・在宅勤務時のファイルの受け渡しや、遠隔会議での資料共有が簡単に セキュリティを確保してご利用いただけます。

moreNOTE は累計導入実績 3,300 社を突破した、ペーパーレス会議システムです。2012 年 12 月のサービス開 始以来、民間企業、官公庁、自治体などさまざまな業界で、日々のテレワークや在宅勤務、遠隔会議などでご活 用いただいています。

富士ソフトは、新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束を願うとともに、緊急事態における事業継続を支援し てまいります。

【テレワーク支援システム(moreNOTE) の無償提供について】
 提供開始日:2020 年 2 月 27 日(木)
 申し込み先:https://www.morenote.jp/archives/1545/
 利用期間:登録日より 3 カ月間
 利用 ID/容量:30ID/1GB(ID および容量の追加は不可)

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 富士ソフト株式会社 >
  3. 富士ソフト、テレワーク支援システム(moreNOTE)を新型コロナウイルス対策用として無償提供