ネットワークによりアプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上させるための5つのヒント

優れたユーザエクスペリエンスの提供

F5ネットワークスジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:古舘正清、以下F5)は、F5ネットワークスが運用するエンジニア向けブログサイト「F5 DevCentral」において、ネットワークによりアプリケーションのパフォーマンスを向上させるためのヒントを紹介するブログを掲載しました。

「F5 DevCentral」は、191ヶ国、160,000人の技術エキスパートのコミュニティサイトであり、日々最新情報がアップデートされています。今回は、F5ネットワークスのテクノロジー・エバンジェリストであるLori McVittieの最新ブログ投稿「5 ways the network can help ensure exceptional app performance」の翻訳版をお届けいたします。

ニュース、Eコマース、ゲーム、クラウド、ビジネス・アプリケーション、昨今構築される殆どの新規サービスは、ネットワーク経由でユーザに提供されています。このようなアプリケーション環境においては、サービスインした後でもネットワーク側で対応可能なユーザエクスペリエンスを向上させるチューニングのポイントがございます。今回はそのポイントをご紹介いたします。

ブログのハイライト
①セキュリティを犠牲にしてまでも向上させたいコトとは
②信頼性とパフォーマンスの相反する選択肢
③アプリケーションパフォーマンス向上に関するヒント#1〜#5
④これからの市場競争力のあるアプリケーション展開の考え方とは

以下にブログの冒頭より一部をお伝え致します。全文は、Dev Centralにおいて、こちら(https://devcentral.f5.com/articles/5)よりお読みいただけます。

本番環境へのアプリケーションの展開は最初のステップにすぎません。優れたユーザ エクスペリエンスの提供こそが次のステップでは重要になります。つまりネットワーク側で行う作業があるということです。そこで登場するのがNetOpsです。

テーマとしているのが利益であっても生産性であっても、どちらもパフォーマンスの低いアプリから同じように影響を受けます。参考として企業のアプリの応答時間に基づく放棄率(アバンダンレート)、可用性とパフォーマンスに基づく採用率(アドプションレート)を示すチャートを示すことができますが、よく目にする情報であり、それが事実であることは明らかです。ネットワークのセキュリティを高めるために犠牲にしているものを組織に尋ねると、「パフォーマンス」であると回答した組織は最も少なく、全体の10%未満でした。


スピード(の不足)が "致命的" ということです。

アプリケーションの開発者に改善を要求したいところですが、ほとんどの場合、開発者はスピード(アプリケーション配信が完了されるまでの迅速性)について対処しようがないのが現実です。遅延がネットワークで生じているのは、アプリケーションによって通信に使用されるプロトコルなど、さまざまな要因によるためです。

こちらより先はDev Central(https://devcentral.f5.com/articles/5)において全文をご覧ください。

 当ブログに関するお問い合わせ
F5 ネットワークスジャパン株式会社 小保方 順子
03-5114-3640  y.obokata@f5.com

  1. プレスリリース >
  2. F5ネットワークスジャパン合同会社 >
  3. ネットワークによりアプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上させるための5つのヒント