リミニストリートを採用した熊谷組がIT協会の「IT賞」を受賞

クラウドサービスへの移管と独立系保守サービスの採用でIT予算の戦略分野への再配分を可能に

SAP SE(NYSE:SAP)のBusiness Suite、BusinessObjects、HANA databaseやOracle Corporation(NYSE:ORCL)のSiebel、PeopleSoft、JD Edwards、E-Business Suite、Oracle Database、Oracle Middleware、Hyperion、Oracle Retail、Oracle Agile PLM、Oracle ATG Web Commerceなどエンタープライズソフトウェア向けの独立系保守サービスを提供するグローバルリーディングカンパニーのリミニストリートは、株式会社熊谷組が、公益社団法人 企業情報化協会(IT協会)が主催する「IT賞」において“IT特別賞”を受賞したことを発表いたします。
IT特別賞は、革新的なITの活用を通じて際立った実績を上げ、経営に大きく寄与した企業や組織に与えられる賞です。このたびの熊谷組の受賞は、同社がリミニストリートの独立系保守サービスを先駆的に活用するとともに、クラウドインフラへの移行を積極的に進めることにより、企業の成長に貢献する新規の戦略的なプロジェクトにIT予算とITリソースを再配分することを可能にした実績が評価されたものです。

熊谷組では、長期的な視点で策定した基幹システムのロードマップをもとに、既存システムの運用にかかるコストを見直して戦略的分野に最適配分するため、外部サービス等の活用を積極的に進めてきました。具体的には、SAPシステムの保守サポートをERPベンダーのサービスからリミニストリートへ切り替えるとともに、オンプレミスで構築された既存のデータベースシステムやメール、TV会議システム、グループウェアなどを運用していたサーバーをクラウドサービス環境へと移管しました。


約1億円のコスト削減で戦略的な分野への投資を可能に

熊谷組は、既存のシステムにかかる多大な費用を削減することを目的に、ERPベンダーのサポート契約を終結させるというシンプルな決断を行うとともに、クラウドインフラの強化を図りました。
結果としてバージョンアップにかかる当面の費用およそ1億円の支出を回避することができた他、毎年負担となっていた運用・保守費用を約4千万円削減することに成功しました。
そして、この節減された費用を、現場の業務効率を向上させるためにiPadを800台導入するといった新たな予算に再配分することが可能になりました。

株式会社熊谷組 経営企画部IT企画グループ 部長 鴫原 功(しぎはら いさお)氏は次のように述べています。
「当社のIT予算最適化の取り組みが評価されたことを大変嬉しく思っています。当社が最も重視しているのは、貴重なIT予算を既存システムの維持管理に費やすのではなく、極力社員一人ひとりの業務効率向上のために使うこと、そして社員の働き方の改善に役立てることです。クラウドにしても独立系保守サービスにしても、まだまだ採用を躊躇している企業が多いと思いますが、当社はこうした先進のテクノロジーやサービスに対してもリスクを評価しつつ積極的に導入していく姿勢を取っています。それによって無駄のないIT投資を実現することができ、市場での競争力を獲得、維持していくことができると考えるからです。」


ITコスト最適化の取り組みが評価の対象

鴫原氏は独立系保守サービスの採用にあたって、ERPベンダーのサービスから切り替えることによるリスクを細分化して評価するなど、合理化へ向けた徹底的な調査、分析を行いました。このようなIT投資のROIを突き詰めた同社の判断と行動が、ITのイノベーションにより経営戦略に貢献するという点においてIT協会の評価を受け、今回のIT特別賞の受賞に結びつきました。

日本リミニストリート株式会社 日本支社長の脇阪順雄は次のように述べています。
「ITインフラのコストを削減したいというテーマは、いまや日本だけでなく世界中のほとんどの企業が直面している課題です。その中で、効率性を重視し着実に結果を出している熊谷組様の取り組みは、最も先進的な例と言って良いでしょう。リミニストリートの保守サポートは、OracleやSAPのソフトウェアにかかる年間保守費用を半減できるばかりか、保守に関わる費用全体の最大90%までを削減することも可能になります。すでにERPシステムが安定して稼動している企業にとって、それを少なくとも15年間使い続けることができ、ITの投資効率を最大化することが可能になるリミニストリートのサポートを採用するということは、最善の選択肢となります。」

IT賞の表彰式典および記念講演は、2017年 2月9日(木) 、10日(金)の2日間にわたり、東京コンファレンスセンター・品川にて開催されました。


詳細については、Twitter(@riministreet)で当社をフォローしてください。また、FacebookとLinkedInをご覧ください。

リミニストリートについて
リミニストリートは、エンタープライズソフトウェア向けの独立系保守サービスを提供するグローバルリーディングカンパニーです。2005年以来、受賞歴を持つ革新的プログラムにより、エンタープライズ向けサポートサービスのあり方を塗り替えてきました。こうしたプログラムにより、OracleやSAPのライセンシーは総サポート費用の最大90%を削減することが可能になります。そして、現行のソフトウェアリリースを、アップグレードなしに少なくとも15年間使い続けることが出来る環境が整います。多様な業界のグローバル企業、フォーチュン500企業、中規模企業、公共セクター組織を含む1750社以上の顧客が、ソフトウェアベンダーから独立した信頼できるサポートプロバイダーとして、リミニストリートを選択しています。詳細についてはhttp://www.riministreet.comをご覧ください。


将来見通しに関する記述
本プレスリリースには、将来見通しに関する記述が含まれる場合があります。「考える」、「かもしれない」、「だろう」、「計画する」、「推定する」、「継続する」、「期待する」、「意図する」、「見込む」という文言および同様の表現は、将来見通しに関する記述の特定を意図したものです。これらの将来見通しに関する記述にはリスクおよび不確実性が伴い、さまざまな想定に基づいています。リスクが実現または当社の想定の誤りが証明された場合、実際の結果はこれらの将来見通しに関する記述によって暗示された結果と大きく異なる可能性があります。リミニストリートは、本プレスリリースの発表時点の内容に過ぎない将来見通しに関する記述または情報を更新する義務を一切負いません。

# # #

Rimini StreetおよびRimini Streetのロゴは、リミニストリートの商標です。その他すべての会社名および製品名は、それぞれの所有者の商標です。Copyright © 2017.All rights reserved.

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. 日本リミニストリート株式会社
  3. リミニストリートを採用した熊谷組がIT協会の「IT賞」を受賞