メルボルンが6年連続「世界で最も住みやすい都市」に!!

イギリス・エコノミスト誌の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が発表した世界で最も住みやすい都市ランキング2016(Global Liveability Ranking 2016)で、オーストラリアのメルボルンが100点満点中、97.5点を獲得し、6年連続で1位に選ばれました。 年に一度発表されるこの調査は、毎年世界140か国を対象に同社が定期的に実施し、「安全性」「医療」「文化・環境」「教育」「インフラ」の5項目で評価されます。

メルボルンの街並み (© Josie Withers Photography)メルボルンの街並み (© Josie Withers Photography)

オーストラリア・ビクトリア州の州都「メルボルン」は、19世紀の面影を残した建造物と近代的な建造物が融合した街並みが魅力の都市。別名「ガーデンシティ」とも呼ばれるほど緑豊かな公園が点在しています。

歴史的な建物とモダン性が融合した街(© Josie Withers Photography)歴史的な建物とモダン性が融合した街(© Josie Withers Photography)

メルボルンでは全豪オープンテニスをはじめ、F1グランプリや国際フラワー&ガーデンショーなど国際級イベントも数多く開かれる他、「世界で最も美しい海岸線」とも呼ばれるグレートオーシャンロードやペンギンパレードで有名なフィリップ島など郊外にも観光地が数多くあり、毎年約230万人の観光客が世界中から訪れます。

毎年1月に開催される「全豪オープンテニス」毎年1月に開催される「全豪オープンテニス」

一方で、食文化が発達した都市としても知られ、モダン・オーストラリア料理をはじめとした多国籍文化が融合した独特で繊細な料理は、世界の美食家から高い評価を得ています。イタリア系移民によりコーヒー文化が発達した街でもあり、通りの至る所にカフェが点在していることもメルボルンの特徴です。

カフェ通りでのひとときカフェ通りでのひととき

街歩きをすると目につくのが19世紀の佇まいそのままの石畳の小径「レーンウェイ」。独特の雰囲気があり、最もメルボルンらしい光景は、まるでどこかヨーロッパの町へ迷い込んでしまったかのよう。道の両側には小粋でかわいらしいカフェやレストランが立ち並ぶ。特に「デグレーブストリート」のカフェ通りは常に地元客で賑わい、店内や道に並んだテーブルに腰掛けてゆったりとコーヒーブレイクを体験できます。

世界遺産「王立博覧会場とカールトン庭園」世界遺産「王立博覧会場とカールトン庭園」

オーストラリア本土で一番小さいビクトリア州に位置しながら、豊かな自然が広がり、四季の変化により季節ごとにユニークな体験ができるメルボルン。郊外の観光地へのアクセスが良いため移動時間が少なく、滞在時間を有効的に活用できる。そんな多くの魅力が詰まった街が「世界で最も住みやすいメルボルン」です。

オーストラリア・ビクトリア州政府観光局 日本語公式サイト: http://jp.visitmelbourne.com/

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
オーストラリア・ビクトリア州政府観光局
電話:03-5218-2565 FAX:03-5218-2577
メール:tokyo.tourvic@visitvictoria.com.au
  1. プレスリリース >
  2. オーストラリア ビクトリア州政府観光局 >
  3. メルボルンが6年連続「世界で最も住みやすい都市」に!!