BBSec、次世代型エンドポイントセキュリティ製品の運用サービスでNTTテクノクロスと協業

従来型アンチウイルス製品では検知が困難な攻撃を、24時間体制で運用

株式会社ブロードバンドセキュリティ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:持塚 朗、以下BBSec)は、NTTテクノクロス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:串間 和彦、以下NTTテクノクロス)と提携し、従来型アンチウイルス製品では検知が困難な、ファイルレス攻撃等の増加を背景とする顧客ニーズに応えるため、次世代型エンドポイントセキュリティとしてNTTテクノクロスの提供する「TrustShelter/EPP」の顧客に対して、24時間/365日体制での運用サービスを提供することで合意いたしました。
NTTテクノクロスが提供する「TrustShelter/EPP」は、従来型アンチウイルス、未知のウイルスへの対応が可能な次世代型アンチウイルス、EDR※の機能を1つのエージェントとして実装している製品であり、NTTテクノクロスは初期設定支援サービス、設定変更支援サービス、アラート発生時対応支援サービス等を提供しています。今回、BBSecのSOC(Security Operation Center)からの24時間/365日体制での運用サービス「EDR-MSS」が加わることにより、より広範な顧客ニーズに応えることが可能となります。

 

<サービスイメージ>

サービスイメージサービスイメージ

※EDR:Endpoint Detection and Response

BBSecは今後も顧客に寄り添う姿勢で、より広い顧客ニーズに応えるべく、サービスの幅を広げてまいります。


本プレスリリース記載の社名、製品名、サービス名などは、各社の商標または登録商標です。

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ブロードバンドセキュリティ >
  3. BBSec、次世代型エンドポイントセキュリティ製品の運用サービスでNTTテクノクロスと協業