既存産業を花形産業へ昇華するレガシーマーケットイノベーションのプロフェッショナル集団クレストホールディングス株式会社による、東集の子会社化に関するお知らせ

木材卸売業におけるレガシーマーケットイノベーションの実現を目指す

 既存産業を花形産業へ昇華するレガシーマーケットイノベーション(LEGACY MARKET INNOVATION)のプロフェッショナル集団クレストホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:永井俊輔、以下「クレストホールディングス」)は、2019年9月1日、創業57年の老舗木材・木製品製造業である株式会社東集(本社:東京都江東区、代表取締役社長:杉垣信義、以下東集)の株式を吸収分割によって取得し、子会社化することについて決議しましたので、お知らせいたします。

 クレストホールディングスは、既存産業を花形産業へ昇華する「レガシーマーケットイノベーション(以下「LMI」)」をスローガンに、イノベーション的アプローチによる市場成長性向上およびデジタル化の推進による効率化・生産性向上を通じて、レガシーマーケットに革新をもたらし市場・産業の成長に貢献してまいりました。自社傘下の株式会社クレストの「サイン&ディスプレイ」事業は年間約1,000社・累計約4,000社と取引を行う当業界上位シェアの事業で、旧来型の看板業のみに留まらずデジタル化やリテールテック技術の適応を通じて成長を続けています。また同じく傘下の株式会社インナチュラルの「IN NATURAL」事業はガーデニング用植物とファッション・雑貨品をあわせて販売するライフスタイルショップで、植物販売からの業態転換によって郊外を中心にシェアを拡大し、また同時に植物イノベーション事業への新規展開を進めています。

 一方で東集は、昭和37年の創業以来木材・木製品卸売業者として深く業界に根付き建築関連業界から信頼を集める老舗企業です。同木材卸売業界の中でも、創業時から集成材という領域に特化し現在に至るまで堅調に事業を継続させてきた企業になります。
 クレストホールディングスはこれまで自社で培ってきた既存事業のLMIの経験によって蓄積されたナレッジを、この度子会社化する東集に対しても再現することが可能であり、当該木材卸売業界に対する新たなイノベーションの創出を視野に入れております。

 これからもクレストホールディングスは、既存産業を花形産業へ昇華するLMIを通じて様々な業界にイノベーションをもたらし、レガシーマーケットに高成長・高利益率事業を生み出すことで、より良い社会の創造に貢献してまいります。

吸収分割前対象会社
■株式会社東集
設  立:昭和37年1月
代 表 者 :代表取締役社長  杉垣 信義
所 在 地 :東京都江東区平野2-17-5
事業内容:集成材、木質建材の製造、加工および施工
     集成材、木質建材の販売

吸収分割後の子会社
■株式会社東集
設  立:令和元年7月
代 表 者 :代表取締役社長  永井 俊輔
所 在 地 :東京都江東区辰巳3-15-10
事業内容:集成材、木質建材の製造、加工および施工
     集成材、木質建材の販売
資 本 金 :1,000万円(2019年8月現在)
U R L :http://to-shu.co.jp



■クレストホールディングス株式会社 会社概要
設  立:令和元年8月
代 表 者 :代表取締役社長 永井 俊輔
所 在 地 :東京都港区赤坂8-10-22 ニュー新坂ビル4階
事業内容:株式会社クレスト(サイン&ディスプレイ事業、リテールテック事業)
     株式会社インナチュラル(小売事業、造園事業)
資 本 金 :1,000万円(2019年8月現在)
U R L :http://crestholdings.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クレストホールディングス株式会社 >
  3. 既存産業を花形産業へ昇華するレガシーマーケットイノベーションのプロフェッショナル集団クレストホールディングス株式会社による、東集の子会社化に関するお知らせ