BCN AWARD 2017のマザーボード部門を受賞し12年連続日本国内販売シェアNo.1を達成

BCN AWARD 2017 MB部門最優秀賞受賞
ASUSTeK Computer Inc.(略称ASUS)は2017年1月12日、2016年の累計販売数量1位を表彰する「BCN AWARD 2017」のマザーボード部門において、年間販売シェアトップを達成して最優秀賞を受賞したことを発表いたしました。マザーボード部門での受賞は2006年の受賞から12年連続となります。

また、2017年はIntel CorporationのIntel Z270 Chipset、Intel H270 Chipset、Intel B250 Chipsetを搭載する200シリーズマザーボード14製品を1月4日に発表しており、13年連続シェアトップを目指して取り組んでいく予定です。200シリーズマザーボードについては特設Webサイト(http://www.asus-event.com/pdf/event/mb/200/)をご覧ください。

BCN AWARDは、株式会社BCNが家電量販店などのPOSデータを元に製品の販売数量を集計して決めているもので、各年の1月1日~12月31日までの集計データを元に製品ジャンルごとにもっとも販売数量が多かったメーカーに賞を与えるものです。
 

BCN AWARD 2017 MB部門最優秀賞BCN AWARD 2017 MB部門最優秀賞

 

ROG STRIX H270F GAMINGROG STRIX H270F GAMING
 

PRIME Z270-APRIME Z270-A

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ASUS JAPAN株式会社 >
  3. BCN AWARD 2017のマザーボード部門を受賞し12年連続日本国内販売シェアNo.1を達成