“クラウドファースト”が当たり前になった今、クラウドの導入・移行コストを半分にできる理由

クラウドを最適に活用する『JMAS Cloud Optimum Service for AWS』を提供開始

株式会社ジェーエムエーシステムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂倉 猛、 以下、JMAS)は、クラウド最適活用サービス「JMAS Cloud Optimum Service(J-COS) for AWS」として、JMASのクラウドサービスを一新しました。
お客様が抱える課題を解決するため、これまでのクラウドサービスに完全標準化されたテンプレートサービスの「運用共通プラットフォームサービス」を新たに加え、J-COS for AWSとしてサービスを提供開始しました。


J-COS for AWSは、コンサルティングから構築、運用、決済代行までクラウド活用を最適化する全てのサービスをワンストップで提供します。J-COS for AWSの各種サービスを組み合わせることにより、トータルでクラウド活用の最適化を図ることが可能です。

特に、「運用共通プラットフォームサービス」は、日本企業で標準的に必要とされる運用管理機能をAWSマネージドサービスで実装・テンプレート化することで、AWSに最適化された運用管理機能を実現する、JMAS独自のサービスです。

今後、クラウドの利用範囲は基幹システムや機密性の高いデータなどあらゆるシステムが対象となるため、クラウド上でシステム統制を実現する網羅的な運用基盤が重要となります。しかし、運用基盤は導入コストや非機能要件を策定できるIT管理者が必要となるなどの負担が大きく、クラウドを安全に活用するための最初のハードルとなっています。

JMASでは、この課題を解決するため、日本の非機能要件の標準規約として認知されているIPA非機能要求グレードに準拠した運用管理機能をAWS最適により提供します。

本サービスにより、AWS上に運用基盤を安価でスピーディに導入でき、導入後の管理やAWS利用料の負担を大幅に軽減できます。導入後は、クラウドの柔軟性や先進的なサービスを安全に活用し、ビジネスの成長に合わせたシステム追加を容易に展開できます。

■ 運用共通プラットフォームサービスの特徴
本サービスには3つの特徴があり、お客様は弊社が用意する要件定義テンプレートをチェックするだけで、短期間かつ安価に運用共通基盤の構築を実現します。

1.IPA非機能グレードを網羅した信頼性の高い運用基盤を標準装備
2.要件定義~設計のテンプレートとシステム定義テンプレートで設計、構築を大幅に短縮
3.AWSマネージドサービスで実装されるため、AWS利用費用が安く、サーバ運用も大幅に軽減


運用共通プラットフォームの詳細は、下記のWebサイトをご覧ください。
https://www.jmas.co.jp/aws/service/platform_service/

■JMAS Cloud Optimum Service(J-COS)for AWSについて
クラウドを最適に活用する「JMAS Cloud Optimum Service(J-COS)for AWS」の詳細は、下記のWebサイトをご覧ください。
https://www.jmas.co.jp/aws/j-cos/

■株式会社ジェーエムエーシステムズについて
【所在地】
 東京都港区海岸1‐16‐1 ニューピア竹芝サウスタワー18F
【設立】
 1971年11月(一般社団法人 日本能率協会より分離独立)
【代表者】
 坂倉 猛
【資本金】
 3億8,150万円
【事業内容】
 システムインテグレーション、ソフトウェア販売・導入、インフラ/ネットワーク構築、
 法人向けスマートデバイス導入・開発・プロダクト販売
【URL】
 https://www.jmas.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジェーエムエーシステムズ >
  3. “クラウドファースト”が当たり前になった今、クラウドの導入・移行コストを半分にできる理由