ECの自動出荷ツール「シッピーノ」が10月から料金を改定

全モール一律の月額料金+出荷数に応じた従量課金に。複数のECモール/物流倉庫との自動出荷連携がシンプルになります。

シッピーノ株式会社(神奈川県茅ヶ崎市)は、2018年10月よりEC店舗の出荷業務を自動化するサービス「シッピーノ」の料金体系を全面的に改定します。楽天市場やYahoo!ショッピング、ネクストエンジンなど、自動化対象のECモール・受注管理システムによって異なっていた料金を統一しました。一律月額9,800円(税別)からご利用いただけるようになります。
本領【背景】
現在600以上のネットショップが利用している「シッピーノ」は、2018年6月に行ったバージョンアップにより、大幅な利便性の向上を実現しました。バージョンアップにより、今までは不可能だった複数の物流倉庫からの自動出荷など、EC店舗の物流最適化を図ることが出来るようになった為、その概念に合わせて料金体系を一新しました。

【※バージョンアップによる主な変更点】
・商品毎に異なる物流サービスからの自動出荷が可能に
・複数店舗の受注、出荷を1つの画面で管理できるように
・シッピーノ上での再出荷依頼が可能に

【バージョンアップについての詳細はこちら】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000018627.html

【新しい料金体系の概要】

本料金体系のより詳しい情報は、シッピーノ公式サイトをご覧ください。
https://www.shippinno.net/

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シッピーノ株式会社 >
  3. ECの自動出荷ツール「シッピーノ」が10月から料金を改定