世界初、OSS をトークン化。開発者支援サービス”Dev”が参加 OSS の収益化を開始

〜βリリース以後のOSS累積DL数は27億超、第1弾スポンサーが決定!〜

開発者支援サービス“Dev”を運営するFRAME00株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:原 麻由美)は、2018 年 8 月の β リリース以後の参加 OSS の累積ダウンロード数が 27 億を超え、第1弾スポンサーが決定、収益化を開始したことをお知らせいたします。

■OSS デベロッパーの収益化を実現
“Dev” は、これまでの OSS(オープンソース)の持続的開発に関わる収益化問題を解決する初のソリューションです。デベロッパーは、OSS を登録しておくだけで報酬として ”Dev” を獲得することができ、ユーザーは OSS をダウンロードしたり、”Dev” を売買することでデベロッパーを支援できます。OSS のライセンスを変更する必要はありません。詳しいサービス概要と OSS の登録方法はウェブサイトをご参照ください。
公式ウェブサイト: https://devtoken.rocks/


■Dev バッジページをリリース、及び第1弾スポンサーが決定!
スポンサープログラムの開始と共に、"Dev" に参加する各 OSS の GitHub からリンクされるバッジページをリリースしました。バッジページには、現在の “Dev” 保有数のほか、投げ銭を受けられる QR コードとウォレットアドレス、スポンサー企業が表示されます。

この度 "Dev" は、第1弾スポンサーとして、サイオステクノロジー株式会社様を迎えることが出来ました。
スポンサー資金は、サービス向上のための開発費として使用するほか、Dev トークンの価値向上のため継続的な Dev トークンの購入費に使用し、OSS デベロッパーへの還元を行っていきます。

■スポンサープログラム概要及びキャンペーン
"Dev" のスポンサープログラムは、デベロッパーへのプレゼンスを向上できる特別なプログラムです。月間6億ダウンロードを超える "Dev" の参加 OSS ページにスポンサーロゴとメッセージを提示できるほか、OSS 支援企業として認証ロゴを配布いたします。
スポンサープログラムの開始を記念して、【2019 年 3 月末まで】期間限定のキャンペーン価格でスポンサー参加が可能です。本プログラムにご興味のある企業様はこちらまでお問い合わせください。

お問合せ窓口:hi@devtoken.rocks
 
■Devとは

人々の課題解決に挑むデベロッパーをトークンエコノミーで支援できるサービスです。世界初、OSS(オープンソース)をトークン化することで、OSS のダウンロード数を収益化する仕組みを実現。OSS に関わるプレイヤーが成長を共有できるエコシステムを構築し、イノベーションを加速します。

- Dev が実現すること

・OSS を登録しておくだけで報酬を獲得
・OSS のダウンロードがデベロッパー支援に
・仲介者を挟まず、手数料は永久に無料
・オープンソースに携わるすべての人への公平な還元
 
- 今後の展望/市場規模
2018 年 8 月の β リリース以後、Dev には国内外のデベロッパーが参加しています。今後は、デベロッパー、ユーザー、企業といった、OSS に関わるプレイヤーが成長を共有できるエコシステムを構築し、グローバルソフトウェア市場および 6000 万人のソフトウェア開発者の付帯マーケットの拡充を目指しています。

・公式ウェブサイト:https://devtoken.rocks/
・ブログ:https://medium.com/devtoken
・Spectrum コミュニティ: https://spectrum.chat/devtoken
・Twitter: https://twitter.com/devtoken_rocks
・メディアキット:http://bit.ly/dev__media-kit

■FRAME00 について

「すべてのイノベーターが評価され、持続的に挑戦できる社会をつくる」
私たちは、ひとりのイノベーターから生まれるムーブメントの力を信じています。テクノロジーによって、挑戦を始めることのハードルは下がりましたが、挑戦を継続するためにはまだ大きな課題が残っています。イノベーターの挑戦が評価され、持続できる仕組みを整えることで、より挑戦する人が増えていく。そんな「創造力が最大化した世界の実現」をビジョンに、新しいフレームを社会へと実装していきます。
https://corp.frame00.com/

■会社概要
会社名 :FRAME00株式会社
本社 :東京都渋谷区西原 3-38-12
代表 :原 麻由美
創業 :2015 年 8 月​
  1. プレスリリース >
  2. FRAME00 >
  3. 世界初、OSS をトークン化。開発者支援サービス”Dev”が参加 OSS の収益化を開始