モスクワ証券取引所グループ企業に、ブロックチェーン「Hyperledger Iroha(いろは)」が採用

ソラミツとモスクワ証券取引所グループの一社であるNSDは、分散型デジタル証券保管振替プラットフォームを開発し、機関投資家向けの仮想通貨などの暗号資産カストディサービスの試験運用を開始

 ソラミツ株式会社(共同最高経営責任者:岡田隆/武宮誠、本社:東京都渋谷区、以下「ソラミツ」)とNational Settlement Depository(ロシア連邦証券保管振替機関、以下「NSD」)は、D3ledgerを共同設立し、ソラミツがオリジナル開発者であるブロックチェーン「Hyperledger Iroha(いろは)」を活用した分散型デジタル証券保管振替プラットフォームを開発し、仮想通貨などの暗号資産のグローバルな預託サービス(以下、「本サービス」)の試験運用を開始しました。10月16日には、AddCapital Investment Fundが本サービスの試験利用を開始しました。本サービスのブロックチェーンサーバーは、NSD、KDD(スロベニア証券保管振替機関)、Lykke(スイスの仮想通貨交換所)に設置されています。

 D3ledgerは、ソラミツとオープンソースコミュニティによって構築されたHyperledger Iroha(いろは)ブロックチェーンを活用して、セキュアで分散型の預託決済サービスを提供します。 Hyperledger Iroha(いろは)は、分散台帳技術に基づく資産のトークン化を可能にし、高いレベルの信頼とセキュリティを提供します。 D3ledgerのネットワークは、YAC(ソラミツが開発した合意形成アルゴリズムで、1日に2,000,000件以上の保管と決済の処理が可能。https://arxiv.org/pdf/1809.00554.pdf)に基づいて構築されています。

 D3ledgerの共同設立者である武宮誠(ソラミツ共同最高経営責任者)は、「本サービスは、金融機関が資産を預託する上で、分散かつ安全な最良の方法です。今後、世界中の金融機関が暗号資産の取り扱いを拡大することに貢献するでしょう。」と述べています。

 岡田隆(ソラミツ共同最高経営責任者)は「本サービスは、暗号鍵の信頼性を向上させ、鍵の紛失時でも仮想通貨やトークンなどのデジタル金融資産の所有権を回復する能力をもたらします。」と述べています。

 D3ledgerブロックチェーンネットワークは、当初は下記の3つのノードで構成されています。
  • KDD(スロベニア証券保管振替機関)
  • NSD(ロシア連邦証券保管振替機関)
  • Lykke(スイスの仮想通貨交換所)
 D3ledgerの主な機能である分散化は、仮想通貨投資家や金融仲介業者にとって複数の利点があります。
  1. 十分なレベルの規制上の透明性があります。
  2. システムダウンのリスクはほとんどありません。
  3. 新しい地域へ容易に拡張ができます。
  4. ネットワークを介して各所有者を識別することにより、安全な所有権を確保できます。所有権の記録情報は、万が一パートナーのいずれかが破産した場合でも安全に守られます。
  5. 運営委員会と投票手続きを通じて、ブロックチェーンネットワークを安全・公平に管理します。
 


 D3ledgerは、分散台帳技術のCSDワーキンググループ発行のCSDレポート(https://issanet.org/e/pdf/2018-10_ISSA_report_Infrastructure_for_Crypto-Assets.pdf)に示されているように、暗号資産の投資家にとって安全で効率的な環境を構築するという緊急の課題に取り組んでいます。

 AddCapitalのマネージング・パートナーであるAlexey Prokofyev氏は、「私たちはプロ向けの金融市場に、多様な国の規制に正しく対応し、かつ、容易に暗号化資産の取引を管理する、シンプルで効果的なソリューションが欠けていることを理解しています。だからこそ、新技術による新たな金融ソリューションや金融商品の開発に取り組んでいます。私たちは、D3ledgerが大規模かつ強力なデジタル資産保管決済サービスになることを願っています。」と述べています。

 Lykkeの創立者兼CEO Richard Olsenは、「D3ledgerは、新しいデジタル市場のエコシステムの重要な柱になり、大規模な金融機関への導入に不可欠な、地理的に分散した保管決済サービスが可能になる。」と述べています。

 D3ledgerのソースはGitHubで公開されており、Lykkeのセキュリティ監査に合格しています。


■ ソラミツについて
ソラミツ株式会社(共同最高経営責任者:岡田隆/武宮誠、本社:東京都渋谷区、2016年2月創業、以下「ソラミツ」)は、オリジナル開発者としてブロックチェーンHyperledger Iroha(いろは)を開発し、2016年10月にHyperledgerプロジェクトに採択されました。現在はオープンソースコミュニティとともにブロックチェーンや関連ソリューションの開発を行っているフィンテックスタートアップ企業です。ソラミツはブロックチェーン技術を活用した、デジタルアイデンティティやデジタル資産を管理するための安全で便利な方法を開発することを目指しています。なお、ソラミツは、Decentralized World Economic System “Sora(XOR)”の開発にも取り組んでいます。詳細は、https://soramitsu.co.jpをご覧ください。

■ D3ledgerについて
D3ledgerは、分散型デジタル証券保管振替サービスの提供者です。D3ledgerは、NSD(ロシア連邦証券保管振替機関)とソラミツによって共同設立されました。詳細は、http://d3ledger.comをご覧ください。

■ Lykke Groupについて
Lykkeはスイスに本社を置くフィンテックの国際的な会社で、金融資産の自由な交換のためのグローバルマーケットを構築しています。 Lykkeの使命は、ブロックチェーンを含む革新的な技術を活用して財政を民主化することです。市場の非効率性を排除する。世界のどこからでも金融市場への平等なアクセスを促進する。あらゆる価値のある商品の取引をサポートすることです。詳細は、https://www.lykke.comをご覧ください。

■ AddCapitalについて
AddCapital Management Ltd.は、国際的な資産管理会社であり、運用資産残高は6,000万ドル以上です。 AddCapitalは、資格のある投資家や大規模な投資銀行に対して、幅広い革新的な投資戦略を顧客に提供します。AddCapitalは、資格のある投資家や大手投資銀行のための代替資産戦略と新しい金融ソリューションを創造することに重点を置いており、いくつかの国の規制と協力しています。詳細は、http://add.capitalをご覧ください。

■ 関連するwebサイト
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソラミツ株式会社 >
  3. モスクワ証券取引所グループ企業に、ブロックチェーン「Hyperledger Iroha(いろは)」が採用