「ハルエネ」と「ディーブレイズ」が協業し、福島で新電力サービスの販売開始

株式会社ハルエネ(本社:東京都豊島区、代表取締役:原田淳史 以下「ハルエネ社」)は、携帯ショップなどを福島県内に展開するディーブレイズ株式会社(本社:福島県福島市、代表取締役社長 半澤裕介 以下「ディーブレイズ社」)と新電力サービス「ハルエネでんき」の販売で協業を開始します。

 


<電力販売協業にあたり>
「ハルエネでんき」は、安心してご利用いただける電力を低価格で提供しています。そんな「ハルエネでんき」を福島県で展開するにあたり、「地元の企業として、丁寧な説明でより多くのお客様に『ハルエネでんき』をご紹介したい」とディーブレイズ社の半澤裕介社長。今後、ディーブレイズ社は、個人事業所などのお客様を中心に「ハルエネでんき」をご紹介していく予定です。

<ハルエネでんきとは>
2016年4月の電力自由化により誕生した新電力サービスです。法人のお客様を中心にご利用いただいていたサービスを、今後は個人のお客様にも展開していきます。

■ハルエネでんきの特徴
・リーズナブルなプランが充実
現在の電気代がさらにお安くなる各種プランをご用意しています。

・安心の供給品質
「ハルエネでんき」に切り替えても、電気は従来通りの品質でご利用いただけます。

・お申し込みだけで利用可能
特別な工事や、電気を使えない時間はほとんどありません※。
※スマートメーターへの取り替えが発生する場合、取り替え工事や一時的な停電が発生することもあります。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハルエネ >
  3. 「ハルエネ」と「ディーブレイズ」が協業し、福島で新電力サービスの販売開始