ロンドン、東京を拠点とするクリエイティブエージェンシー「monopo」が、プレゼンから納品まで、広告クリエティブ制作を100%リモートで行えるソリューション「Remote Natives」の提供開始。

53.6%の企業が、新型コロナウィルスの影響で制作を断念。断念理由の1位は制作に伴う「感染リスク」。

ロンドン、東京を拠点とするクリエイティブエージェンシー株式会社monopo(本社:東京都渋谷区 代表取締役 佐々木 芳幸 以下monopo)は、完全リモートで広告クリエティブが制作可能なソリューション「Remote Natives」を新たにスタートさせます。新型コロナウィルスの影響で多くの企業やブランドが、感染リスクを伴うクリエティブ制作を断念せざるを得ないという状況にあります。今回のソリューションでは、新型コロナ以前からmonopoが東京/ロンドン2拠点での制作を通じて培ってきた"リモートワークネイティブ"スキルをベースに、オリエンから企画、撮影、納品までを、クライアント企業様はもちろん、スタッフ全員が一度も集まることなく、すべてリモートで完結させ感染リスクを抑えた制作を実現します。

 

WEBサイト https://monopo.co.jp/

【広告クリエイティブ業界の現状】元の環境に戻るのをただ待つのか、それとも環境に適応するのか。
 monopoのパートナー企業を中心とした広告主各社へのアンケート調査結果によると、53.6%の企業がクリエイティブ制作を断念せざるを得ない状況に置かれています。断念する理由の上位3つは「感染リスク」「広告費の抑制」「リソース不足」であり、特に「感染リスク」を理由とした中断は、広告産業における大きな機会損失と言えます。新型コロナウィルスによる影響の長期化を予想する声もある中で、monopoは元通りの生活に戻ることをただ待つのではなく、この環境に適応した完全リモートで制作が行えるソリューション「Remote Natives」の開発を進めてきました。

【monopoが実現できる理由】リモートでできないことは、ほとんどない。
 新型コロナ問題以前からmonopoはロンドン、東京という2つの拠点がある特性上からリモートによる制作が求められてきました。また、それぞれの拠点単体で見ても、外部パートナー/クリエイターと共創する形を採ってきたため、ある意味リモートワークは当たり前、いわばリモートワークネイティブという環境にありました。今回の事態を受け、これまではリモートで行ってこなかった「プレゼン」や「撮影」、「編集」も全てリモートで行える新たな制作フローを確立したのです。


<ソリューション全体像>プレゼンから企画、撮影、納品まで全てリモートで行えるクリエイティブ制作フロー


<ソリューション例1>リモートによる撮影「リモートシューティング」
キャストへ、グリーンバック・カメラ・照明・衣装を送付。ZOOMでディレクションを行う。

 

 

<ソリューション例2>リモートによる編集「リモートエディティング」
クライアント企業様がリモートで立会い、ディレクターがリモートでディレクションを行う。

 

 

<ソリューション例3>フルCG化
世界中のCGアーティスト、アニメーターとタッグを組み、中止になってしまった実写プランをフルCGで実現。

 


 

< 制作内容例 >
・動画制作
・スチール撮影
・ブランドアイデンティティ/ロゴデザイン
・Webサイト制作
・サービス企画、UI/UXデザイン
・その他 広告クリエイティブ活動全般


< 過去のフルリモート制作実績 >

mercari / MERCARI SANS ANIMATION AND WEBSITE
https://design.mercari.com/mercari-sans/

株式会社メルカリが生み出した独自のフォント「Mercari Sans」のアニメーションとウェブデザインをmonopoで制作しました。このプロジェクトは、クライアントおよび制作パートナーとのやりとりのほとんどがリモートワークによって進行しました。ページ内の動画も、撮影は行わず、すべてデスクトップで完結するアニメーションを用いることで作り上げました。

 

CELLULAR AGRICULTURE SOCIETY / WEBSITE REDESIGN
https://www.cellag.org/

国際的な非営利団体 「CAS (the Cellular Agriculture Society)」のWebサイトリニューアルを行いました。クライアントはマイアミ、Web制作はロンドンと東京、アニメーション制作はフランスというリモートワークを強いられる環境下で、ストラテジー、デザイン、UI/UX設計、コピーライティングを一貫して担当しました。



(参考)
「新型コロナウィルス問題の広告クリエイティブ制作への影響に関する調査」
・対象:monopoのパートナー企業を中心とした広告主各社を対象にアンケート調査を実施
・実施期間:2020年4月14日-4月16日
・回答:27社

Q1.新型コロナウィルスを受け、クリエイティブ制作を中断しているか。
中断している53.6%・継続している46.4%


Q2.中断している場合、その理由は何か。(複数選択可)
感染リスクの懸念28%・広告予算の減少24%・(制作だけでなく)広告自体の中断21%・業績の低下14%・広告代理店/制作会社の意向7%・在宅勤務によるキャパシティの減少3%・その他3%

 

Q3.広告/クリエイティブの予算は昨年同時期と比べ減少しているか。
減少74.1%・増加3.7%・変化なし22.2%

 


Q1で継続と回答したクライアントのうち、予算規模が前年比で縮小している割合
縮小している81.8%・縮小している18.2%



【株式会社monopo会社概要】
東京、ロンドンを拠点にグローバルなコミュニティベースのクリエーティブエージェンシーとして、様々な国内外のブランドにサービスを展開。"A BRAND OF COLLECTIVE CREATIVITY”をビジョンに掲げ、ブランディング・広告・PRを中心に様々な領域において、様々な個人が持つアイデアや創造性を共に発揮できるようなコミュニティ作りを目指している。2019年、ロンドンに子会社monopoLondon.Ltdを設立。自社プロジェクト『poweredby.tokyo』では、東京の知られざる魅力を世界に発信中。

設立  2011年
代表者  佐々木芳幸
所在地  150-0001 東京都渋谷区神宮前5-6-5 Path表参道A棟3F
従業員数  約30名(インターン含む)
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社monopo >
  3. ロンドン、東京を拠点とするクリエイティブエージェンシー「monopo」が、プレゼンから納品まで、広告クリエティブ制作を100%リモートで行えるソリューション「Remote Natives」の提供開始。