2017年度ソーシャルビジネス支援プログラム プロボノ支援先決定のお知らせ

採択3団体と半年間の協働を開始

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村林 聡)は、社会貢献活動の中核的施策として、『ソーシャルビジネス支援プログラム』を実施しています。このたび、ご応募いただいた全64団体の中から書類選考を通過した6団体によるプレゼンテーション選考会を行い、下記の3団体を2017年度のプロボノ支援先に採択しましたので、お知らせします。

 

団体名 ※個別名称五十音順 代表者  主な事業内容
特定非営利活動法人
e-Education
(東京都千代田区)
三輪 開人 ・日本の地方の公立中学校に対する「Web交流サービス」の提供
・地方行政を顧客としたソーシャルビジネス事業
・学校及び地方行政に関する市場調査と分析
・ソーシャルビジネス事業計画の策定
URL:http://eedu.jp/ 
特定非営利活動法人
寺子屋プロジェクト
(京都府京都市)
荒木 勇輝 ・子どもから大人まで幅広い世代が集まる学びの場のデザイン/運営
・プログラミング学習や探究学習などの主に小・中学生を対象にした教育サービスの運営
・教育に関心を持つ社会人/大学生向けの研修プログラムの企画/実施
URL:http://teraschool.jp
株式会社Little Japan
(東京都台東区)
柚木 理雄 ・人口減少により、需要がなくなり空き家となった住居を活用し、増加する外国人旅行者に向けた宿泊・飲食施設「Little Japan」の運営
・日本好きの外国人のニーズの把握及びニーズと地域の資源のマッチングによる新たな事業の創出
URL:http://www.littlejapan.jp/

 

 上記3団体の皆さまとは、当社のプロボノメンバーとともに半年間の協働を行います。「ソーシャルビジネス支援プログラム」の概要や今後の予定等については、下記URL、もしくはリリース全文をご参照ください。
http://www.murc.jp/corporate/sustainability/social_business
(全文)http://www.murc.jp/publicity/press_release/press_170629.pdf

 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社では、今後もソーシャルビジネスに取り組む事業者の皆さまへの支援を通じ、社会課題解決のスピードアップとインパクト拡大に貢献してまいります。

                                             以 上

【本件に関するお問い合わせ】
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 環境・社会貢献担当 奥野、小神野
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2オランダヒルズ森タワー
TEL:03-6733-1005  E-mail:sb-murc@murc.jp
【報道機関からのお問い合わせ】
コーポレート・コミュニケーション室 広報担当 村田、島林
TEL:03-6733-1005 E-mail:info@murc.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 >
  3. 2017年度ソーシャルビジネス支援プログラム プロボノ支援先決定のお知らせ