Googleと共同でアプリインストールの不正を防止

Google Play APIが提供するデータをTUNE Fraud Prevention Solutionに統合することにより、マーケターはモバイルアプリのクリックインジェクション不正の防御が可能に

北米最大手のモバイル効果の測定・分析ソリューションを提供するTUNE(読み方:チューン)は、本日、Googleと共同で取り組んできたモバイルアプリの広告不正(アドフラウド)対策の成果を発表しました。これは、クリックインジェクション( https://help.tune.com/marketing-console/analyzing-lag-time-between-click-and-install/?utm_source=3rd-party&utm_medium=press-release&utm_campaign=TUNE_Google_Click_Injection )として知られるAndroid上で増加しているタイプの不正に対して根本的な解決をもたらすものです。

クリックインジェクションは、モバイルデバイスにインストールされたボットまたはマルウェアなどの人間でない動作主体が、正常なアプリインストールのアトリビューションクレジットおよび広告費を不正に取得しようと試みるプロセスです。これは、ユーザーがアプリをダウンロードしてから最初に起動するまでの間に、スクリプトまたはボットが偽の広告クリックを行うことによって発生します。2017年には、世界中で支払われる広告費全体のうち1390億ドル( https://www.emarketer.com/Report/Worldwide-Ad-Spending-eMarketer-Forecast-2017/2002019 )がモバイル広告に使われ、推定75億ドル(https://totalaccess.emarketer.com/Login.aspx?ReturnUrl=%2fchart.aspx%3fr%3d212287&r=212287)が米国のマーケターによってモバイルアプリのインストール広告に費やされると推定されています。TUNEは、クリックインジェクションがモバイルアプリのインストール不正全体の30~40パーセントを占め、マーケターの損失は5~7億ドルにのぼると推定しています。

このような拡大しつつある問題に対処するため、Googleは先日新たにPlay Install Referrer APIを立ち上げました。これにより、TUNEのような計測プロバイダーがアプリのエコシステムの中でクリックインジェクションを大幅に減少させることが可能になります。TUNEは、新たなGoogle Playリファラルデータを統合するモバイル計測ソリューションプロバイダーの一つです。新たなGoogle Playリファラルデータは、アプリのダウンロードが開始された正確な時間をTUNE Marketing Console( https://www.tune.com/solutions/tune-marketing-console/ )に直接提供します。

アプリのインストール開始時間の詳細を明らかにする匿名データを有する新たなGoogle Playリファラルデータは、TUNEの誇るアプリアトリビューション分析と組み合わせることで、アプリが最初に起動した時間と、アプリのダウンロードから最初に起動するまでの間に発生したすべてのクリックとイベントを取得します。これにより、マーケターは、クリックインジェクションが引き起こす不正なアプリインストールを排除して正確な計測を行うことができます。TUNEを利用してGoogle Play上のアプリダウンロードを計測しているマーケターは、顧客の真のダウンロードに影響を与えずに、不正なクリックインジェクションを識別して最終的には一掃できる新しいツールを手に入れることになります。

TUNEの最高経営責任者(CEO)であるピーター・ハミルトンは次のように述べています。「この2年間、TUNEは、マーケターと広告パートナーの連携を可能にしてアドフラウドに対抗する新しいツールを構築してきました。そして現在、TUNEは最も細やかなアプローチで業界をリードしています」「それでもこの中で欠けていたのは、プラットフォーム自体と直接連携することでした。今回のGoogleとの協業が大きな力を持つのはこのためです。このGoogleとのデータ接続は、不正なクリックインジェクション行為を根絶するためにまさに業界が必要とするものであり、これによってアドフラウドの3分の1近くが即座に消失するでしょう。Googleの素晴らしいチームとの連携がこれからも継続し、マーケティングをこれまで以上に説明責任を果たせるものにすることを楽しみにしています」。

これは、Google Play上で自分たちのアプリがダウンロードされるように時間と費用を使うマーケターとアプリ開発者にとっても大きな意味のある勝利です。毎年無駄に支払われているマーケティング費用のうち推定70億ドルは、質の低いトラフィックとモバイルアプリのインストール不正によるものです。クリックインジェクションの広告不正をなくすことによって、マーケターがGoogle Play上で獲得する顧客の質も向上するでしょう。

TUNE Marketing ConsoleおよびTUNE Fraud Prevention Solutionが、どのようにしてアドフラウドのリスクを低減しつつマーケティングの取り組みへの注力を可能にするかについて詳しくは、こちら
https://www.tune.com/solutions/tune-marketing-console/mobile-ad-fraud-detection-prevention/?utm_source=3rd-party&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=TUNE_Google_Click_Injection )で確認できます。


TUNEについて

TUNEは、モバイルマーケティングのリーディングカンパニーとして、スマホアプリの新規ユーザー獲得から既存ユーザー活性化までをサポートするマーケティングプラットフォームであるTUNE Marketing Consoleをマーケターに提供しています。TUNE Marketing Consoleは、多くの高収益を上げるアプリの運営企業などに採用されています。TUNEはペイドメディア、オウンドメディア、アーンドメディアに渡る効果計測やアトリビューション分析をTUNE Marketing Consoleという一つのソリューションに統合します。TUNEは本社を米国ワシントン州シアトルに構え、全世界9箇所にオフィスを開設、全従業員数300名以上を有しています。日本では2013年からビジネスを展開し、日本オフィスは2016年1月に東京に開設しました。TUNEのソリューションは、モバイルマーケティングの効果測定検証のために、エクスペディア、セフォラ、エレクトロニック・アーツ、CVS、サブウェイ、ニューヨーク・タイムズ、LINEを含む多数のグローバル企業に採用されています。詳細はhttps://tune.com/でご覧いただけます。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Tune, Inc. >
  3. Googleと共同でアプリインストールの不正を防止