WantedlyがAirbnbを利用し、学生の負担を軽減 就職活動で上京する地方学生の宿泊費を支援するキャンペーンを実施

 シゴト交流サイト「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、世界最大手のコミュニティ主導型マーケットプレイスのAirbnb(エアビーアンドビー)を利用し、本日2017年3月8日(水)から2017年3月31日(金)まで、就職活動で上京する学生先着20名を対象に、宿泊費を50%キャッシュバックするキャンペーンを実施いたします。

キャンペーン実施の背景 

 シゴト交流サイト「Wantedly」は、現在10万人を超える学生ユーザーに利用されており、昨年2016年では1万4千件以上の学生向けの募集が掲載され、インターンシップや就職活動にも利用されるツールの一つになってきています。
 ウォンテッドリーでも年間100名以上の学生インターンを受け入れており、その中には地方の学生も多く、インターンのために上京してもらう際にはAirbnbを利用し、地方学生の宿泊場所を確保してきました。地方学生にとって、交通費や宿泊費の負担は大きく、「Wantedly」を利用する地方学生が不利になることなく就職活動を行えるよう、予てより支援を行いたいと考えておりました。
 実際に、サポーターズが行なった調査※によると、地方学生の就活にかかった平均費用は関東学生の平均と比べて約6万円も高く、27.3%が就職活動のために5回から10回上京し、43.9%が2日から3日滞在していると回答しています。
 今回、春休みのインターンや就職活動が活発化してくる時期に合わせて、Airbnbを利用したキャンペーンを実施することで、地方学生にも均等にチャンスが与えられ、住む場所に関わらず就職活動に挑める環境を提供していくきっかけにしていきたい所存です。

※株式会社サポーターズが2017年卒業見込みの日本全国の大学生545名を対象に行った、就職活動に関する実態調査(https://voyagegroup.com/news/press/676-2/


キャンペーン概要
 今回は、2017年3月8日(水)から2017年3月31日(金)の期間で、「Wantedly」を利用している地方から就職活動で上京する学生、先着20名を対象に、最大1週間分の宿泊費を50%キャッシュバックさせていただきます。

キャンペーンページ:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc6D01M56bE7pyVA2Kt2uGMfv5XMu33EQyGTfWO9daxPzEtrw/viewform


ウォンテッドリー株式会社について
 ウォンテッドリーは、『シゴトでココロオドル人をふやす』を企業理念に、ビジネスSNSを軸としたサービスを展開しています。シゴト交流サイト「Wantedly」は、2012年2月の公式リリースから現在まで利用企業社数2万社、月間利用ユーザー数150万人を超え、全てのビジネスパーソンにとって様々な出会いを提供するプラットフォームを目指しています。

<会社概要>
会社名  : ウォンテッドリー株式会社
URL     : https://www.wantedly.com
本社所在地: 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4F
代表取締役: 仲 暁子                                    
設立   : 2010年9月
事業概要    :  月間150万人が利用するビジネスパーソン向けのシゴト交流サイト「Wantedly」
       ビジネスチャット「Wantedly Chat」
       もっとつながる名刺管理「Wantedly People」
       企業、個人がセルフブランディングするためのブログメディア「Wantedly Feed」
       社内ツールの口コミサイト「Wantedly Tools」
       すべてのクリエーターのためのポートロフォリオサイト「Wantedly Case」
       ビジネス用ニュースアプリ「栞(Wantedly News)」
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウォンテッドリー >
  3. WantedlyがAirbnbを利用し、学生の負担を軽減 就職活動で上京する地方学生の宿泊費を支援するキャンペーンを実施