「ヴィーガンうどん」はじめました。

東京都港区の麻布十番商店街にある「麺キュイジーヌ 麻布邸」は、「ヴィーガンうどん」を始める。
麻布十番商店街周辺は、23カ国の大使館や領事館などが点在し、「ヴィーガン」や「ベジタリアン」が多く、従来から潜在的需要があり、コロナ禍でも対応が可能かどうかの問い合わせが多数寄せられていた。

同店は「うどん」をメインとした麺類を化学調味料は一切使用せず、昆布や椎茸に加え、かつおや煮干しなどの天然素材のみで作ったお出汁で提供している。しかしながら、同社の若干細めで、もちもち感のある麺と良く絡み、且つ、かつおや煮干しなどの「動物性食材」を使用せず、「美味しい」と自信を持って提供できる「野菜出汁」の開発には非常に苦慮した。しかしながら、結果的には出汁だけに頼るのではなく他の食材との調和による「うま味」を追求することで、同店オリジナルの「ヴィーガンうどん」が生み出された。

まずは、京都五条の「百味飲食(ひゃくみおんじき)」から提供された「ヴィーガン薬膳カレー」をベースに「三浦野菜の薬膳ヴィーガンカレーうどん(1,180円+tax)」、担々麺をイメージさせる「大豆ミートと三浦野菜の豆乳うどん(1,100円+tax)」、サラダ感覚で涼味溢れる「九条ネギのうま味たっぷりうどん(1,050円+tax)」の三種類を提供する。いずれも新鮮で、うま味たっぷりの三浦野菜との相性が抜群で、ヴィーガン以外の方にも楽しんで頂けるものとなっている。





また、7月から9月の3ヶ月間限定で、「涼味うどん」も提供する。
すっきりしたスダチの香りで食欲を増進させる、「すだちおろしうどん(1,080円+tax)」、熱中症予防に「紀州南高梅と三浦大根のうどん(950円+tax)」、夏バテ解消に「国産黒酢と三浦野菜のうどん(1,080円+tax)」、いずれも「身体の中から健康に!」をテーマとしており、「涼味うどん」を食することで、是非、今年の猛暑を乗り切って頂きたい。
 


なお、店舗内では、コロナ対策として、入店時のアルコール消毒をお客様にお願いすると共に、対面での飛沫感染を防ぐために各テーブルにアクリル板を設置し、スタッフは、全員、フェイスシールドを着用しており、徹底した対策を行っており、安心してお食事をお楽しみいただけます。

お問い合わせは、

株式会社フードビジネスコンサルタント 
〒541-0048 大阪市中央区瓦町2-6-2 m-box上町 2階  
TEL 06-4963-2318   担当 中川 nakagawa@mie-lab.com

麺キュイジーヌ 麻布邸
〒106-0045 東京都港区麻布十番1丁目9−9
TEL03-6441-0351   担当 小口
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フードビジネスコンサルタント >
  3. 「ヴィーガンうどん」はじめました。