~斎藤工、南海キャンディーズ山里亮太がパラリンピアンと共に審査~パラスポーツ絵画・作文コンテスト2017大賞発表!

絵画部門受賞作品の新国立競技場(仮囲い)掲出決定

この度、日本財団パラリンピックサポートセンター(以下、パラサポ)は、パラスポーツ絵画・作文コンテスト 2017につきまして、下記の通り各部門の大賞作品、その他入賞作品を決定しました。
本コンテストは、パラスポーツの体験・観戦、イベント参加、国内外のパラアスリートの著書や記事、報道から感じたこと、自身の体験を絵画または作文で表現するというもので、7月19日から9月29までを応募期間として、実施されました。

 

 

絵画部門特別審査員:俳優・フィルムメーカー斎藤工絵画部門特別審査員:俳優・フィルムメーカー斎藤工

 

作文部門特別審査員:南海キャンディーズ・山里亮太作文部門特別審査員:南海キャンディーズ・山里亮太

 

絵画部門特別審査員として俳優・フィルムメーカーの斎藤工氏、作文部門特別審査員としてお笑い芸人の南海キャンディーズ・山里亮太氏も参加し、パラリンピアンを含む審査委員会での審議の結果、各部門 から 3(小・中・一般から1作品)作品ずつ計6作品の大賞をはじめ、各賞が決定しました。また、絵画部門受賞作品について、大賞発表日(2017年11月29日)より、2018年3月31日までの期間、“新国立競技場建設現場の仮囲い“へ掲出いたします。作品を、スポーツイベントのシンボルとなる新国立競技場建設現場の仮囲いに掲出することにより、より多くの方々にパラスポーツに関心を持っていただく機会となることを目的としています。

大賞作品は、本コンテスト公式サイトに11月29日00時より掲載します。
https://www.parasapo.tokyo/contest/2017sakuhin/
  
【特別審査員コメント】
絵画部門 斎藤工
エネルギーに溢れた作品が多くかなり皆で迷い審議を重ねました
中でもパラスポだからこその特性を生かした心躍る作品を選ばせて頂きました
個人的にも貴重な時間でした。

 

審査時の様子 左から斎藤工、日本財団パラリンピックサポートセンター会長 山脇康審査時の様子 左から斎藤工、日本財団パラリンピックサポートセンター会長 山脇康

 

 

 

 作文部門 南海キャンディーズ・山里亮太
パラスポーツを通して見えるものが分かりやすく、
書いたみんながパラスポーツの楽しさを知ってほしいという気持ちが文字に溢れてました!
読んでるだけで会場に行きたくなるものばかりでした。

 

左から:田口亜希(ロンドンパラリンピック射撃日本代表)、山里亮太、根木慎志(シドニーパラリンピック車いすバスケットボール日本代表キャプテン)左から:田口亜希(ロンドンパラリンピック射撃日本代表)、山里亮太、根木慎志(シドニーパラリンピック車いすバスケットボール日本代表キャプテン)

 

 

 

       記
【主催】日本財団パラリンピックサポートセンター
【後援】スポーツ庁、独立行政法人日本スポーツ振興センター、朝日新聞社
【テーマ】 パラスポーツの体験・観戦、イベント参加、国内外のパラアスリートの著書や記事、報道から感じたこと、自身の体験を絵画または作文で表現

【結果発表】2017年11月29日(水)
「パラスポーツ絵画・作文コンテスト2017」公式ホームページにて発表
公式サイト https://www.parasapo.tokyo/contest
2017年度受賞作品ページ https://www.parasapo.tokyo/contest/2017sakuhin/
【表彰式】平成30年1月中旬

【新国立競技場建設現場仮囲いへの掲出作品】絵画部門受賞作品 計8点
【掲出期間】2017年11月29日(水)~2018年3月31日(土)
※掲出日が雨天の場合順延
【掲出場所】新国立競技場建設現場仮囲い 青山門 聖徳記念絵画館側

 

 


大賞をはじめ受賞作品は公式サイトをご参照ください。

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 日本財団パラスポーツサポートセンター >
  3. ~斎藤工、南海キャンディーズ山里亮太がパラリンピアンと共に審査~パラスポーツ絵画・作文コンテスト2017大賞発表!