~未来を拓くテクノロジーでイノベーションに挑戦する起業家・経営者を支援~「未来テック会員」募集開始のお知らせ

今年度の年会費(30万円/年)は無料!!

ドローン操縦技術に関する資格認定事業を行う一般社団法人ドローン操縦士協会(略称: DPA=ディーパ/理事長 小林一郎)は、ドローンをはじめとする新技術を用いて、イノベーションの実現に挑戦する起業家・経営者を支援することを目的とし、新たな会員制度「未来テック会員」の募集を開始しました。
 


  新しい技術がイノベーションを引き起こし、既存の産業を破壊、新しい産業を創出、社会構造を変革する時代になりました。DPAは、このような時代のトレンドの萌芽をいち早く察知し、マーケットに対して挑戦する起業家、経営者を応援するため、新たに「未来テック会員」創設しました。
  協会理念である「ドローンに関する諸問題を解決し、先なる時代の航空安全と産業利活用の拡大」の実現に向けて、未来テック会員の持つ先進技術やサービスと、DPAのドローン分野における広範なネットワークや専門知識を融合することにより、「空の安全を技術で守る」啓蒙活動に繋げてまいります。 ドローン・ロボティクス・AI(人工知能)・IoT(Internet of Things)・フィンテック・ブロックチェーン・ビッグデータなど、未来を拓くテクノロジーの分野で卓越した実績があり、DPAの活動に賛同し、ご参加頂ける企業・団体が対象です。会員特典として、ドローン・AI・ロボティクス・IoTに関連する企業経営者、投資家等、DPAのネットワークを通じて様々な分野の専門家から戦略的事業アドバイスを受けることができます。「未来テック会員」の創設を記念し、今年度の年会費(30万円/年)は無料です。
 


◆未来テック会員・入会手続きの流れ
  未来テック会員へ興味を持たれた方、入会を検討してみたいという方は、電話、FAXまたはEメールで、事務局までお気軽にお問い合わせ下さい。入会のご案内書をお送り致します。
  入会申込書の受領後、5営業日以内に代表者面談日のご連絡を致します。代表者様とのご面談では、双方にとって有効な連携(共同研究・人材交流・プロジェクト活動等)について協議を行います。
※理事会で正式承認となります

 

 

◆TOKYO IPOの連載企画「ドローン視点で読み解く未来航路2020」がスタート
  IPOから東証一部上場企業まで、企業価値を高めるIR活動を支援する株式会社フィナンテックが運営する国内最大級のIPO情報サイト「TOKYO IPO」にて、「ドローン視点で読み解く未来航路2020」と題し、連載を開始致しました。初回のDPA理事長小林一郎による「ドローンビジネスの展望」を皮切りに、月に1回のペースで、未来を拓くテクノロジーの分野で活躍する企業の代表と小林理事長との対談を掲載予定です。
*東京IPOレポート特別編:「ドローン視点で読み解く未来航路2020 Vol.1」:
  http://www.tokyoipo.com/blog/pickup/?p=384


【一般社団法人ドローン操縦士協会について】
昨今のドローンの急速な普及に準じて、 ドローンを有効活用する産業分野は増え続け、 ドローン使途の幅は一気に広がっています。 一方で、 ドローン操縦士の技術・技量および飛行に関する関連法制への理解が、 ドローン実用化の進展に追いついておらず、 重要な建築物(首相官邸・有名神社・城郭など)への落下事件が相次ぎ社会問題化しています。DPAは、 ドローンに関連する諸問題を解決すべく、 ドローン操縦技術に関して認定ライセンス制度を構築しドローン操縦士の技能認定を行うことにより、 ドローンの先なる時代の航空安全と、 ドローン産業の発展を促進致します。

【一般社団法人ドローン操縦士協会 概要】
名称   :一般社団法人ドローン操縦士協会(略称:DPA=ディーパ)
代表   :理事長 小林 一郎
設立日:2016年6月15日
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-38-3 フォルム7110ビル 201号
HP   :  https://d-pa.or.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人ドローン操縦士協会(略称:DPA=ディーパ) >
  3. ~未来を拓くテクノロジーでイノベーションに挑戦する起業家・経営者を支援~「未来テック会員」募集開始のお知らせ