VR でオープンキャンパスを実現する VR Campus のキャンペーンが大好評につき、COVID-19(新型コロナウィルス)対策として、追加の値引きを敢行。中学、高校や一部の大学では、さらに半額に!

VR Campus は、オンラインで参加できる VR のオープンキャンパスを実現します。VR 内に模擬授業や相談窓口などを設置して、よりインタラクティブに受験者およびその保護者との接点を増やします。

令和 2 年 6 月 11 日より受付を開始した、年額 60 万円の VR Campus が、初年度 98,000 円で提供を開始したところ、問い合わせが殺到し、学校に規模に応じて、もっと低い予算でもできないかとのご相談も多くいただきました。そこで、一程度の規模である中学、高校、短大、大学の一部については、その半額程度の初年度限定 5 万円で、VR Campus を提供します。もちろん、プロのカメラマンが、簡易型の 360° カメラではなく、結婚式で使われるバンケット用カメラで撮影するため、品質も高く、それが、5 万円から申し込みできるのは、前代未聞です。地方と都市部の受験先の選択の格差を是正したいため、この価格で提供をすることを赤字覚悟で挑戦します。
【本 COVID-19 (新型コロナウィルス)対策の概要】

FOSCHIA JAPAN株式会社は、VR でオープンキャンパスを実現するサービスである、VR Campus を、令和 2 年 6 月 11 日から、令和 2 年 8 月 31 日までの受注分について、通常年額 60 万円のところ、COVID-19 (新型コロナウィルス)対策として、特別価格の 98,000 円で提供を開始した。

問い合わせが多く寄せられ、学校自体の経営に関する悩み相談も含まれており、もう少し安い値段でお試ししたいというご意見もあったことから、令和 2 年 6 月 15 日から、令和 2 年 8 月 31 日までの間、学校の規模により、さらに半額程度の、初年度限定で 5 万円で提供することとした。

主に対象となるのは、高校や短大、専門学校などであるが、一部の大学も含まれるので、一度問い合わせを行い、学校の敷地面積やどの程度の公開をするのかを相談することで、費用を抑えられる可能性が高い。見積もりや事前の打ち合わせなどは、すべて無料となっているため、気軽に相談ができる。
 

VR Campus とは
 

VR Campus についておさらいをしておくと、オープンキャンパス開催時に撮影をするのではなく、あくまでも、通常の状態で学校を撮影し、VR にしたのちに、学校案内や資料請求、模擬授業など、オープンキャンパスを体現できるコンテンツを、テキストや動画などを VR 内に埋め込むことにより、オープンキャンパスを再現するものである。

実際の事例としては、動画コンテンツ内に「交通費時補助チケット」とつけたり、VR 内で「宝探し」をさせて、グッズをプレゼントしたりと、楽しめるコンテンツにしている学校が多い。

また、多言語化もしやすいため、外国人留学生を受け入れしている学校は、海外に住んでいる学生向けに VR のヴァーチャルツアーを来日前に見せることができ、学校の良いアピールポイントにもなる。

何故、COVID-19 (新型コロナウィルス)対策をするのか

VR であれば、原則としてインターネットと、視聴する端末(パソコンやスマートフォン、タブレット端末など)さえあれば、いつでも、どこからでもアクセスすることができ、密集を避けることができる。この点で、VR という選択肢は、アフターコロナ、ウィズコロナの時代にマッチしたサービスであると言える。

COVID-19 (新型コロナウィルス)対策が提供される理由

FOSCHIA JAPAN (フォスキアジャパン)株式会社は、国連グローバルコンパクトに加盟し、SDGs を推進していく立場にあり、SDGs #4 質の高い教育をみんなにを主軸とした企業経営をしており、その経営判断の中で、COVID-19 (新型コロナウィルス)対策を提供することを決めた。

規模により、98,000 円か、50,000 円かどちらかで提供されるが、従来、60 万円の年額費用を考えると、赤字での提供となる。

プロのカメラマンの人件費が、1 日日当で 30,000 円、その後の VR に変換する工程で、5 ~ 10 日程度 × 処理担当の 1 日の人件費、12,000 円 で、60,000 ~ 120,000 円と人件費だけで、ほぼ赤字に陥り、サーバー代も含めると、初年度で黒字化することはない。

しかも、継続は任意であるため、次年度以降で黒字化をさせる必要性も、FOSCHIA JAPAN 株式会社としては、さほど重要視していない。赤字分は、経理上広告宣伝費として計上し、その他の事業の売上でカバーするからだ。FOSCHIA JAPAN 株式会社自体も教育事業を手がけており、教育におカネがかかるのは百も承知で、それを理解するからこそ、本支援策を実行する。

重要なのは、COVID-19(新型コロナウィルス)の問題で、学校にも通えない時期があり、さらにはオープンキャンパスの機会も減り、来年度の受験の体制もどうなるのかが不透明な学生に対して、少しでも明るい話題を提供したいという思いであり、これが、SDGs の基本的な考え方である「誰ひとりとして取り残さない」に合致しているということである。

また、地方の学生が都心部の大学を見てみたい、また反対に都市部の学生が、地方の学校を見てみたいという意思があるにも関わらず、交通費を捻出できないで諦めるなどのケースが多くあり、またオープンキャンパスの開催日程も重なることから、受験前の選択肢を狭めている現状を打破する意図もある。

より多くのワカモノにとり、学び機会、学びへの欲求、学びの選択肢の担保を目指し、本キャンペーンを実施する。

お問い合わせは、下記のホームページから行える。

https://vr-campus.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FOSCHIA JAPAN株式会社 >
  3. VR でオープンキャンパスを実現する VR Campus のキャンペーンが大好評につき、COVID-19(新型コロナウィルス)対策として、追加の値引きを敢行。中学、高校や一部の大学では、さらに半額に!