「積木製作」BIM・VR/ARを中心とした先端技術に特化した技術コンサルティングサービスの提供を開始

VRシミュレーション等の自社アプリケーション開発を技術支援

VR/ARコンテンツ,BIM,建築ビジュアライゼーション制作の株式会社積木製作(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:城戸太郎)はVR/ARを中心とした先端技術に特化した技術コンサルティングサービスの提供を開始致しました。
【背景】
コロナ禍による大きな社会構造の変化の中、企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を強く求められています。そんな中、ITやxR技術を自社内で内製化し、迅速にシミュレーター等のアプリケーションを制作したいという企業が増加傾向にあります。その様な時代のニーズに応える為、積木製作では数多くの企業向け案件で培った技術ノウハウを定型化し、アプリケーションの開発、必要なソフトウェアの導入等を顧客に合わせて支援します。

 



【提供する技術について】
積木製作では3つの事業を推進しています。BIM、xR(VR/AR/MR)、3DCGです。この3点に加え3Dスキャナを使用した点群計測にも事業領域を拡げております。この複数の強みを組み合わせて新しいサービスを構築、提供しています。今回のコンサルティングサービスではこの様な親和性の高い複数の技術を組み合わせる事により、ゼロからでも容易にアプリケーションを開発する事が可能となります。

【コンサルティング例】
  • BIM×VR×安全教育
BIMデータをVRに変換するという需要が急増しています。手法は様々ありますが、積木製作ではUnityを使用し、効率的に変換しています。BIMモデルの特性上、そのままでは不具合が発生する場合は3DCGソフトを使用しモデルの最適化を行います。BIMモデルを使用すれば、その建物特有の危険箇所を再現でき、日々の建設現場の進捗に合わせた安全教育VRを制作する事が可能です。BIMからVRへの変換、3DCGを使用したモデルの最適化、Unityでのシステム制作等の工程を支援します。

 

 

BIMデータを活用し、シミュレーション開発の支援を実施BIMデータを活用し、シミュレーション開発の支援を実施

 
  • BIM×MR×現場シミュレーション
Hololensを使用し、建設予定地にBIMモデルを重ねる事で、関係者間での明確なイメージ共有が可能となります。HololensはPCに比べると処理能力が低く、BIMデータをそのまま表示する事ができません。モデルの軽量化を実施し、最適な状態でUnityに持ち込みMRで表示します。現場地形に合わせた位置での表示等、ノウハウを共有し、現場でのMRの活用を支援します。
 
  • 点群×VR×災害シミュレーション
点群データは国土交通省のi-Constractionの推進によって大きく注目されています。地形や建物の形状、色データを精密に計測し、アーカイブする事ができる技術です。これまで点群データは膨大なデータ容量になる事から適切な利活用がなされてきませんでした。点群データの取り扱い、使用ソフトウェアの選定、Unityへのインポート方法等を支援します。それにより災害シミュレーション等、様々な利活用に繋げる事が可能となります。

扱いが困難と思われている点群データの利活用を促進扱いが困難と思われている点群データの利活用を促進



上記の内容はほんの一例です。BIM、xR、3DCG、点群というキーワードにあてはめる事であればどんな内容でもご相談下さい。

■株式会社積木製作 会社概要
所在地:東京都墨田区江東橋2-14-7錦糸町サンライズビル9F
設立:2003年9月1日
URL:http://tsumikiseisaku.com/
本製品URL:http://tsumikiseisaku.com/techsupport/

■本件に関するお問合せ
株式会社積木製作 担当:赤崎、下川、関根、土佐
TEL:03-6666-9220
info@tsumikiseisaku.com

 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 積木製作 >
  3. 「積木製作」BIM・VR/ARを中心とした先端技術に特化した技術コンサルティングサービスの提供を開始