仙台の“冬の風物詩”「2018SENDAI光のページェント」 アウトランダーPHEVが22,500個の「RGB光の花」を点灯させる、「勾当台フラワーライトガーデン」が登場

~パワフルな給電で、“仙台の冬の風物詩”を幻想的に演出~ 宮城県仙台市・勾当台公園内にて / 12月14日(金)~12月27日(木)まで

三菱自動車は、仙台市青葉区・定禅寺通にて12月14日(金)~12月31日(月)まで開催されるイルミネーションイベント「2018SENDAI光のページェント」に協賛します。
今回の協賛では、パワフルな給電能力を誇る「アウトランダーPHEV」2台が会場に集結し、自ら発電し、駆動用リチウムイオンバッテリーに蓄えた電力により、勾当台公園の会場内に今年新たに設置された高さ約6メートルのツリーを含む、「RGB(※)光の花」(3色LED 22,500球)で演出される「勾当台フラワーライトガーデン」全体を点灯させます。
「SENDAI光のページェント」の世界観とともにアウトランダーPHEVのパワフルな給電で青く光輝く、幻想的な新スポットをお楽しみください。
※R(赤)、G(緑)、B(青)の、光の3原色を組み合わせてさまざまな色を表現するもの。

今回、「勾当台フラワーライトガーデン」への給電を担うアウトランダーPHEVは、走行中や停車中にエンジンを用いて発電することが可能なPHEV(プラグインハイブリッドEV)で、1回の充電で約65km(※1)を電力のみで走行が可能なほか、一般家庭最大約10日分(※2)の電力供給も可能です。車内には、100V(最大出力1500W)の家庭用コンセント2つを搭載しており、外出先でも自由に電気が使えます。

【勾当台フラワーライトガーデン 概要】
  • 開催期間:2018年12月14日(金)~ 27日(木)
  • 点灯時間:SENDAI光のページェントと同様
  • 点灯区間:勾当台公園中央部
  • 点灯規模:22,500個の「RGB光の花」/ 計約2,000W相当
  • 給電源:三菱自動車「アウトランダーPHEV」2台

【2018SENDAI光のページェントについて】


「SENDAI光のページェント」は、杜の都として知られる宮城県仙台市の“冬の風物詩”としての顔を持つ毎年数多くの方が訪れる人気イルミネーションイベントで、今年で実施33回目を迎えます。
仙台市青葉区・定禅寺通のケヤキ160本に、約60万球のLED電飾が施され、冬の仙台をあたたかく彩ります。開催初日の12月14日(金)には、点灯式を行う他、イルミネーションが一斉に消えて再点灯する「スターライト・ウインク」、12月23日(土・祝)は、定禅寺通の光のトンネルをサンタクロースに扮した市民がパレードする「サンタの森の物語」など、クリスマスシーズンを盛り上げる様々なイベントの開催も予定されています。



【2018SENDAI光のページェント開催概要】
  • 開催テーマ:「みんなで灯す、心の明かり」
  • 点灯期間:2018年12月14日(金)~ 31日(月)
  • 点灯時間:日曜日~木曜日  17:30 ~ 22:00 / 金曜日・土曜日・23日(日・祝)・24日(月・祝)17:30 ~ 23:00 / 31日(月)17:30 ~ 24:00
  • 点灯区間:宮城県仙台市 定禅寺通(東二番丁通~市民会館前)
  • 主催:2018 SENDAI光のページェント 実行委員会
  • イベントWEBサイト:http://www.sendaihikape.jp/
*実施内容は予告なく中止・変更される場合があります。

【ご参考:アウトランダーPHEVについて】
SUVタイプのプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」は三菱自動車の技術の粋を集めたフラッグシップモデルです。
今年8月に発売した2019年モデルでは、システムを大幅に改良し、パワフル且つ高い静粛性が生みだすモータードライブ感を増すことで「よりEVに」、ツインモーター4WDシステムによる車両運動統合制御システム「S-AWC」の走行性能を高めることで「よりSUVに」進化しました。これにより、お客様の「行動範囲を広げたい、様々なことに挑戦したい」という想いに応えます。
<ポイント>
  • 1回の充電で約65.0km(※1)のEV走行が可能です。
  • 100V(最大出力1500W)のコンセントを車内2箇所に設置。外出先でも電気が使えます。
  • 満充電・ガソリン満タンで一般家庭最大約10日分(※2)の電力が供給可能です。
  • 「EV走行モード」時は、ガソリン消費やC02排出はゼロ。環境に優しい走りを実現。

 

アウトランダーPHEVアウトランダーPHEV


○Photo:S Edition ボディカラー:ホワイトパール/ブラックマイカ(有料色※3)。
※1 定められた試験条件(JC08モード)のもとでの値です。実際にはお客様の使用環境(気象・渋滞等)や運転方法(急発進・エアコン使用等)に応じて大きく異なります。とくに1日当たりの走行距離、バッテリーの充電状態、エアコン使用による影響を大きく受けます。
※2 供給可能電力量は当社試算による(一般家庭での一日当たりの使用電力量を約10kWh/日として算出、V2H機器等の変換効率は含みません)。住宅との接続にはV2H機器が必要です。V2H機器に接続している場合、エンジン始動による発電はできません。エンジンでの発電を行う場合は、V2H機器との接続を終了してください。V2H機器については、営業スタッフまたは各V2H機器取扱メーカーにおたずねください。
※3 有料色は86,400円高(消費税抜価格80,000円高)となります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三菱自動車工業株式会社 >
  3. 仙台の“冬の風物詩”「2018SENDAI光のページェント」 アウトランダーPHEVが22,500個の「RGB光の花」を点灯させる、「勾当台フラワーライトガーデン」が登場