リモートワークの場所を提供するスペイシー、顔認証・GPS打刻アプリで勤怠管理をサポート 「スペイシータイムカード」7月10日提供開始

~入退室管理・決済・開錠・本人確認システム「スペイシーパス」サービス化第2弾~

 国内最大のワークスペースのシェアサービス「スペイシー」を運営する株式会社スペイシー(本社:東京都港区、代表取締役 内田圭祐、以下「スペイシー」)は、「スペイシーパス」のサービス化第2弾として、リモートワークによる在宅勤務やコワーキングスペースからの作業にも利用可能な顔認証セルフタイムカードアプリ「スペイシータイムカード」(https://www.spacee.jp/timecard/)を7月10日(火)より提供します。
なお、「スペイシータイムカード」は、国際特許出願(PCT出願)をしております。

■「スペイシータイムカード」について
 「スペイシータイムカード」は、顔認証で出退勤の打刻ができるアプリです。スペイシーが開発した顔認証システム「スペイシーパス」を応用した商品で、Android搭載のスマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードし、WEBでアカウントを作成・顔写真を登録するだけで、顔認証による出退勤の打刻が可能になります。また認証した場所の位置情報を打刻出来るため、管理者は従業員の作業場所をWEBから簡単に確認することができます。なお打刻したデータはサイトからCSV形式にてダウンロードすることも可能です。

■開発の背景
 スペイシーでは現在、都内で利用できるワークスペースを約4500室掲載しており、飲食店のアイドルタイムを利用したワークスペースなど、格安で誰もが気軽に利用出来る場所を提供することで、利用者は毎月10%程度増加しております。昨今ではフリーランスだけでなく一般企業にもリモートワークが普及しつつある中で、ワークスペース利用時の労働時間や作業場所の把握に課題を感じたことから、今回のサービス提供に至りました。

■今後の展開
 顔認証データと勤怠データの蓄積し、打刻時の顔データや労働時間から従業員の体調変化を予測することで、管理部門、上長による従業員の健康状態の把握を可能にし、労務管理に関する課題解決に貢献していきたいと考えています。またワークスペースを提供するだけではなく、リモートワークをサポートする様々なツールを整備していくことで、多様化する働き方を支援してまいります。

■スペイシータイムカード概要
提供開始日    :2018年7月10日(火)
料金     :基本使用料無料。1名から100円(税別)/月
対応端末       :Android5以上(スマートフォン、タブレット)
機能     :スマートフォン、タブレットでの顔認証による出退勤打刻、位置情報の記録、打刻データの表示、ダウンロード(CSV形式)
利用方法   :(https://www.spacee.jp/timecard/)より利用登録、有料課金申し込み後、アプリをダウンロードして利用

■スペイシーパス概要
概要             :顔認証を用いた、入退室管理・決済・開錠・本人確認システム
URL             :https://www.spacee.jp/pass/

【株式会社スペイシー会社概要】
株式会社スペイシーは「個人のポテンシャルを発揮できるワークスペースを提供する」をミッションに掲げ、ビジネスミーティングや研修などビジネスに活用できる会議室スペースを1時間500円から、席単位でワークスペースを1時間50円から貸し借りできるマーケットプレイス「スペイシー」を提供しています。首都圏を中心とし4,000室以上の会議室や研修施設・イベントホール等、また約40箇所1,000席のワークスペースを取り扱っており、ビジネスパーソンを中心とした会員数は13万人を突破しています。

会社名         :株式会社スペイシー
所在地         :東京都港区新橋2-20-15新橋駅前ビル1号館6階
代表者         :内田圭祐(代表取締役/CEO)
設立              :2013年10月
事業内容        :貸会議室のシェアサービス「スペイシー」(https://www.spacee.jp/ )の運営
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スペイシー >
  3. リモートワークの場所を提供するスペイシー、顔認証・GPS打刻アプリで勤怠管理をサポート 「スペイシータイムカード」7月10日提供開始