屋外で90W給電可能なPoE++対応、スマートカメラボックス発売

~電源・PoEスイッチ・サージ保護機器一体のハウジングで、設計・設置の工数を大幅削減~

フエニックス・コンタクト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表:青木良行)は、屋外設置対応の小型ハウジングにDC電源・PoEスイッチングハブ・AC入力サージ保護機器を一体化し、ポート毎90Wまで給電可能なPoE++準拠のスマートカメラボックスを、2021年2月10日より正式発売することとなりました。


本製品は、遠隔監視アプリケーションで使用される監視カメラ等のPoE機器の通信接続に必須な機器を、小型で耐衝撃性の高い、防塵防水ハウジングに一体化し、設計や設置の工数を削減するオールインワン・ソリューションです。機器類はあらかじめ内部接続されており、盤内の電源系統の配線が不要になります。管理機能を使用してPoE供給をリモート制御するなど、監視カメラ用途などに最適な製品です。

 

 

製品本体と詳細製品本体と詳細

 


■製品の主な特長

  • PoE++対応:Power Over Ethernetの新規格PoE++ (IEEE 802.3 bt)に対応し1ポートあたり最大90Wまでの給電が可能。カメラに限らず旧規格対応機器を含む多くの種類のPoE対応機器と1本のケーブルで通信と電力のやりとりができるようになります。
  • コンパクトで堅牢:DC電源・PoEスイッチングハブ、AC入力サージ保護機器を内蔵しながらも軽量、小型で、防塵、防水、耐衝撃性能の高いハウジング。
  • 工数削減:機能一体化で多くの配線が不要になる他、別体のマウントアダプタにより一人でもかんたん・短時間で壁やポールに取り付け可。
  • ファンレス動作:ファンレス動作を可能にする背面ヒートシンク構造。
  • 遠隔からPoE出力制御・状況把握:ギガビット対応PoEマネージドスイッチングハブを内蔵し、PoE出力の自動監視制御(ウォッチドッグ)も可能。上位側ネットワークの冗長化も容易に実現。
  • 拡張が可能:追加機器取付用のDINレール・24V電源ポートを装備。
  • ケーブルグランド標準装備:アッセンブリ済みRJ45ケーブルも防塵防水を保って挿入可能。
  • その他、光ファイバ用スプライストレイ(SFPモデル)、不正アクセスに対するドア開閉アラームTrapメッセージ、金属製ドアロック(オプション)など様々な機能が盛り込まれています。


■主な仕様

  項目                 仕様
ハウジング 耐衝撃性IK10、保護等級IP65/IP67、サイズ W271xD21xH364 (mm)
動作温度範囲 -40~70℃
マネージドPoEスイッチングハブ IEEE 802.3bt,at,af準拠、PoE出力管理:リング冗長機能(RSTP)・VLAN・IGMP snooping・ポートミラーリング、SNMP等
通信ポート数 PoE++(4または2)、アップリンク(SFPx2またはRJ45x2)、その他(RJ45x1)
DC電源 最大165W出力

 

■製品詳細・フライヤはウェブサイトまで: http://www.phoenixcontact.co.jp/scx


(参考動画・イメージ)

使用イメージ(CG)使用イメージ(CG)

 

<フエニックス・コンタクト株式会社について>
世界55か国以上の海外支社を展開し、従業員17、600人以上、創業95年以上の歴史を持つドイツの産業用接続機器、制御製品および通信機器のマーケットリーダー、フエニックス・コンタクト社の日本法人。日本では本社(神奈川県横浜市)をはじめ10拠点、および配送センター(神奈川県川崎市)を通じ、DINレール搭載用端子台・プリント基板用端子台・産業用コネクタなどの接続機器や、信号変換器・電源・リレーを中心とする電子機器、サージ保護機器、および産業用ネットワーク機器など6万点におよぶ製品の販売およびカスタマーサービスを行う。詳細はHPをご覧ください。http://www.phoenixcontact.co.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フエニックス・コンタクト株式会社 >
  3. 屋外で90W給電可能なPoE++対応、スマートカメラボックス発売