ガクショク第4弾!!開催しました!

多動力をもつ学生が語る!その原動力とは!

みなさんこんにちは!

一般社団法人ツナグコトの小澤です!

7/6 に”ガクショク”の第二弾を開催しました!

今回も、千種駅から徒歩1分の場所にある

千種グリルでイベントを行ってきました。

Q:ガクショクって何??
A:『夢や目標を持って行動している学生が語る』をコンセプトに学生が社会に出たら必要とされる能力を事前に養うためのキャリアイベントです!


イベントは、2部構成になっており

それぞれでメインとなっているのは

第一部:学生プレゼン

第二部:グループディスカッション

です!

社会に出たら自分の意見・考え方を上手く相手に伝えるプレゼンテーション能力や
集団の中で意見を出し合い課題解決に導く課題解決力が非常に重要となります。

その能力を養うのが学生プレゼンとグループディスカッションです!




今回の学生プレゼンターは

中京大学3年 法学部の神谷昇吾くんでした!

神谷くんのプレゼンテーションのテーマは

『私の挑戦』

高校: 3年間 学生団体

大学1年:原付で九州へ行き熊本震災のボランティア活動

大学2年: 模擬国連を経験した後、休学してインド留学、その後フィリピンへエンジニア留学&タイで海外ベンチャーインターン

大学3年: 帰国後名古屋の2つのベンチャー企業でエンジニアとしてインターン。
また友人とプログラミング団体を組む。

何が原動力になってこのような稀有な経験を積んできたのか。 を話していただけました。

彼は元々高校からの親友の一人であったのですが
僕の知っている人の中では一番行動力がある人だと僕は思っています!

 

講演後も熱い話に留学生の方が神谷くんに話しかけていました。


その後のグループディスカッションでは留学生と日本人学生の間で話が大変盛り上がりました。

【ガクショクについての感想会】

小澤:今回のガクショクは参加者がとても多くて賑やかでしたね!

三輪:日本人学生より留学生の方が多くてびっくりしたよ(笑)

プレゼンターの神谷くんのお話凄かったね!とても熱いお話だった。


小澤:神谷くんは僕の高校の学生団体の時代に一緒にやってきた仲間で

その時から彼は部下に対してもいつも真剣でカッコよかったです!


三輪:そうだったんだね。ツナグコトの外部の方にお願いしたのは今回が初めてだよね。

どういう経緯で依頼したの?


小澤:ガクショクを初めて開催した時から『プレゼンを聞いた学生・社会人を元気づけたい』と考えは出ていました。そして第二回目のガクショクを開催することが決まった時に僕は『自分が参加者だったらお金と時間を割いてでも聞きたい話は何か?』を常に考えていて突き詰めていくと 『神谷くんの行動力の源の話』が聞きたい!と確信し依頼しました。

三輪:そんな経緯があったのは知らなかった!確かにプレゼンを聞いてた時、彼の経歴にとても驚いたよ。僕も『どうしてそこまで行動力があるのだろう?』って信じられなかった(笑)でも神谷くんも、様々な経験を通してぶち当たった壁や苦難について語ってて 『ここまで行動力がある人の悩みを抱えているんだ』と少し距離が近く感じることができたな。

小澤:そうですね(笑)僕も『自分はいつも失敗してばかり』と劣等感に苛まれることがありますが、『みんな同じだ』と気付けて心が軽くなりました!

ガクショクではビジネスプレゼンをするのもメインですが学生や社会人の方を元気付けることのできるイベントを目指しています!

【ガクショクについての感想会 終】

ガクショクでは、学生の熱いビジネスプレゼンを聞きにきてくださる社会人の方を大大大募集しております!
興味のある方は是非下記メールアドレスまで!!

n-ozawa@tunagu.or.jp
  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人ツナグコト >
  3. ガクショク第4弾!!開催しました!