「JAPAN PACK 2019」に出展

バイオマス由来のガスバリア材〈PLANTIC〉と水溶性フィルムを紹介

 株式会社クラレ(本社:東京都千代田区、社長:伊藤正明)は、10 月29 日から幕張メッセで開催される「JAPAN
PACK 2019(日本包装産業展)」に出展します。同展は、包装業界および関連業界における国内外の最新鋭機器・技術・サービスとそのユーザー・バイヤーが一堂に会する2 年に一度の展示イベントです。当社は、CLOMA(クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス、略称:クローマ)展示コーナー内にて、環境対応型包装材料のガスバリア材〈PLANTIC(プランティック)〉※、水溶性フィルム(PVOH)を紹介します。
1.出展製品
バイオマス由来のガスバリア材〈PLANTIC(プランティック)〉
〈PLANTIC〉は、バイオマス由来の生分解性ガスバリア素材です。優れたガスバリア性による食品の品質保持
や賞味期限の延長、カーボンニュートラルによりCO2 削減に貢献します。
他のバイオマス、生分解性素材との組み合わせによる環境性能の高い包装材の設計も可能です。

〈PLANTIC〉を使用したコーヒーパウチ〈PLANTIC〉を使用したコーヒーパウチ

水溶性フィルム(PVOH)
クラレの技術・ノウハウを活かした水溶性フィルムです。水に速やかに溶解する性質により、ゴミの減容化など
新たなパッケージングソリューションを提案し、自然環境と生活環境の向上に寄与します。
また、10 月29 日(火)には、本製品に関するプレゼンテーションを行います。

タイトル:水溶性フィルムのサステナブル包装
日 時 :10 月29 日(火)11:30〜12:30、企画プレゼン会場(6 ホール内)
https://www.japanpack.jp/seminar/index.html

2.展示会概要
 名称:JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)
 開催日程:2019 年10 月29 日(火)~11 月1 日(金)10:00~17:00
 会場:幕張メッセ 国際展示場2~8 ホール
 ブース番号:6H-09-11(CLOMA(クローマ)展示コーナー内)

*CLOMA(クローマ)とは
「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス」(英文名:Japan Clean Ocean Material Alliance)、略称「CLOMA」。地球規模の新たな課題である海洋プラスチックごみ問題の解決に向け、プラスチック製品の持続可能な使用や代替素材の開発・導入を推進し、官民連携でイノベーションを加速化するために設立された団体です。 https://cloma.net/

※PLANTIC<プランティック>はクラレの商標(TM)です。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クラレ >
  3. 「JAPAN PACK 2019」に出展