ズッコケ三人組40周年記念!那須先生講演会と広島市こども図書館で特別展示会を開催

かつてのズッコケファンから、今のズッコケファンまで楽しめる展示会と、那須先生の講演会を開催

「ズッコケ三人組」シリーズが40周年を迎える今年、ズッコケ三人組とゆかりの深い広島市にて、作者・那須正幹先生の講演会と特別展示会を開催いたします。
「ズッコケ三人組」は作者・那須正幹先生が生まれ育った町、広島市己斐町をモデルにした花山町を舞台に、ハチベエ・ハカセ・モーちゃんの三人が大活躍するシリーズ。かつての小学生も、今の小学生も、時代を超えて読み継がれ、累計発行部数2500万部の児童書のロングセラーです。
 この度開催する展示会では、シリーズ内でも人気の単行本の複製原画を展示。特別展示会では、昭和53年に刊行した第1巻目『それいけズッコケ三人組』から、50巻目となる平成16年刊行の『ズッコケ三人組の卒業式』まで、昭和から平成を駆け抜けた26年間を、当時のニュースや流行とともに見られる年表を展示します。子どもの頃大好きだった!という大人から、今読んでる小学生のみなさんまで、世代をまたいで楽しめる内容ですので、ぜひご来場ください。
 


【那須正幹先生 広島特別講演会】
日時:2018年4月8日(日)午後1時開場/午後1時半開演
会場:5-Daysこども文化科学館 1階アポロホール 
入場無料 定員250名 申込不要(当日10時より5-Daysこども図書館1階にて整理券を配布します。)
※講演会後、サイン会を行います。

主催:5-Daysこども図書館(広島市こども図書館)
共催:広島市こども文化科学館
協力:ポプラ社

【ズッコケ40周年特別展示会】
日時:2018年3月25日(日)~ 4月15日(日)午前9時 ~ 午後5時
会場:5-Daysこども図書館(広島市こども図書館) 1階階展示コーナー

主催:広島市こども図書館
協力:ポプラ社

 

 


著者 那須 正幹 (なす まさもと)
1942年、広島に生まれる。3歳の時に爆心地より三キロの地点で被爆。広島市庚午中学、基町高校を卒業。島根農科大学林学科卒業後、文筆生活にはいる。主な作品に、1978年発表の『それいけズッコケ三人組』をはじめとする「ズッコケ三人組」シリーズ(巖谷小波賞)がある。ズッコケ三人組シリーズは母校・広島市立己斐小学校をモデルにしている。ほかに、『ねんどの神さま』『さぎ師たちの空』(路傍の石文学賞)、『ヨースケくん』『お江戸の百太郎』シリーズ(日本児童文学者協会賞)『ズッコケ三人組のバック・トゥ・ザ・フューチャー』(野間児童文芸賞)、『絵で読む広島の原爆』ノンフィクション『折り鶴の子どもたちー原爆症とたたかった佐々木禎子と級友たちー』など多数。戦後を懸命に生きる女性三代を描いた小説、「ヒロシマ」三部作 『歩きだした日』『様々な予感』『めぐりくる夏』がある。ズッコケ三人組のその後を描いた「ズッコケ中年三人組」シリーズでは、広島市の土砂災害を取材し、作中に反映させるなど、広島市と非常に縁が深い作家。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ポプラ社 >
  3. ズッコケ三人組40周年記念!那須先生講演会と広島市こども図書館で特別展示会を開催