D2Cブランド”Foo Tokyo”が運営するWEBマガジンFoo Style Magazine 広告商品の販売を開始

〜オウンドメディアの新しい可能性に大手企業・ラグジュアリーブランドも出稿決定〜

D2CライフスタイルブランドFoo Tokyoが運営しているWEBマガジン「Foo Style Magazine(以下、弊社メディア)」(運営元:株式会社Next Branders(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:桑原 真明))は、広告商品の販売を開始いたします。

今回リリースする商品ラインナップはFoo Style Magazineの<サイトジャック>で、広告掲載のはじめての取り組みとして、2019年12月18日(水)よりトヨタ自動車株式会社が展開するラグジュアリーライフスタイルブランド『LEXUS』(※1)の広告掲載を開始いたしました。

 

サイトURL: https://brand-foo.com/magazine/

  • <商品概要>
  • 商品名:Foo Style Magazine サイトジャック
  • 内容 :Foo Style Magazineの読者に対して最もビジュアルインパクトが与えられるメニューです。
            PC、SP面TOP面および各記事に広告表示を行います。
  • 価格 :¥500,000(グロス)
  • 期間 :配信日より2週間
  • 導入企業予定:LEXUS、ファーバーカステル(※2)、ボヴェ(※3) ほか


▼導入企業ロゴ


▼Foo Style Magazine メディア特長

・ストーリー性やこだわりがあるモノを好む高級ブランド志向のFoo Tokyoのお客様に直接発信

・家の中で一息つきたい時間帯に読める、おうち時間を上質に彩るライフスタイルを提案する
   コンテンツを7つのカテゴリに分けて毎日配信

・UU数:約30万UU /月

・全体の9割がスマホ・タブレット経由で閲覧

 

Foo Tokyo購買ユーザーの分析結果として、性別比率は女性53.3%、男性が46.7%となっており、興味関心度上位3つに「高級ブランド愛好者:68.3%」、「買い物好き 63.9%」、「ビジネスプロフェッショナル 62.8%」となり、ハイブランドとの相性の良さが見受けられました。 (Google Analyticsインタレストカテゴリより算出)

 

Foo Tokyoが販売するルームウェアの価格はタンクトップで約1万円、パジャマで約6万円、バスローブで約15万円となっており、トップメゾンと取引のある工場と提携しmade in Japanの高品質なプロダクトをD2Cモデルを採択して販売しています。

また、Foo Tokyoの購買者の特徴として、独自の調査結果によると好きなものにはお金を惜しまず、ストーリー性やこだわりがある海外ブランドや高級ブランドを好まれる購買者(読者層)である傾向があります。これらの読者へ向けて、企業の広告をダイレクトに発信することが可能です

▼広告商品販売開始の背景について
企業のオウンドメディアを自社商品・サービスの認知・購買・ファン作りなどの目的で運営する企業が急激に増えている中、読者にとって特定の企業の商品をアピールするコンテンツは受け入れられにくくなっているのではないかと考えています。

当社ではFoo Tokyoのブランドを紹介するコンテンツではなく、あくまでもFoo Tokyoのお客様が実現したいライフスタイルに寄り添ってコンテンツを配信しており、メディア単体で成立するように設計しております。その中で、Foo Tokyoのお客様とターゲットが重なっているブランド企業様の純広告やタイアップ広告は読者の皆様にとっても有益な情報であると判断し、広告商品の販売を開始いたしました。

 ※1 LEXUSについて

トヨタ自動車株式会社が展開する『LEXUS』は、日本発のラグジュアリーライフスタイルブランドとして、心揺さぶる驚きと感動の体験を創り出すことを信念としています。そのために、徹底してつくり込み、お客様に思いをめぐらせ考え抜く。LEXUSの活動は、クルマだけに留まりません。

例えば、地域の特色や技術を生かしながら、自由な発想で新しいモノづくりに取り組む、日本各地の若き「匠」をサポートする『LEXUS NEW TAKUMI PROJECT』の主催や、「新しいカルチャーが集う街で様々な才能とLEXUSが巡り合い、新しいライフスタイルを生み出していく。」をコンセプトとするブランド体感スペース『INTERSET BY LEXUS-TOKYO』(東京・青山)の展開など、常に未来を見据えた新たな価値創造に取んでいます。

公式サイト: https://lexus.jp/index.html

※2 ファーバーカステルについて

現存する世界最古の筆記具メーカーとして知られる、1761年家具職人カスパー・ファーバーがドイツ・ニュルンベルグ郊外に創立した筆記具メーカーです。1851年に世界で初めて鉛筆を商品として発売、この鉛筆の「長さ・太さ・硬度」が世界的基準となりました。今回広告を展開するファーバーカステル伯爵コレクションは、1993年、8代目のアントン・ヴォルフガング・フォン・ファーバーカステル伯爵によって創設された、ファーバーカステル社を代表する最高級の筆記具ブランド。

伯爵自身のアイディアから生み出される製品は、同社の長い歴史の中で培われた洗練されたシンプルさと品格加えて、厳選された素材が組み合わせることで奏でられる調和と高い機能性を有しています。

公式サイト: http://www.faber-castell.jp/

※3 ボヴェについて

ボヴェは1822年にスイス、フルリエで創業した200年近い歴史を誇る時計ブランドです。創業者エドワール・ボヴェの手がけた18Kゴールド製の高級懐中時計は、その美しいエナメルやパールの装飾で19世紀の清朝皇帝や貴族から絶大な人気を博し、当時のフルリエの産業育成に多大な貢献をしました。

 

現在は腕時計にそのデザイン要素を受け継ぎ、熟練した職人の手によるフルリザン装飾やミニアチュールペインティングといった高度な伝統技法、技術を駆使した芸術的タイムピースがメゾンで制作される数は年間2000本にも満たない希少性を誇ります。


<Foo Tokyoについて>
「家に帰ってから家を出るまで」の時間・空間をデザインするライフスタイルブランドFoo Tokyo。高級ルームウェア・パジャマやタオルギフト、ナイトコスメ等を展開しています。

 ---Foo Tokyo Brand Statement---

常に大量の情報に囲まれて誰かとつながっている状態で、心から休める瞬間が少なくなってきた現代。
休めないと気持ちが落ち込んだり、調子が出なかったりと元気がなくなってきます。
心から休める絶対的な時間が少なくなってきた現代だからこそ、その質を高めることで元気にしていきたい。
そんな思いでFooは誕生しました。

 人はリラックスするとき、「ふぅ」とゆっくりと息をはきます。
カラダの中にある嫌なものを吐き出すように。それはため息とは違う、安らぎの象徴のセリフ。
Fooはその瞬間のために生まれたブランドです。
忙しい仕事や人間関係で疲れた身体・心に明日を輝かせる安らぎをお届けします。

 

<企業情報>
会社名:株式会社Next Branders (設立:2017年12月)
代表者:桑原 真明
所在地:東京都渋谷区渋谷2-6-6-201   
事業概要:商品の企画・製造・販売(アパレル、化粧品)
                メディア運営事業
Brand Site: https://brand-foo.com/
Instagram: https://www.instagram.com/footokyo_official/

<広告掲載に関するお問い合わせ先>
株式会社Next Branders 

Foo Style Magazine媒体担当:森
Tel : 03-4405-3725 / Mail : support@brand-foo.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Next Branders >
  3. D2Cブランド”Foo Tokyo”が運営するWEBマガジンFoo Style Magazine 広告商品の販売を開始