仕事と子育ての両方をサポートする、企業主導型保育園「このめほいくえん」が愛知県稲沢市に開園しました。

地域貢献を目標とした子どものための施設「スクット」内に企業主導型保育園「このめほいくえん 」が2019年11月に開園

愛知県稲沢市にある、子育て支援を目的とした施設「スクット」に企業主導型保育園「このめほいくえん」が開園しました。この「このめほいくえん」「スクット」のネーミングやブランディング、デザイン全般を、株式会社コムデザインラボ(所在地:愛知県名古屋市、代表:高木純)が担当しました。


「このめほいくえん」は2019年11月に開園した企業主導型保育園です。
連携企業先のお子さま、稲沢市のお子さまをお預かりし、子ども達が楽しく過ごせる保育園を目指しています。
 
  • 心身ともに健康で、基本的生活習慣が身についた子に育てる
  • 豊かな感性を育み、思いやりのある子に育てる
  • 自ら遊びを見つけ、様々なことに興味を持ち、夢中になれる子に育てる
以上の3つを保育目標に掲げ一人ひとりの子の芽に愛情を注いで、育んでいます。


◾️「このめほいくえん」の8つの特徴
「このめほいくえん」では最新のサービスを取り入れ、保護者の方にも子どもにもより良い環境を提供しています。
  1. アプリを通して登降園の連絡や保育士とのコミュニケーションスマホで管理
  2. 充実した教育プログラム
  3. 看護師による体調不良児への対応
  4. 管理栄養士によるこだわりの自園料理・食育
  5. 安心・安全なセキュリティ体制
  6. 空気除菌によるクリーンな空間
  7. 社会性と協調性を学べる縦割り保育の導入
  8. 多様な働き方に対応する延長保育




◾️ホームページでは園の様子を随時更新中

ホームページでは詳しい入園案内・園のスケジュールなども掲載しています。
ブログでは先生たちが園の様子や、その日の給食などを毎日更新しているので、園の様子を伺うことができるホームページになっており、保護者の方に安心して預けていただける保育園を目指しています。

https://konome-hoikuen.com/





◾️「このめほいくえん」のインテリアデザイン

 

 

「このめ」から連想される緑と木目を使用した優しい雰囲気に。
エントランス・絵本棚・トンネル・ステージ・シンボルツリーなど、子どもが楽しく過ごせるギミックが散りばめられています。

 





◾️「このめほいくえん」のロゴデザイン

 

「このめ」は、樹木に萌え出た芽のことを表す単語で、芽= 幼児に例え、幼児を愛で、見守るという意味を込めた園名になっています。
シンボルマークは「め」をかたどった芽のデザインになっています。

 





 


◾️企業主導型保育園とは?

企業主導型保育園を一言で表すと「企業(会社)が運営する保育園」です。
企業契約可能な保育園「このめほいくえん」と連携することで、自社で保育園を準備する必要がなく、従業員の子どもを優先して入園させることができます。
(利用定員は提携企業の「企業枠」が優先となりますが、地域の方が利用できる「地域枠」もあります。)
 

「このめほいくえん」と連携することで、以下のような悩みを解決することができます。
・従業員への福利厚生を充実させたい。
・優秀な従業員が、妊娠出産を機に退職してしまう。
・女性が活躍できる環境をつくりたい。

企業主導型保育園との連携は、企業側には福利厚生の充実・企業イメージアップなどのメリットが、従業員側には優先的に入園できたり、職場復帰しやすいなどのメリットが双方にあります。

 

 

 

 

「スクット」とは?


◾️地域と共に成長するシンボルツリーのような存在を目指して
幅広い年齢の子ども達が成長できる場所として、「子どもと親」だけのスケールではなく地域というスケール感で貢献していきたいという思いから、子育て支援施設「スクット」は設立されました。

「スクット」の運営元は「このめほいくえん」と同じく稲沢市の「みやた整形外科」院長 宮田徹さん。

宮田さんは平成21年、稲沢市下津に「みやた整形外科」を開院し8年間、地域の皆様に育てていただいた事への恩返しと、未来を担う子どもたちを育てる手助けをしたいという想いから、下津森町に保育園と学習施設を併設した「スクット」を設立しました。

「スクット」の中には、企業主導型保育園の「このめほいくえん 」と進学塾が入っており、幅広い年齢の子どもが集い、コミュニケーションや自立心などの非認知能力を培える環境づくりを行い「子どもと親」だけでは培えない「子育て支援ができる場所」となっています。



「スクット」のロゴは木がモチーフになっています。
木のように“すくすくと”育つ子どもを見守り、共に成長する場所でありたいという意味と、“スクール”の意味も込めて作られました。
子ども達の成長は家庭、企業、地域へと枝葉を広げ、「地域と共に成長するシンボルツリーのような存在になりたい」という思いを込めたロゴになっています。



 

​◾️このめほいくえん 
〒492-8083 
愛知県稲沢市下津森町18番地1 スクット内
https://konome-hoikuen.com/

◾️運営元
みやた整形外科
〒492-8095 稲沢市下津南山2丁目2番地3
http://miyata-seikei.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コムデザインラボ >
  3. 仕事と子育ての両方をサポートする、企業主導型保育園「このめほいくえん」が愛知県稲沢市に開園しました。