「映像のまち・かわさき」推進フォーラム10周年記念『かわさきロケアワード』初開催!

あなたの1票がかわさきのベスト作品を決める!過去10年間に市内で撮影された映画・ドラマ、110作品の頂点に立つのは!?

 川崎市は日本初の映画の単科大学である日本映画大学をはじめ、多くの映像スタジオや4つのシネコンが立地し、映像に親しむ機会が充実した都市です。
 さらに、映画監督や脚本家、プロデューサー等、川崎にゆかりのある映像クリエイターの活躍も盛んで、市内各所で映画やテレビ、CMなどのロケが行われています。まさに「撮る・創る・観る」ための環境に恵まれた「映像のまち」です。

 そこで、川崎市内の映像に関連した様々な取組を支援する「映像のまち・かわさき」推進フォーラム(※)では、設立10周年を記念し、これまで(2008~2018年)市内で撮影された映画やドラマで、あなたが一番と思う「マイベスト」作品を選び投票いただく「かわさきロケアワード」を実施します。
 見事1位に輝いた作品に投票した方の中から、抽選で127名に豪華賞品をプレゼントします。

※「映像のまち・かわさき」推進フォーラムとは
 映像に関する豊富な地域資源を活かした新たな都市の魅力創造を目指すため、映像に関わる多くの方々の交流・連携の場として2008年に設立。人材育成支援や地域イベントの開催、市内の映像・ロケに関する情報発信などを通して、まちの魅力を高め、映像文化の振興、映像産業の発展に加え、次世代の映像文化を担う人材の輩出を目指しています。
(詳細:http://www.eizonomachi.com/
 

  • かわさきロケアワード開催概要

期  間:12月22日(土)~2月28日(木)※当日消印有効
応募方法:①「映像のまち・かわさき」推進フォーラムHP内特設サイトから投票。
       特設サイト:http://www.eizonomachi.com/sp02
     ②市内公共施設等に設置されているパンフレットにあるハガキか、次の必要事項を
      市販のハガキに記入の上、「映像のまち・かわさき」推進フォーラム事務局まで郵送。
      必要事項:氏名・電話番号・住所・年齢・「マイベスト」作品名と選んだ理由・
           このキャンペーンを知ったきっかけ
      郵送先 :〒212-0013 川崎市幸区堀川町66-20川崎市産業振興会館12階
           「映像のまち・かわさき」推進フォーラム事務局
賞  品:ドライブレコーダーGC-DR3、ノートパソコン(LIFEBOOK AHシリーズ 15.6型ワイド)、
     川崎フロンターレ選手直筆サイン入りTシャツ、映画鑑賞券など
当選発表:3月中旬頃予定
主  催:「映像のまち・かわさき」推進フォーラム
協  賛:川崎市市民ミュージアム、JFEスチール(株)東日本製鉄所、 昭和音楽大学、
     JAセレサ川崎、(株)東急レクリエーション

映画「想いのこし」映画「想いのこし」

ドラマ「愛してたって、秘密はある」ドラマ「愛してたって、秘密はある」

作品は、「映像のまち・かわさき」推進フォーラムが把握している実績より抜粋しました。
詳細は、右記URLからも確認できます。http://www.eizonomachi.com/sp02


◆一般の方のお問い合わせ先◆
「映像のまち・かわさき」推進フォーラム 事務局 担当 寺川
TEL: 044-223-6550 FAX: 044-223-6551
E-mail:eizo@eizonomachi.com
※12月29日~1月3日年末年始休業

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 川崎市 >
  3. 「映像のまち・かわさき」推進フォーラム10周年記念『かわさきロケアワード』初開催!