AR(拡張現実)で古き良き巣鴨の商店街の活性化を促進する『AR謎解きイベント』が10月1日から開催

豊島区後援 大正大学主催の産学官連携イベント

株式会社クリエイターズネクスト 代表取締役社長の窪田望がプロデュースを担当したAR謎解きイベントが、巣鴨の商店街にて来街者の増加を目的に開催されます。本イベントは大正大学が主催したもので、窪田望は大正大学の招聘教授として有志の学生に指導しながら本イベントの企画・制作を行ってきました。商店街の人々の魅力や歴史の奥深さをARや謎解きを通じて体感いただける内容になっています。

50秒のティザー映像(大正大学生が出演)

公式サイト:https://sugamo2026.com/


ティザーストーリー:
隕石落下まで、あと2時間。
巣鴨の地に建つ大正大学が創立100周年を迎える2026年、街に絶体絶命の危機が迫っていた。
近未来から届くSOS。刻々と近づくタイムリミット。
果たしてあなたは、スガモ消滅の危機を回避出来るだろうか?
 


古き良き商店街の魅力を、AR技術×謎解き×ドラマ映像で体感する
大正大学の学生たちは巣鴨の商店街の魅力を実地調査し、その情報をもとに謎の企画や、シナリオを制作。参加者が専用のARアプリで視聴するドラマ映像は学生が主体となって制作したものです。学生は窪田望招聘教授の指導のもと、体験型謎解きイベントの企画制作を担当する株式会社謎組と協働してイベントをつくることで、社会で必要とされる交渉力やアントレプレナーシップを身に付けています。

 

大正大学の学生は商店街に足を運び、関係者からのヒアリングを通して街の魅力を深く探ってきた大正大学の学生は商店街に足を運び、関係者からのヒアリングを通して街の魅力を深く探ってきた

学生主体で制作されたドラマ映像の一コマ。2026年の学生からビデオ通話がかかってくることからストーリーが始まる学生主体で制作されたドラマ映像の一コマ。2026年の学生からビデオ通話がかかってくることからストーリーが始まる


9/28(火)にメディア様向けのプレオープンイベントを開催
学生による商店街関係者向けのイベント説明会も実施します

10月1日の開催に先駆けて、メディア様向けにイベントを体験いただける機会をご用意しました。商店街の関係者様にも、イベントを先行体験いただけるよう学生がご案内させていただきます。それ以外の日程でも、イベント期間中に取材をいただけますので詳細はお問合せください。


<< 今後のスケジュール >>
9/28(火)13:00~16:00:メディア様向けにプレオープンイベント開催(巣鴨の商店街内にて)
10/1(金)13:00~19:00:学生によるイベント体験・振り返り講義
10/1(金)~10/31(日):イベント開催期間


<< イベント概要 >>
開催期間:2021年10月1日(金)~10月31日(日)
プレイ可能時間:10:00~17:00
参加費:無料
ゲーム開始場所:ガモールマルシェ(巣鴨3丁目20-14)※問題用紙をお渡しします
持ち物:筆記用具(必須)、スマートフォン(必須)、イヤホンなどスマートフォンの音声を聞く機器(可能であればお持ちください)


<<講師Profile:窪田望>>
大正大学 招聘教授
株式会社クリエイターズネクスト 代表取締役社長
慶應義塾大学総合政策学部卒。19歳で起業して17年目。KOBITはたった1分でアクセス解析レポートを作ることができるサービス。2016年に立ち上げ、世界15カ国8500社以上に使われるようになった。マーケティングプラットフォームやAI / 深層学習に関する特許を2件取得。2019年、2020年には4万1000名の中から日本一のウェブ解析士に選出。経済界ウェブにて「DX経営戦略論」の連載をスタート。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Creator’s NEXT >
  3. AR(拡張現実)で古き良き巣鴨の商店街の活性化を促進する『AR謎解きイベント』が10月1日から開催