日本文化を国内外に発信「J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣」2020年1月2日(木)・3日(金) 開催決定 

山本耕史&市川染五郎、そして野村萬斎による各オリジナル公演を上演!【10月12日(土)よりチケット一般発売】魅力的な「にっぽん」の文化体験空間“正月テーマパーク”の実施も決定!

株式会社東京国際フォーラム(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:上條清文)は、日本文化を国内外へ発信する『J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣』(以下、JCFと略す)を2020年1月2日(木)・1月3日(金)の2日間、開催します。

本イベントでは、音楽や狂言、歌舞伎など日本が誇る各界のアーティストが出演する公演や、魅力的な「にっぽん」の文化体験空間“正月テーマパーク”を中心に日本文化をさまざまな形で体感いただけます。当館の開館20周年記念事業として2017年1月に初開催し、4回目となる2020年は“令和初のお正月”に相応しいプログラムを多数ご用意します。

JCFでしか見られないオリジナル公演では、今回がミュージカル初出演となる8代目 市川染五郎さんや、山本耕史さん等による、元号「令和」の出典元である「万葉集」をテーマとした演目『万葉集 meets ミュージカル 令和にそよぐ風~若き歌詠みの物語~』と、野村萬斎さんと若手狂言師による、狂言の魅力を堪能できる『新春江戸前狂言』を上演。

また伝統的な日本の文化、お正月の魅力を体験・発見・味わえる『正月テーマパーク』では”令和最初のお正月”そして”TOKYO2020大会”を目前に控えた祝祭ムードを実感していただけるよう、JCFならではの多彩なプログラムをご用意して皆様をお待ちしております。さらにロビーギャラリーでは、スポーツに注目が集まる2020年ならではの企画として、日本古来のスポーツ文化が学べる展示『平安宮廷スポーツスタジアム』『令和の初春(梅花の宴)』をご堪能いただけます。

日本文化への関心が高まる2020年のお正月に、気軽にお立ち寄りいただき、日本文化に親しみ、知識を深めていただくことや、新たな価値を発見していただけるプログラムを、文化・賑わいの発信拠点である東京国際フォーラムが提供いたします。


<公演プログラム>
『万葉集 meets ミュージカル 令和にそよぐ風~若き歌詠みの物語~』

「万葉集 meets ミュージカル 令和にそよぐ風~若き歌詠みの物語~」主要キャスト「万葉集 meets ミュージカル 令和にそよぐ風~若き歌詠みの物語~」主要キャスト

令和初の新春はJCFならではの音楽劇を上演します。元号「令和」の出典となり注目が高まる『万葉集』を題材に、昔と今を結ぶ、日本人の原点が詰まった「こころのうた」に着目。日本特有のリズム・韻と、多様なメッセージが込められた物語を、音楽・舞踊・芝居、そして奈良・天平文化ならではの豪華にして色鮮やかな衣裳を融合させ、多層的に構成します。伝統芸能や宝塚、ミュージカルなど、気鋭の出演者を配した、JCFならではの良質な和製ミュージカルショーを展開します。

開催日時:2020年1月2日(木) ①16:00開演 / 3日(金) ①13:00開演 ②17:00開演 ※開場は開演時間の30分前 / 上演時間80分
会場: ホールB7
価格: 6,000円(税込) ※全席指定 / 未就学児入場不可
演出・振付: 尾上 菊之丞
脚本: 戸部 和久
音楽・ピアノ: 大貫 祐一郎
邦楽アドバイザー: 藤舎 貴生
装束衣裳: 井筒企画
出演者: 山本 耕史(やまもと こうじ)、市川 染五郎(いちかわ そめごろう)、尾上 菊之丞(おのえ きくのじょう)、新納 慎也(にいろ しんや)、夢咲 ねね(ゆめさき ねね)

『野村萬斎 新春江戸前狂言』

「野村萬斎 新春江戸前狂言」主要キャスト「野村萬斎 新春江戸前狂言」主要キャスト

国内外で多数の狂言・能公演に参加し、普及に貢献する一方、映画や現代劇、ドラマの主演や演出など様々な分野で活躍する野村萬斎さんによる、2020年の幕開けを飾る狂言公演です。萬斎さんによる新年のご挨拶、狂言・演目の解説、小舞に続いて、次代を担う若手狂言師の野村太一郎さん、裕基さんを中心とする演者たちが、初めて狂言を見る方や外国の方にも分かりやすく、笑いあふれる、定番・人気プログラムを展開します。

開催日時: 2020年1月2日(木) ①14:00開演 ②16:00開演 / 3日(金) ③11:00開演 ④13:00開演 ※開場は開演時間の30分前 / 各公演時間 約60 分(予定)

※①③:【解説】野村萬斎 【小舞 若松】野村萬斎 【蝸牛】山伏:野村裕基 他
 ②④:【解説】野村萬斎 【小舞 土車】野村萬斎 【佐渡狐】佐渡の百姓:野村太一郎 他

会場: ホールB5
価格: 4,000円(税込) ※全席指定 / 未就学児入場不可
出演者: 野村 萬斎、野村 裕基、野村 太一郎 他


<正月テーマパーク>

オリジナル干支枡オリジナル干支枡

正月テーマパークでは、「初夢」をコンセプトにお正月らしい日本文化体験やステージ・プログラムを数多くご用意。毎年恒例となっている“オリジナル干支枡”での「ふるまい酒」の無料配布も実施予定です。また、会場入口には、ばら作家 國枝啓司さんが今上天皇陛下、皇后陛下のご成婚の際に献上したバラ「プリンセスマサコ」の展示も予定。さまざまな形で令和初のお正月を盛り上げます。

 

日時: 2020年1月2日(木)、3日(金) 11:00~18:00
会場: ホールE
料金: 入場無料(縁日広場・日本文化体験コンテンツは有料)

●日本文化体験
寄木細工・江戸木版画(浮世絵)・組子・絽刺し・手描き友禅・水引・注染(てぬぐい)など日本の伝統的な技・美と匠の世界を体感頂ける工芸のワークショップ・実演・展示販売や茶道・和菓子作り・香・鼓・甲冑など多彩な日本文化を気軽に体験できるプログラムが盛り沢山。今回初出展の有職組紐 道明による本格的な組紐体験・実演の他、着物の着付け体験、つまみ細工や扇子への筆書体験などの雅な日本文化体験ブースが勢揃い。書道(書初め・揮毫)体験は今回も無料でお楽しみ頂けます。例年ご好評を頂いている角打ち、縁日、駄菓子販売、けん玉のワークショップ等も実施いたします。

「組紐体験・実演」イメージ「組紐体験・実演」イメージ

「和菓子作り体験」イメージ「和菓子作り体験」イメージ

「つまみ細工」イメージ「つまみ細工」イメージ

「茶道体験」イメージ「茶道体験」イメージ


●ステージパフォーマンス
今年も無料でお楽しみいただけるステージ演目が盛りだくさん。毎年登壇いただいている鈴木福さんが今年も登場。お正月満載のホールE内特設ステージにて司会進行を務めていただきます。今年新たに、ジブリソングでお馴染みの井上あずみさんによるステージ、デジタルパーカッショニストMASAKingさんと尺八演奏家 川村葵山さん、そして鈴木福さんによる電子音楽と日本音楽のコラボステージ、若手民謡歌手 剣持雄介さんによる民謡ステージ、津軽三味線の兄弟ユニット「吉田兄弟」の吉田良ー郎さん率いる新・純邦楽ユニットWASABIによるパワフルな演奏などを実施します。また昨年に引き続き民謡歌手の朝倉さやさん、和太鼓グループ彩-sai-の出演も決定。その他、海外でも人気の「KENDAMA」パフォーマンスや、花市場のプロたちによる「令和初のお正月花競り」などバラエティー豊かなプログラムをお楽しみいただけます。

鈴木 福鈴木 福

 

WASABIWASABI

和太鼓グループ彩-sai-和太鼓グループ彩-sai-

朝倉 さや朝倉 さや


●毎年好評プログラム
毎年すぐに売り切れてしまう正月テーマパーク限定メニュー「日本各地のご当地雑煮」が今年も登場。京都や北海道のお雑煮など普段なかなか味わえない商品を販売します。また、縁日やちびっこ相撲、無料で体験できるお正月遊びや餅つきパフォーマンスとふるまい餅など、お子様も一緒にお楽しみいただける体験も多数ご用意。その他、墨絵師による書道パフォーマンスや角打ちコーナー等、人気コンテンツも再登場します。

昨年度の「日本各地のご当地お雑煮」昨年度の「日本各地のご当地お雑煮」

昨年度の「縁日」コーナーの様子昨年度の「縁日」コーナーの様子

「お正月遊び」コーナーの様子「お正月遊び」コーナーの様子



<ロビーギャラリー>

「蹴鞠(けまり)」「蹴鞠(けまり)」

「打毬(だきゅう)」「打毬(だきゅう)」

『平安宮廷スポーツスタジアム』
TOKYO2020大会の開催年となる2020年の新春を、日本古来の「スポーツ」で彩ります。古くから平安貴族の間で楽しまれた「蹴鞠(けまり)」、馬に乗りながら弓で的を射る「騎射(うまゆみ)」、現代のポロに通じる「打毬(だきゅう)」、そして現代の相撲のルーツである宮廷行事「相撲節会(すまいのせちえ)」を、それぞれの情景を忠実に再現した1/4スケールのジオラマや等身大の衣装、競技用の道具などの展示を通じて紹介します。

『令和の初春「梅花の宴」』
新元号「令和」の典拠となった、『万葉集』巻五の「梅花の歌 三十二首の序」に記されている、大宰師・大伴旅人の邸宅で催された「梅花の宴」の情景が華やかな1/1スケールのジオラマで登場します。奈良時代の装束に身をつつんだ等身大の人形や宴の料理などで構成された華やかな宴席の再現で、新時代・令和の初春を寿ぎます。

日時: 2020年1月2日(木) ~ 1月15日(水) 10:00~20:00 ※最終日は17:00まで
会場: ガラス棟地下1階 ロビーギャラリー
料金: 入場無料


<同時開催> 1/2(木)~1/5(日)
『新春お城びより』
毎年、日本全国のお城に関する展示と講演会をJCFと併催しており、昨年度から伝統文化ワークショップの開催や、歴史関連グッズ販売等も実施。本年度はさらにパワーアップし、墨絵ライブや、家紋をあしらったグッズ作りワークショップなど、伝統文化を通じてそこに込められた歴史を体感していただけます。

●日本の歴史ブース (ホールE)
出展:戦国魂、ねこねこ日本史、江戸城天守を再建する会
戦国~江戸時代のアートグッズやワークショップ、トークショーや展示などを開催。アニメ『ねこねこ日本史』の特設ブースも登場!墨絵師「御歌頭」の大迫力墨絵ライブも。

墨絵師「御歌頭」パフォーマンス墨絵師「御歌頭」パフォーマンス


●新春お城びより・講演会 (ガラス棟会議室)
・「五輪と東京の歴史」 1/3(金)10:00~
東京は、1940年幻の五輪、1964年、2020年と、3回の五輪開催が企画された世界でも稀有な都市です。それぞれの五輪で東京の何が変わったのか等歴史を知るとともに、ゆかりの地、痕跡などについて歴史紀行作家の黒田涼さんにお話をしていただきます。

「五輪と東京の歴史」イメージ「五輪と東京の歴史」イメージ

・「♪万葉びとの旋律 レクチャー&コンサート♪」 1/4(土)14:00~

新元号「令和」の由来は、「梅花の宴」で、友と詠み合った梅花の歌三二首の序文「初春令月、気淑風和」を典拠としています。その『梅花の宴』から5曲を作曲し、久保順さんの龍笛、伊藤江里菜さんの筝の演奏と共に、和歌山大学国際観光学客員特別フェローの佐藤溯芳さんに解説していただきます。

「♪万葉びとの旋律 レクチャー&コンサート♪」イメージ「♪万葉びとの旋律 レクチャー&コンサート♪」イメージ

・「ビッグコミック『江戸城再建』単行本第1集発売記念トークイベント」 1/4(土)17:00~

小学館「ビッグコミック」にて連載中の「江戸城再建」漫画家 黒川清作さんと歴史紀行作家 黒田涼さんによる単行本第1集発売記念トークショーを開催。なぜ今江戸城天守再建なのか、江戸城の魅力とは…。ここでしか聞くことができないお話を両氏が語り尽くします。


***************
<「J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣」概要>
企画概要:
伝統芸能の分野で活躍する一流のアーティストによる公演プログラムと、日本文化を体験・発見、そして味わえるイベントを組み合わせ、日本文化に親しむきっかけをつくり、価値を新発見する機会を提供します。

開催日時: 2020年1月2日(木)、3日(金) 11:00~18:00
 ※ロビーギャラリーの展示は15日(水)10:00~17:00まで

会場: 東京国際フォーラム
 (ホールB7、ホールB5、ホールE、ロビーギャラリー、地上広場、ガラス棟1F東京駅側、太田道灌像横)

後援: 外務省、東京都(予定)、東京商工会議所、千代田区、公益財団法人 東京観光財団
主催: 株式会社東京国際フォーラム
企画制作: NHKエンタープライズ、シミズオクト、井筒企画

公式サイト: https://j-cf.jp (イベントの詳しい情報など、順次お知らせいたします)

お問い合わせ:
 株式会社東京国際フォーラム事業推進部TEL:03-5221-9043(平日10:00~17:00)
***************
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東京国際フォーラム >
  3. 日本文化を国内外に発信「J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣」2020年1月2日(木)・3日(金) 開催決定