株式会社リッコーは日テレ・東京ヴェルディベレーザを支援します【2020年オフィシャルパートナー契約更新】

株式会社リッコー(本社:東京都中央区京橋2-2-1京橋エドグラン24F、代表取締役:原嶋芳之)は、2020年も継続して女子サッカーチーム 「日テレ・東京ヴェルディベレーザ」(東京ヴェルディ株式会社:東京都稲城市矢野口4015-1、代表取締役社長:羽生英之)とオフィシャルパートナー契約を締結いたしました。2020年も引き続き日テレ・東京ヴェルディベレーザを支援していきます。

 

                 ~2019シーズン 国内外4冠達成~                 ~2019シーズン 国内外4冠達成~


株式会社リッコーは日テレ・東京ヴェルディベレーザとオフィシャルパートナー契約を継続することにより、選手が安心してサッカーに打ち込める環境づくりのサポートをしてまいります。
女性アスリートが抱える課題の一つとして、進学、就職のタイミングで競技から離れなくてはならない場合があるということがあります。また社会人となってからも家庭や育児と競技生活の両立など喫緊に解決しなくてはならない課題が多々見受けられます。原因として、スポーツ環境の整備の遅れ、女子アスリートへの支援体制の遅れが挙げられます。

この度のオフィシャルパートナー契約の継続では、社会貢献活動の一環として、女性アスリートが競技に集中し継続して活躍できる環境づくりを推進していきます。
 

 


【リッコーからのコメント】
女性アスリートが活動する環境の整備は、まだ十分とはいえないと考えています。
本当にサッカーが好きという気持ちがあり、また継続して活動がしたいと思っても、様々な理由で諦めざるを得ない選手がいることも現実の問題としてとらえています。
その夢を諦めてほしくないという想いから、リッコーは持続可能な女性アスリート支援体制の構築を目指します。
そして、女子サッカーがより身近なものになり、普及・拡大していくサポートに携われたら幸いです。

 

 

■株式会社リッコーについて
「すべては、豊かな健康のために」の理念のもとに、独自技術の「Wave technology」で皆様の健康をサポートし、皆様が「Well-being(元気で幸せ)」な状態を維持し達成するプロセスが大切であると考え、「Well-being Lifeをsupportすること」が、当社の社会貢献活動と考えます。そのため国内に自社工場を有し、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)の規定による「医療機器製造業許可」「第二種医療機器製造販売業許可」「医療機器修理業許可」を取得しております。また、国際標準化機構(ISO)が定める品質マネジメントシステムISO9001及び医療機器のISO13485認証を取得しています。

本 社:東京都中央区京橋2-2-1京橋エドグラン24F
代表者:原嶋 芳之
設 立:平成4年5月
URL :https://i-riccoh.com/

■日テレ・東京ヴェルディベレーザについて
日テレ・東京ヴェルディベレーザは、東京ヴェルディの女子チームとして1981年に発足しました。
設立当初から日本の女子サッカー界を牽引する存在で、多くのタイトルを獲得してきました。日本女子代表にも数多くの選手を送り出しています。
中高生年代の日テレ・東京ヴェルディメニーナ、中学生年代の日テレ・東京ヴェルディセリアスという育成組織を持ち、一貫した育成システムで世界に通じる選手の育成を続けています。
昨季は2年連続の国内3冠を達成したほか、AFC女子クラブ選手権2019を制し、初のアジアクラブ女王の栄冠も手にしました。タイトルを目指すことはもちろん、観ている方々に楽しさと感動を与えるサッカーをお見せすることを目標に戦います。

本 社:東京都稲城市矢野口4015-1
代表者:羽生 英之
URL:https://www.verdy.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リッコー >
  3. 株式会社リッコーは日テレ・東京ヴェルディベレーザを支援します【2020年オフィシャルパートナー契約更新】