接触確認アプリのソースコード公開

一般社団法人コード・フォー・ジャパン(以下「Code for Japan」)と有志のエンジニアらによる開発を取りまとめてまいりました接触確認アプリ(呼称「まもりあいJapan」)のソースコードを、5月18日にオープンライセンスで公開させていただいたことをお知らせします。
新型コロナウイルス陽性判定者との濃厚接触ほか各種関連情報を迅速に通知するスマートフォンアプリ(以下「接触確認アプリ」)を、厚生労働省が主体となり開発する決定を受け、2020年3月からCode for Japan がとりまとめ、有志によって開発してきた接触確認アプリ「まもりあいJapan」のソースコードを、オープンライセンスにて公開させていただきました。

弊団体がこれまで各専門家や関係各機関からのヒアリングを重ねながら培ってまいりました知見を活かしていただくことを目的としております。

■ソースコードには、下記URLからアクセスが可能です。
・公開URL:https://github.com/mamori-i-japan

■これまでの経緯については、5月13日にCode for Japanが主催した「接触確認アプリ勉強会」でも公開しております。
・閲覧URL:https://www.youtube.com/watch?v=Mj1AH1SPW7c

今後は、主に技術者の方々の理解を深める目的で、ソースコードについての解説を行う勉強会を開催させていただく予定です。プライバシーを守る実装について、わかりやすく解説させていただきます。

■勉強会名:まもりあいJapan ソースコード勉強会
開催日時や詳細は「まもりあいnote」に掲載予定です。
・まもりあいnote : https://note.com/hal_sk/m/m53cefeea1340

今後も、関係各機関を尊重の上、状況を鑑みながら適時適切な形で、Code for Japan接触確認アプリ「まもりあいJapan」 チームで培ってきたITエンジニアング・UIUX・ブランディング・セキュリティなどの知見をオープンに提供し、多くの方々の意見を取りまとめていくことにより、各種提言等につなげていく予定です。最新情報は Code for Japanウェブサイトをご確認ください。

 

Code for Japan ウェブサイト
https://www.code4japan.org/

一般社団法人コード・フォー・ジャパン
代表理事 関治之
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 コード・フォー・ジャパン >
  3. 接触確認アプリのソースコード公開