クラウド型CMMS「Qosmos」設備のメンテナンス履歴データを蓄積・分析する機能を追加

~工場の設備保全においてPoC(概念実証)を開始~

クラウド型CMMS「Qosmos(コスモス)」を提供するBPM株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:桐原 康輔)は、メンテナンス・点検結果を設備ごとにデータ取得し、ダッシュボートで一覧管理できる機能のPoC(概念実証)を開始致しましたのでお知らせいたします。
  • Qosmos(コスモス)とは?

Qosmosは建物のメンテナンス業務や設備保全業務に特化した業務管理クラウドサービスです。

メンテナンス・保全業務は、住宅・店舗、ビルや工場など、様々な業界において必要不可欠とされていますが、現場の実作業は紙帳票やEXCELを用いた管理が主流となっています。
「やさしいDX」をコンセプトに、DXの第一歩である"現場情報のデータ化"を支援していくツールとして2020年4月にリリースしました。リフォーム工事から設備点検作業まで、建物・設備管理に関する幅広い業務シーンにてご活用いただいております。
https://lp.qosmos.biz/?utm_source=prtimes&utm_medium=referral&utm_campaign=20210707
 
  • 今回の機能追加について
管理したい設備情報を事前に登録しておくことで、報告時に点検やメンテナンスの対象設備を選択できるようになりました。この機能によって、点検・メンテナンスに関する報告履歴が設備毎に蓄積されるようになります。また、集めたデータはダッシュボードで確認することができ、点検結果の異常値やメンテナンス状況を可視化する事ができます。

 

  • 今後について
設備ごとの点検結果や修繕履歴などの蓄積データを活用し、予防保全・予測保全の実現を目指した開発をおこなっていく予定です。
現在ご利用頂いている企業の利便性向上はもちろん、メンテナンス・保全業務に携わるより多くの企業のDXを支援してまいります。
  • サービス導入に関するお問い合わせ
BPM株式会社 マーケティング&セールス事業部
お電話:03-6265-7233
フォームからのお問い合わせ:https://lp.qosmos.biz/?utm_source=prtimes&utm_medium=referral&utm_campaign=20210707

住宅管理、ビルメンテナンス、特定設備点検、製造工場など、幅広い業界でご活用いただいており、正式リリースから約1年ながら、各業界紙にも多数掲載されています。
デモ実演、トライアル利用ならびにアライアンス(販売パートナー等)のご相談も可能です。
 
  • BPM株式会社について
 Branch Point(分岐点)のマネジメントを標榜して2011年に創業。以来、建物メンテナンスの施工管理やリフォーム工事、不動産管理会社向けのコンサルティングなどを行っている。これらの業務で培った知見を活かし、建設業・不動産業向けのシステム開発を2017年に開始。2020年に建物メンテナンス業務管理SaaS「Qosmos」のサービスを開始して、不動産管理会社や建物・設備メンテナンスを取り扱う事業者向けにサービスを提供している。
【企業サイトURL】 https://bpm-gr.co.jp/?utm_source=prtimes&utm_medium=referral&utm_campaign=20210707

■会社概要
BPM株式会社
所在地:東京都渋谷区本町二丁目27番1号 一二三薬局ビル2階
代表者:代表取締役社長 桐原 康輔
設立日:2011年4月1日
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BPM株式会社 >
  3. クラウド型CMMS「Qosmos」設備のメンテナンス履歴データを蓄積・分析する機能を追加